ニュース
» 2005年01月31日 16時27分 UPDATE

携帯を振って操作できる「V603SH」登場

傾きを感知する「モーションコントロールセンサー」を搭載。本体を上下左右に傾けることで、メニュー操作が行える。「V602SH」相当の機能に、テレビ・FMチューナーも備える。

[ITmedia]

 PDC(2G)のハイスペック端末が久々に登場した。ボーダフォンは2月中旬以降、PDC方式の新機種「V603SH」を発売すると発表した。携帯を振って操作できる点が特徴。地上アナログチューナーも内蔵する。(→写真はこちら

sh1.jpg 「ターゲットのメインは男性。クールでミニマムなイメージ」(森氏)
sh2.jpg

 今ある機能を入れられるだけ入れてみた──。そんな印象の端末だ。「602SHと402SHが合体して、なおかつプラスアルファが付いた」と、プロダクトマネジメント本部 ターミナルマネジメント部の森一幸部長は形容する。その上で、「(3Gのハイエンドの)902SHから一回り小さくなった」(同氏)。

 V602SHは光学2倍ズーム付き202万画素カメラを備えたハイエンド端末(5月11日の記事参照)。V402SHは、テレビとFMラジオのチューナーを内蔵した端末だ(8月3日の記事参照)

 V602SHとの違いは、3Gである「902SH」と同等の2.4インチディスプレイ「モバイルASV液晶」が使われていること。またカラオケの採点機能も搭載した。

 V402SHから引き継いだ地上アナログチューナーは、液晶を180度回転させて表にした状態でテレビ視聴が可能。EPGアプリがプリインストールされており、見たい番組の検索などが可能だ。

5軸ワンチップは世界初──モーションコントロールセンサー

 最大の特徴は、傾きや動きを検知する「モーションコントロールセンサー」を搭載(1月31日の記事参照)したことだ。本体を上下左右に傾けることでメニュー操作が行えたり、あらかじめ登録した動きパターンによって特定の機能を呼び出せたりする。

 同センサーを活用したVアプリとして、本体の傾き度合いで銃口の位置を変えられるガンシューティングゲームなども用意する。

sh3.jpg モーションコントロールセンサーを使ったアプリケーション。左は、本体の向いている方角を指すネイティブアプリ「簡易方位計」。中央は、携帯をゴルフクラブ代わりにスイングさせるゴルフゲーム「振るスイング!ゴルフ」(体験版がプリインストール)。右は3Dアクションシューティングゲーム「The House Of The Dead MOBILE」(体験版がプリインストール)。後ろを向くには、携帯を持ったままぐるりと後ろを向く
sh4.jpg 「振るスイング!ゴルフ」をプレイしているところ

 主なスペックは以下のとおり。

端末名 V603SH
サイズ 50×99×25ミリ
重さ 142グラム
連続通話時間 130分
連続待受時間 約450時間
カメラ 202万画素CCD
メインディスプレイ 約26万色 2.4インチASV液晶(QVGA)
着うた
ムービー変装
ケータイカラオケ
Vアプリ 256K Ver2対応
ボディカラー ブリーズィゴールド、ピュアシルバー、ヒーリングブルー
発売予定 2月中旬以降
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.