ニュース
» 2006年07月13日 16時02分 UPDATE

「W-ZERO3[es]」の“ここ”が知りたい(4):キーロックは待ち受け時以外でも機能するか──「W-ZERO3[es]」

フルキーボードを出さない状態では、ストレート型端末として使える「W-ZERO3[es]」。待受時以外でもキーロックをオンにできるか。

[坪山博貴,ITmedia]

質問:キーロックは待ち受け時以外でも機能するか

 キーロックは待受画面以外でも利用可能。キーロックをかけるとフルキーボード側にもロックがかかって利用できなくなる。スライド式なのでロックのオン/オフともに操作は容易で確実だ。ロックスイッチは少々硬めだが、カバンの中などでほかのものと接触して勝手にオン/オフすることはなさそうだ。

 なおキーロック中でも音声通話の着信時に発話ボタンを押せば通話を開始でき、また電源オンの操作は行える。電源をオンにできるのは、W-ZERO3[es]の場合、一定時間操作しないとサスペンド状態になる設定が用意されているためと思われる(着信は可能)。急いで画面を確認したいときの利便性を考慮したのだろう。

質問:ヘッドフォンの最大音量は上がったか

 W-ZERO3では最大音量にしても音があまり大きくなかったが、W-ZERO3[es]では改良されたのだろうか。

 miniSDカードに保存した同じMP3ファイルを再生して比べたところ、W-ZERO3より明らかにW-ZERO3[es]の方が音量は大きくなっていた。付属のヘッドフォンのほかに、オーディオテクニカ製ヘッドフォン「ATH-F5E」や、ソニー製ヘッドフォン「MDR-CD770」で試してみたところ、W-ZERO3と比較にならないほど大音量で再生できた。これなら音楽プレーヤーとしても便利に使えそうだ。

質問:通話とメールで着信音の設定を変更できるか

 W-ZERO3[es]は、着信音の設定を細かく設定できるようになった。音声着信時の設定は、登録したアドレス帳単位で行える。メールはライトメールとEメール(ウィルコムEメール含む)にそれぞれ着信音を設定できる。なおアドレス帳にグループ設定がないことから、グループ単位の着信音設定には対応していない。

Photo 着信音はアドレス帳の概要画面からメニューを呼び出して設定できる。通常の編集画面内には設定項目がない点には注意したい。着信音は、本体メモリに保存すればMP3、WMAなど内蔵のWindows Media Playerで再生可能な音楽ファイルも自由に設定できる

質問:ダイヤルキーとフルキーボードにバックライトは付いているのか

 暗い場所で使うときにあると便利なのが、キー部分のバックライト。W-ZERO3[es]のデュアルキーボードには、それぞれバックライトが搭載されているのかを問う質問が寄せられた。

 W-ZERO3同様、キーボードにはバックライトが付いている。ダイヤルキー部分、フルキーボード部分共に、ほぼ全キーをバックライトがカバーしている。W-ZERO3よりも明るく認識しやすい印象だ。

Photo 左がW-ZERO3、右がW-ZERO3[es]のホワイト。W-ZERO3[es]のブラックの実機では確認していないが、ホワイトのバックライトはW-ZERO3よりも明るい
※今回の検証は、発表会で展示されたデモ機で行っており、製品版では仕様が変わる可能性があることをご了承いただきたい。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.