ニュース
» 2004年04月22日 18時52分 UPDATE

ボーダフォンが開発進めるデザインコンセプトモデル

2〜3年後の近未来の技術が端末デザインに与えるインパクトを考慮した、「サービスに合った新しい形態」とはどんなものなのか。ボーダフォンが明かしたコンセプトモデルを概観する。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンが4月22日に明かした、開発中のコンセプトモデルを紹介する。「いくつかのアイデアは端末メーカーと検討を始めている。早い時期に製品化したい」としており、製品投入が期待される(4月22日の記事参照)。

ksvoda1.jpg
 デジカメと携帯の使用感を損なわないよう、メイン液晶が反転して大型ビューワとして利用できる「Digi・K」。肉厚なヒンジに光学ズーム付きCCDカメラを搭載し、大容量バッテリーの取り付けも想定している。「検討を始めたときはVGAクラスのカメラだった」というように、早くから検討が続けられてきた。多くのメーカーが既にこの形状を実現している(3月20日の記事参照


ksvoda2.jpg
 ゲーム機のコントローラをイメージした「Game」。外側に十字キーと[A][B]ボタンが配され、テンキーはスライドすると現れる。「ゲームやテレビなど横長のコンテンツを楽しむというコンセプト」(5月10日の記事参照


ksvoda3.jpg
 横向きにも縦向きにも開くヒンジを使ったデュアル構造。テレビやゲームなど横長コンテンツに向くだけでなく、PDA的な作業もこなす「Flex」(2月25日の記事参照
ksvoda4.jpg
 「革という素材を使い、財布のイメージ。革を交換してその日に合わせたコーディネートが可能」だという、「Wallet」


ksvoda5.jpg
 「表層のレベルでインパクトが出せないか」とトライされたモデル「Apple」。スライド型でダイヤルボタン収納時はかなりコンパクト感が出る


ksvoda6.jpg
 Appleと同様のコンセプトで男性向けの「tile」。閉じた状態がタイル状なところからのネーミング


ksvoda7.jpg
 折りたたみ型の、デュアル液晶モデル。背面液晶も備えるが、メイン液晶が2つ用意されている。「メインに近い液晶を、折りたたむことで搭載。地上デジタルテレビ放送など情報の伝達手段が増える中、テレビを見ながらWeb閲覧などのニーズも増えるのではないか」。ネーミングは「tRi.」(トリ)



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.