ニュース
» 2007年01月12日 20時15分 UPDATE

PHS販売ランキング(1月1日〜1月7日):新人、上司の壁は厚い?

もはや唯一のPHSキャリアであるウィルコム。昨年ヒットしたW-ZERO3シリーズやnico.、9(nine)らと既存端末の争いは、今年どうなるのだろうか。そして2007年の新端末にも期待したい。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX300K
2 2 ネットインデックス nico.(WS005IN)
3 4 三洋電機 WX310SA
4 3 ケーイーエス 9(nine)(WS005KE)
5 4 京セラ WX310K
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo  

 昨年末からさんざん持ち上げておいて恐縮なのだが、「9(nine)」の順位がどうも振るわない。

 初登場で2位を獲得した本端末は、2週目に「nico.」に抜かれ、今回は洋ぽんこと「WX310SA」にも抜かれ、4位に落ちてしまった。新人が最初にぶつかる壁。それをどう乗り越えるかでその後の道が開けてくるわけである(誰かの言葉の受け売り)。

 ところで、きゃははははと笑いながらしれっと9(nine)を抜いて、意外と足が速い(ような妄想をしてしまう)nico.は、今回も2位を獲得。さすがに王者シンプル京ぽん「WX300K」には追いつけないが、2位の地位も板に付いてきたようだ。

 昨年12月にすべてのアステルPHSサービスが終了し、実質、新端末を投入し、加入者を増やすPHSキャリアはウィルコムだけになった。そんな状況で期待がかかるのは、次なるウィルコムの新端末だろう。2007年はどのようなキャラクターの(これ重要)、どんな機能を持つ魅力的な端末を投入してくるか、非常に楽しみだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.