ニュース
» 2006年11月15日 20時00分 UPDATE

ウィルコムが“予想外”だったこと

ウィルコムの事業戦略説明会が喜久川政樹氏ら新経営陣により行われ、音声・データの定額料金プランをメインにする事業プランや、W-OAM戦略が説明された。10月に開始した番号ポータビリティはどう影響したのだろうか。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは11月15日、都内で事業説明会を開催した。10月26日付けで新社長に就任した喜久川政樹氏(10月26日の記事参照)、営業統括責任者の土橋匡執行役員副社長、技術統括責任者の近義起執行役員副社長ら新経営陣が、今後の戦略方針や抱負を述べた。

MNP導入の影響は?

photo ウィルコム 代表取締役社長 喜久川政樹氏。手にするのは発売間近の「9(nine)」

 最初に登壇した喜久川氏は、現在の経営状況と、今後の事業展開を行うための「4本柱」を説明した。同社PHSサービスへの加入者数は2005年度下期から約37万件の純増となり、2006年度上期は426万件となった(11月8日の記事参照)

 「加入者の増加に伴い、収益は堅調に推移している。営業収益は約1230億円で前年同期比は127%、これに伴う営業費用の伸びは117%に抑えられており、健全な形で成長している。また、営業利益・経常利益ともいまだ赤字だが、営業利益で約84億円、経常利益で約100億円、EBITDA(営業利益+減価償却費等)で58億円を改善し、着実に黒字へ向かっている」(喜久川氏)

 純増数の増加に寄与し、好調な収益を支えるのが同社のデータ通信・音声通話定額サービスだ。ただし、定額制であるがゆえにARPUの低下という副作用も起こっている。「定額制の導入で一時的にARPUが大きく下がった。ただ、2004年下期の4330円から2005年上期に4140円と190円だった下げ幅が、2005年下期には4080円で60円差、2006年上期に4040円で40円差と少なく落ち着いてきている。品質やサービスでユーザーに迷惑をかけず、4000円程度のARPUで収益を改善していることは決し悪い材料とは思っていない」(喜久川氏)

photo 加入者の増加に伴い収益は堅調に推移

 携帯キャリアと比べると2000円低いARPUでありながら、単月黒字を達成した月もあるという。現在は半期決算で赤字だが、通期での黒字決算も現実的と見ている。

 また、今後の事業展開で喜久川氏が挙げるのが、「料金サービス」「プロダクト」「サービスエリア」「マーケティング」の4本柱。一定の成果を上げている定額制をより推進していくほか、W-SIM端末のラインアップ増強や、マイクロセルを生かした厚みのあるサービスエリアの拡大を行い、口コミによるバイラルマーケティングで攻勢を強めていく方針だ。

photo ARPUの減少は落ち着いてきている

 番号ポータビリティによる影響についての質問には、「10月末の加入者数に約10%(減少)ほど影響がでている。MNP開始に合わせてさまざまな発表がなされたことは、ある意味で市場が混乱し、よくいえば活性化したといえる。なお、この影響は11月に入って落ち着き、回復している。もともとMNPの対象外であるため、中長期に見て、どういった影響があるのか判断したい」(喜久川氏)と答えた。

“注釈”が少ないウィルコムの定額プラン

photo ウィルコム 執行役員副社長 土橋匡氏

 続いて営業部門を統括する土橋匡執行役員副社長が、同社の定額プランの現状と今後の戦略を解説。まず、定額通話に関してソフトバンクモバイルの定額プランと比較した。

 「すべての時間で定額になるのもウィルコムだけ。ちなみに、定額プランを使った通話は“夜の9時から24時59分59秒まで”が55%と集中している。さらに、料金表にある“注釈”が少ないのも特徴。2時間45分以上の連続通話には課金することと、16時間以上の連続通話は切断する場合があるという2点のみで、ほとんどの方なら意識しなくても良い内容になっている。また、070番であれば他社回線でも定額になるのが我々の定額(10月18日の記事参照)。携帯では番号だけで定額通話先か否かの判断ができないので、この点は今後も訴求していきたい」(土橋氏)

 PHS間の通話が定額であるだけでなく、携帯電話への通話は30秒13.125円、一般回線へは30秒10.5円と他社回線への通話が低額であることや、すべてのEメール料金が含まれていること、パケット通信の料金についても低額であることが強みだとする。

 「我々への加入を考えている方へ定額プランを説明すると、まず2900円だけで定額になることとすべてのEメールが無料であることに“シンプル”だと驚かれる。毎月頂く料金だから、できるだけ固定化し誠実に対処したい」(土橋氏)

 PHSの低電磁波性を生かした展開も積極的だ。医療事業者や満60歳以上であれば2200円で定額プランが利用できる「ハートフルサポート」を9月に開始(9月4日の記事参照)、これまで約5万件の加入があった。「ポケットベルが停波しているなか、医師を呼び出すのに低電磁波のPHSが多く採用されるようになった。患者さんが持つ携帯電話は病院で使えないため、PHSの判別用に『医療用』と書かれた目立つストラップも用意した。また、耳が遠くなられたシニアの方や、数字の聞き間違いが許されない金融関係の方からはPHSは音が良いと評価も得ている。定額制により通話の機会が増え、PHSの良さが再評価されている。これは我々にも“予想外”だった」(土橋氏)

photo 今後も口コミを生したマーケティングを展開する

 ウィルコムの定額制が好評である裏付けとして、86%のユーザーが「周囲にもすすめたい」とするユーザーアンケートの結果も示された。同社ではこの満足度の高さを生かし、口コミが生きるマーケットへの販売促進を進めるという。

「きまじめ」に進めるエリア拡大と高速化

photo ウィルコム 執行役員副社長 近義起氏

 技術部門を統括する近義起執行役員副社長からは、主に高速化についてのロードマップが示された。今年の2月に登場したW-OAMは、変調方式に8PSKを使用し最大で408kbpsの速度が利用できる(1月27日の記事参照)。これまではデータ通信のみだったが、W-OAMを採用したW-SIM(10月18日の記事参照)が12月発売の「9(nine)」に搭載されることで音声端末にも採用される。

 「W-OAMを音声通話に使う一番の利点は、基地局から距離があってもエリア圏外になりにくいこと。移動時の使用感などが向上する。また、ビルなど屋内での電波浸透が高まり、エリアの厚みが増すメリットもある」(近氏)

 8PSKだけでなく32QAM、64QAMの採用もアナウンスしている同社だが、64QAMの8×化により最大800kbpsの高速化も計画している。これには変調方式の高速化と、回線を束ねるMulti RF化のほかに、バックエンドのIP化が欠かせない。「現在の基地局間ネットワークはISDNを利用している。64QAMで無線部分が高速化しても、その先がISDNではボトルネックになってしまう。社内ネットワークはITXによりIP化したので(2005年3月の記事参照)、今後はいかに早く基地局間をIP化するのかが課題。IP化により初めて最大800kbpsが実現する」(近氏)

photo 最終的に800kbpsのサービスを目指す

 また、同社の人口カバー率はすでに99%に達しているが、今後は道の駅やゴルフ場など郊外だが、利用シチュエーションの多いエリアにも重点的に基地局を配置するという。ユーザーからのエリアクレームをもとに、地道にエリアを増やしていく方針は以前と変わらず、喜久川氏は「コツコツと地道に、きまじめにやっていくしかない」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.