ニュース
» 2006年12月22日 21時00分 UPDATE

AKIBAX 2006:AKIBAX 2006のHTCブースで、「Windowsケータイ」に触れよう!

秋葉原で開催中のAKIBAX 2006にHTCがブースを出展。同社が供給するドコモ「hTc Z」やソフトバンク「X01HT」のタッチアンドトライが行えるほか、海外で展開中のWindows Mobile端末を展示している。

[平賀洋一,ITmedia]
photophoto 秋葉原 UDX AKIBA_SQUAREで開催中の「AKIBAX 2006」(左)。HTC Nipponブース(右)

 NTTドコモとソフトバンクモバイルにWindows Mobile端末を供給するHTC Nipponが、東京・秋葉原で開催中の「AKIBAX 2006 powered by Windows Vista Ultimate」にブースを出展。端末のタッチアンドトライや、国内販売が待たれる海外向け製品の展示を行っている。AKIBAX 2006の開催日程は12月22日から24日まで。

 ブースではNTTドコモが販売する「hTc Z」と、ソフトバンクモバイルが販売する「X01HT」の実機を用意。端末の使用感や、hTc Z/X01HT用のサービスを実際に試すことができる。

 AKIBAX 2006は、Windows Vistaの発売を控えたマイクロソフトが特別協賛するイベントであり、Windows Media Player 11とX01HTとのコンテンツ同期デモや、Microsoft Exchange Serverと連携した「Direct Push Mail」によるメール配信のデモが行われている。また、ジョルダンの路線情報ソフト「乗換案内」や、BeMapの法人向けナビゲーションサービス「b-Walker」など、端末向けアプリケーションも参考出展された。

photophotophoto Windows Media Player 11とX01HTを同期させるデモ。Windows Media Player 11の画面中にX01HTがマウントされ、手動あるいは自動でコンテンツを転送できる。曲のほかアルバムジャケットも転送可能だ
photophotophoto 端末に自動でメールが配信される「Direct Push Mail」(左)、ジョルダンの「乗換案内」(中央)、BeMapの「b-Walker」(右)

 さらに、HTCが日本以外で展開しているWindows Mobile端末も展示しており、通話/通信はできないまでも、その使い勝手を試すことが可能だ。特にWindows Mobile 5.0 software for Smartphoneを搭載する端末は日本で触れることが少ないだけに、貴重な機会といえる。

photophotophoto 中国で販売中のPDA型端末、「HTC P3600」(左)と「HTC P4350」(中央)。どちらもhTc Z/X01HTより一回り小さく、キー配列も若干違う(右)。搭載するOSはhTc Z/X01HTと同じWindows Mobile 5.0 software for Pocket PCだ
photophotophotophoto QWERTYキーボードを備えたBlackBerryタイプの「HTC S620」(左)と、ストレート端末の「HTC MTeoR」(中央)、薄型の折りたたみ端末「Qtek 8500」(右)。この3台はWindows Mobile 5.0 software for Smartphoneを搭載する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.