ニュース
» 2004年11月10日 17時23分 UPDATE

超流通を実現する「Vodafone live!BB」登場

暗号化されたコンテンツと、コンテンツ鍵を別々にハンドリング。PCでコンテンツをダウンロードし、携帯に転送することになる。

[杉浦正武,ITmedia]

 ボーダフォンが、2004年冬商戦向け7機種で対応する各種サービスを発表した(11月10日の記事参照)。その中の1つとして、携帯とPCのプラットフォームを融合させ、超流通の仕組みを実現する「Vodafone live!BB」を開始する。

 暗号化されたコンテンツと、その暗号を解く「コンテンツ・キー」を組み合わせた配信方式を採用。ユーザーはまず、ボーダフォンが運営する専用PCサイトで暗号化されたコンテンツをダウンロードする。その後、メモリカードやUSBケーブル、Bluetoothなどを利用してコンテンツを携帯に転送。改めて携帯からボーダフォンのライセンスサーバにアクセスし、コンテンツ・キーを購入するという流れになる。12月中旬以降から開始予定。

Photo Vodafone live!BBのサービスイメージ

 暗号化コンテンツだけなら、自分でダウンロードしたものをメール添付して他人に渡すことも自由。受信ユーザーは別途、コンテンツ・キーを購入して内容を視聴することになる。同方式を採用することで、P2Pネットワークなども配信経路に利用できる可能性がある(2003年11月19日の記事参照)

 視聴できるコンテンツは、たとえば数メガバイトから数十メガバイトの動画などが考えられるという。当初はショウタイム、スターゲートネットワーク、ゼット、テレビ東京ブロードバンドファンダンゴの5社がコンテンツを提供する予定。PCプラットフォームでブロードバンド映像を提供する企業が名を連ねていることが分かる。

 そのほかのコンテンツの扱いも気になるが、「Vodafone live!BBは、エアーでダウンロードするには現実的ではないサイズのコンテンツを扱う」(ボーダフォン広報)。そもそもダウンロードが可能な着うたのようなコンテンツは想定外になっている。

 暗号化コンテンツとコンテンツ・キーを別々に扱う配信方式は、これまでもPCプラットフォームでいくつか採用例があったほか(関連記事その1その2その3)、ドコモがPSPのゲームにiモードのライセンスキーを組み合わせた課金サービスを提供することを発表している(10月27日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.