ニュース
» 2006年02月28日 14時22分 UPDATE

ボーダフォン、VGA液晶搭載「904SH」発表 (1/2)

904SHは、VGA液晶だけでなく、GPS機能やFeliCa、6軸のモーションコントロールセンサー、顔認証機能、ソフトウェア更新機能、Bluetoothを使った新サービスにも対応。3Gのフラグシップモデルとなる。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンは2月28日、VGA液晶を搭載した3G携帯電話「Vodafone 904SH」を4月下旬以降発売すると発表した。VGA液晶は(480×640ピクセル)の解像度を持ち、画素数は従来のQVGA液晶の4倍。携帯電話への搭載は、世界初となる。

 写真や地図などがより高精細に表示できるほか、同じ大きさの文字であればより滑らかで美しく表示できる。またより多くの情報量を1画面に表示することも可能だ。

904sh_a.jpg 左からバイオレット、ブラック、ブルー
904sh_b.jpg 背面にはモノクロサブディスプレイを備える。回転2軸ヒンジを搭載
904sh2.jpg ボーダフォン資料より。QVGA画面の4倍の情報量を持つ

 またBluetooth機能を利用して、半径約10メートル内にいる友人や知人と通信料不要でチャットやネットワーク対戦ゲームを楽しめるコミュニケーションサービス「ちかチャット」に対応する。

 GPS機能も搭載しており、高精細な液晶表示を生かして地図を表示できる(2月27日の記事参照)。ナビゲーションソフトとして「Vodafone live! NAVI」を搭載する。併せて従来の5軸(2005年1月31日の記事参照)から6軸へと改良した「モーションコントロールセンサー」を搭載。ナビ機能と連動して、地図のヘディングアップ表示が可能になっている。

 電子コミック機能も強化した。描画速度を向上させ、次回分を検索できる「継続購読機能」や、電子コミックを管理する「ファイル管理機能」も盛り込んだ「コミックサーフィン for ボーダフォン」をプリインストールしている。

 「おサイフケータイ」にも対応しているほか、携帯のカメラを使った顔認証機能も、ボーダフォン端末で初めて搭載。またボーダフォンの新サービス「Vodafone Address Book」「Vodafone live! CAST」「デルモジ表示」などにも対応している。

 またドコモやKDDI同様、無線通信を利用して携帯のソフトウェアを書き換える「ソフトウェア更新機能」に、ボーダフォン端末として初めて対応する。

新機能対応プリインストールソフトも続々

 Bluetoothや新型モーションコントロールセンサー、電子コミックなどに対応した各種ソフト、コンテンツをプリインストールしている。

コンテンツ、サービス名 カテゴリー 関連機能
ちかチャット チャット Bluetooth
アルカノイド−LINK−(体験版) ゲーム Bluetooth
VSリバーシ(体験版) ゲーム Bluetooth
ピポサルアカデミ〜ア(体験版) ゲーム Bluetooth
メテオスモバイル(体験版) ゲーム Bluetooth
バス釣りにいこう(体験版) ゲーム モーションコントロールセンサー
ふるおと(体験版) ゲーム モーションコントロールセンサー
星座をさがそ(体験版) ゲーム モーションコントロールセンサー
亜鉛の匣船(体験版) ゲーム Rich Sound/Novels
稲川淳二の怪異談(体験版) ゲーム Rich Sound/Novels
電子マネー「Edy」 FeliCa
ゼンリンいつもナビ(15日間情報料無料) GPS
コミックサーフィン for ボーダフォン 電子コミック
ケータイカラオケ V-kara カラオケ

カメラなどのスペックは「903SH」を踏襲

 カメラなどのスペックは前機種「903SH」を踏襲した。光学2倍ズームを備えた320万画素CCDを搭載し、2048×1536ピクセルの撮影が可能だ。

 通信方式はW-CDMAおよび3バンド対応のGSM。外部メモリカードとしてminiSDに対応し、赤外線通信機能も備えている。着信メロディは128和音、日本語入力システムは「ケータイShoin4」。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.