深夜のうちに“雑誌”を携帯に配信――「Vodafone live!CAST」

» 2006年01月18日 21時13分 公開
[吉岡綾乃,ITmedia]

 ボーダフォンは1月18日、3G向け新サービス「Vodafone live! CAST」を発表した。パケット通信網を利用して、最大1Mバイトの対応コンテンツを夜間に配信するもの。月額利用料315円で利用でき、パケット通信料も利用料に含まれる。

 対応機種は「904T」(1月18日の記事参照)と、「804N」(1月18日の記事参照)。3月中旬からサービスを開始する予定。

携帯ライトユーザーに対し、“雑誌”的コンテンツを配信

 コンテンツは午前2時から午前7時までのトラフィックが少ない時間帯に自動配信される。新着コンテンツが配信されると、待受画面にアイコンで表示され、クリックするとコンテンツが読めるようになる。

Vodafone 904Tの例。メニュー画面の「エンタテイメント」から「キャスト」を選ぶと、Vodafone live!CASTの設定画面やバックナンバーなどのメニューに進める

 同様のプッシュ型コンテンツ配信サービスとしては、KDDIが提供している「EZチャンネル」(2003年10月22日の記事参照)があるが、EZチャンネルがテレビ番組的なコンテンツ中心なのに対して、Vodafone live!CASTでは画像とテキストを中心とする雑誌的なコンテンツが配信される見込み。

 具体的にどのようなコンテンツが用意されるかはまだ明かされていないが、まずは音などが出るものではなく「読み物」からスタートするという。「これまでWebなどを利用していなかった人に、コンテンツを使ってもらうハードルを下げるサービスとして提供したい。パケット通信料を利用料に含めているのも、その狙いがある」(説明員)としており、携帯コンテンツをあまり利用していない、20〜30代ユーザーをターゲットにする。

 コンテンツの制作は、ボーダフォン公式サイトでの広告事業代行を行っている、ジャパン・モバイル・コミュニケーションズ(J-モバイル)が行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年