ニュース
» 2004年10月28日 16時20分 UPDATE

サークルK、サンクスで「おサイフケータイ」利用可能に

サークルKとサンクスでiモードFeliCaサービスの「Edy」が利用可能に。2005年4月からは、全国の店舗でEdyの利用が可能になる。

[斎藤健二,ITmedia]

 サークルKサンクスとNTTドコモは10月28日、ドコモのiモードFeliCa端末「おサイフケータイ」を、全国のサークルKやサンクスで利用できるよう検討に入ったと発表した。電子マネーEdyを使って、買い物ができるほか、買い物時や電子マネーチャージ時にポイントが貯まる仕組みも盛り込んでいく。

 併せて、現在北海道と東海4県(愛知・三重・岐阜・静岡)で展開している、電子マネーEdyを搭載した会員カードサービス「KARUWAZA CLUB」を、2005年4月を目処に全店舗(6255店舗)に拡大する。現会員数は2万3000人だが、全国展開によって年間20万を目指す計画だ。

 Edyを全国展開していくに当たり、FeliCaのリーダーライターの設置費用を含めたインフラ整備についても、ドコモのFeliCaサービス導入用資金の利用も含めて検討していく。

 電子マネー対応については、am/pmがEdyを全店舗で採用したほか、ファミリーマートはJR東日本のSuicaを導入するなど、コンビニエンスストアチェーンを中心に全国的な導入が始まっている。サークルKサンクスは「まずはEdyに注力している段階」だとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.