ニュース
» 2006年10月30日 08時17分 UPDATE

ソフトバンク、申し込み殺到で番号ポータビリティ手続きを停止

番号ポータビリティ開始後最初の週末となった10月28日と29日、ソフトバンクへの転入及び転出申し込みが殺到し、MNPの受付業務を停止した。30日は通常通り受け付けを行う。

[ITmedia]

 番号ポータビリティ(MNP)制度の運用が始まって最初の週末を迎えた10月28日、ソフトバンクにMNPでの転入及び転出の申し込みが殺到し、MNP手続きの受付を停止した。翌29日に業務を再開したものの状況は変わらず、12時10分に再度受付業務を全国で停止し、店舗の営業時間終了まで受付は再開されなかった。

 この間、新規受付やPDCから3Gへの契約変更については問題なく行えたが、MNP手続きのみが滞っている。場合によっては申し込んだものの当日中に手続きできなかったケースもあったようだ。

 携帯電話キャリア各社は、MNP事前予約キャンペーンなどを実施してユーザーの移動傾向などを予測し、手続きがスムーズに行えるよう対策を取ってきたが、ソフトバンクはMNP開始前後に料金体系の変更や「0円」を全面に掲げた各種価格改定を行ったため(10月27日の記事参照)、十分な対策ができなかった模様。

 ソフトバンクモバイルでは「現在全力を挙げて対応中であり、受付できる体制が整い次第、各事業者と協議のうえ、受付を再開する」としていたが、その後システム対応を完了し、10月30日は通常通りの業務を再開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.