ニュース
» 2008年02月13日 12時55分 UPDATE

ウィルコム、「HONEY BEE」「X PLATE」「9(nine)+」カラバリを2月20日から順次発売

ウィルコムは2月13日、同社の2008年春モデル「HONEY BEE」「X PLATE」と「9(nine)+」のカラーバリエーションの発売日を発表した。2月20日から順次店頭に並ぶ予定だ。

[園部修,ITmedia]

 ウィルコムは2月13日、2008年春モデルラインアップの「HONEY BEE」と「X PLATE」、それに「9(nine)+」のポーラホワイトとブリティッシュブルーの発売日を明らかにした。

si_willcom-03.jpgsi_willcom-05.jpgsi_willcom-06.jpg 左から「HONEY BEE」「X PLATE」「9(nine)+」

 まず2月20日から、X PLATEと9(nine)+のポーラホワイトの販売を開始し、2月22日にはHONEY BEEのホワイト・ブラック・ピンクの3色を発売。2月27日に9(nine)+のブリティッシュブルー、3月13日にHONEY BEEのイエローとブルーをリリースする。なお一部機種は、発売に先立ってウィルコムストアで予約を受け付ける。予約開始日はX PLATEとHONEY BEEのホワイト・ブラック・ピンクが2月14日、HONEY BEEのイエローとブルーが3月7日となっている。

発売日 機種名(カラー) ウィルコムストア予約開始日
2月20日 9(nine)+(ポーラホワイト)
2月20日 X PLATE 2月14日
2月22日 HONEY BEE(ホワイト/ブラック/ピンク) 2月14日
2月27日 9(nine)+(ブリティッシュブルー)
3月13日 HONEY BEE(イエロー/ブルー) 3月7日

 各機種のウィルコムストアでの価格は、割賦販売のW-VALUE SELECTで新規契約の場合、HONEY BEEの一括払いの販売価格が2万7600円、X PLATEが3万3120円、9(nine)+が2万5920円。ただしW-VALUE割引がHONEY BEEで1150円×24回、X PLATEと9(nine)+で1080円×24回充当されるため、実質負担額はX PLATEが7200円(300円×24回)、HONEY BEEと9(nine)+は0円となる(HONEY BEEの価格は3月31日までのキャンペーン価格)。

W-VALUE SELECT利用時のウィルコムストアでの端末価格
新規契約の場合 HONEY BEE X PLATE 9(nine)+
一括払い 2万7600円 3万3120円 2万5920円
分割払い(24回) 1150円×24カ月(2万7600円) 1380円×24カ月(3万3120円) 1080円×24カ月(2万5920円)
「W-VALUE」割引 1150円×24カ月(2万7600円) 1080円×24カ月(2万5920円) 1080円×24カ月(2万5920円)
実質負担額 0円 300円/月(7200円) 0円
※HONEY BEEは3月31日までのキャンペーン価格

 HONEY BEEは、京セラ製の音声端末で、HTMLメール「デコラティブメール」対応など、メール機能を中心に機能強化が図られたW-OAM対応端末。厚さ9.8ミリのシンプルなストレート端末で2インチQVGA液晶を搭載する。ポップな5色のカラーバリエーションを展開し、音声通話とメールでのコミュニケーションを重視するユーザーにアピールする。

 X PLATEは厚さ11.5ミリのストレート端末で、重量は64グラムとウィルコムとしては最少・最軽量のPHS端末。1.8インチ液晶(128×160ピクセル)を搭載し、W-OAMに対応。PIMカードスロットを備え、中国でPIMカードを契約すれば、現地でもそのまま利用できるという特徴がある。

 9(nine)+は、人気のストレート端末9(nine)をベースに赤外線通信機能や前面のLED追加といった、マイナーバージョンアップを施したモデル。スタンダード端末の“変わらない”魅力をユーザーに提供する。

 なおウィルコムでは3月31日まで、15歳から29歳までのユーザーの新規契約・機種変更の事務手数料無料、サポートコイン最大5コインプレゼントなどの特典がある「WELCOME!WILLCOMキャンペーン」も実施している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.