ニュース
» 2005年08月03日 00時18分 UPDATE

iモードユーザーの裾野を広げる──ドコモ「iチャネル」

ニュースや天気予報などの誰もが喜ぶ情報をプッシュ配信し、そこからiモード利用へ誘導する。利用者の裾野を広げることを狙った、エントリー向けサービスがiチャネルだ。

[斎藤健二,ITmedia]
ich1.jpg

 「今までiモードを使いこなせていない方。そんな方も本当はニュースや天気予報のチェックをやりたい──と悩んでいる」

 ドコモのプロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部長の夏野剛氏は、701iシリーズから対応した「iチャネル」の意義をこう説明した。4500万人のiモードユーザーのうち、約4割は有料コンテンツを利用していない。このiモードに不慣れなユーザーを、どうサービスに誘導していくか。そのための新しい道具がiチャネルだ。

 8月2日に発表した701iシリーズ3機種、「P701iD」「N701i」「D701i」が対応している。

 通常iモードの新サービスは、50x系や90x系のハイエンド端末から投入される。今回701iシリーズという、いわゆるエントリー層向け端末からサービスを開始するのは、iチャネルのターゲットが、まさにエントリー層であるからだ。

新幹線の中のニューステロップのような

 iチャネルの特徴は、その手軽さに尽きる。月額157.5円の申し込みさえしてしまえば、勝手にコンテンツが端末に配信され、待受画面の下側にテロップとして表示される。

 「朝から夜まで、2時間ごとにプッシュで勝手に流れてくる。ユーザーは何のアクションも起こさなくていい。新幹線の中のニューステロップと同様だ」と夏野氏。

ich2.jpg 左は待受画面にテロップが流れているところ。N701iとD701iでは背面液晶にもテロップが流れる

 配信された情報を能動的に見たいときは、端末に設けられた「ch」と書かれた[チャネル]ボタンを押す。すると、ジャンルごとにまとまった情報画面がFlashコンテンツとして表示される。ここから「ニュース」などの情報を選択すると、Webアクセスが始まり、より詳細なコンテンツを閲覧できる。

 「サービスへの加入が必要だと障壁になる」(夏野氏)ことから、一週間の無料お試し期間も設ける。有料になっても、プッシュ配信に関してはパケット代もかからない。

ich3.jpg 対応端末に設けられた[チャネル]ボタンを押すと左のようなFlashの画面が表示される。詳細をたどっていくとWebアクセスが始まる仕掛けだ

 ユーザーがコンテンツを選択する必要さえない。読売新聞の提供による「ニュース」「スポーツ芸能」「占い」と、日本気象協会による「天気予報」、そしてドコモが提供する「お勧めiモードサイト」の5つがプリセットされており、このジャンルの情報が自動的に配信される。

 こうした敷居を下げる仕組みにより、「iモードを利用してもらえる可能性が広がる」(夏野氏)ことを狙う。

ich4.jpg プリセットされる5つのチャネル。なお、コンテンツプロバイダは通常のiモードコンテンツ同様に、有料のiチャネルコンテンツを配信できる。ただし、配信予定のコンテンツプロバイダ数などは明かされなかった

Flash Castで、コンテンツプッシュ配信

 配信の仕組みには、マクロメディアの「Flash Cast」を使う(2004年11月5日の記事参照)。仕様も公開していく予定で、iモードの勝手サイト同様、自由にiチャネルを開設できる仕組みになっている。

 プリセットされている5チャネルに加え、利用ユーザーが追加できるのが5チャネルまで。合計10チャネルを登録できるようになる予定だ。

 ニュースなど、コンテンツプッシュの配信間隔は2時間おき。ただしコンテンツの更新頻度はそれぞれ異なり、例えば天気予報は1日に3回程度となっている。

 料金もシンプルにまとめた。まずiチャネルの基本料金が月額157.5円。プッシュ配信についてはパケット代もかからない。また、プリセットされる5チャネルについては情報料もかからない。

 ユーザーが追加するコンテンツについては、iモード公式コンテンツ同様、別途情報料がかかる場合があるという。

「902iシリーズ」以降、標準搭載へ

 エントリー向けの意味合いが強いサービスだけに、まずは701iシリーズからの登載となったが、「次の902iシリーズ(5月10日の記事参照)からは、iチャネルを搭載していく」と夏野氏。

 プッシュ型のコンテンツサービスは、ボーダフォンが「ステーション」の名称で提供中だが、3G携帯電話では提供しなかった(2003年12月8日の記事参照)。KDDIは「EZチャンネル」の名称で、動画やマンガなどリッチコンテンツの配信を行っているが、まだ成功したとは言い難い状況だ。

 夏野氏は「まずテロップできっかけを作り、さらにFlashに誘導。これが今現在では使いやすいと思っている」と、まずはリッチコンテンツの配信は想定外だとした。

 iモードユーザーの裾野を広げることを目的に、プッシュ配信のメリットのうち手軽さにフォーカスしたiチャネル。サービス自体の新味はそれほどないが、エントリーユーザーが利便性を感じるものであることは確かだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.