ニュース
» 2005年10月19日 15時30分 UPDATE

薄型スライドボディに2.8インチの大画面、ATOKを搭載──「D902i」

三菱電機製の「D902i」は、2.8インチの大画面液晶を備えた薄型スライド携帯。日本語入力はムーバ以来のATOKが復活。ボディカラーは4色から選べる。

[後藤祥子,ITmedia]

 iモード端末として初めて、解像度240×400ピクセルの2.8インチ液晶を搭載したのが三菱電機製の「D902i」。ボディ形状はスライド型が採用され、薄さは前モデルの「D901iS」(5月17日の記事参照)より4.5ミリ薄い19.5ミリとなった。ボディカラーはプレミアムイエロー、ラスターホワイト、クールブラック、ルミナスピンクの4色が用意される。

 →詳細記事

ksd1.jpg


sa_dd.jpg


機種 D902i D901iS
サイズ(ミリ) 49×108.5×19.5ミリ 50×106×24ミリ
重さ(グラム) 116グラム 128グラム

 大画面を活かした機能も装備。画面を上下に2分割して電話帳やカレンダーを見ながらのメール検索に対応し、動画の全画面再生も行える。

 日本語入力システムは、同社製のムーバ端末に搭載されていたATOKが復活。「APOT」(AI推測変換)も装備され、ムーバ時代の“D”と同じ感覚で日本語入力を行えるようになった。

 AACエンコードの音楽ファイルを再生できる音楽機能も強化され、リピートやシャッフル、選択した曲のみの再生などにも対応。メールやiモードを利用しながら音楽を楽しむことも可能だ。また新たにミュージックプレイヤー専用メニューを用意され、音楽機能にアクセスしやすくなっている。

 押すと端末がスライドして開く「ワンプッシュオープンボタン」や、メール返信・通話応答などの機能をスライドオープン動作と連携させた「スライド連動機能」、よく使う機能のみを大きな文字で表示する「シンプルメニュー」も前モデルに引き続き搭載。アウトカメラはオートフォーカス機構を備えた200万画素スーパーCCDハニカム(記録画素数400万画素)で、レンズカバーの開閉がカメラのオン/オフと連携している。プリセットアプリは「コラムスジュエル」。

機種名 D902i
サイズ(幅×高さ×厚み) 49×108.5×19.5ミリ
重さ 116グラム
連続通話時間 約165分(テレビ電話:約90分)
連続待受時間 約550時間(静止時)、約380時間(移動時)
アウトカメラ AF対応の200万画素スーパーCCDハニカム(記録画素数400万画素)
インカメラ 32万画素CMOS
外部メモリ miniSD(メーカー保証は128Mバイト)
メインディスプレイ 2.8インチ約26万2114色TFT液晶(240×400ピクセル)
サブディスプレイ -
ボディカラー プレミアムイエロー、ラスターホワイト、クールブラック、ルミナスピンク

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.