ニュース
» 2008年04月10日 17時10分 UPDATE

もっとも“旬”な写真にファン陶酔──「小栗旬+Cyber-shotケータイ」キャンペーンイベント

ソニー・エリクソンは、auの春モデル「Cyber-shotケータイ W61S」「W62S」のキャンペーン発表会を実施。新たにプロモーションキャラクターに起用された小栗旬さんも会場に駆けつけた。

[塙恵子,ITmedia]
photo 小栗旬さん

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは4月10日、「Cyber-shotケータイ W61S」と「W62S」のプロモーションキャンペーンに関するイベントを実施した。

 auの2008年春モデル Cyber-shotケータイ W61Sは、有効511万画素CMOS「Exmor」と光学3倍ズームレンズを搭載する“Cyber-Shot”ケータイ。ワンセグやBluetoothも搭載するハイスペックモデルとなっている。W62Sは欧州、アジア、北米、中南米、オセアニアなど約180の国や地域で利用できる、WIN端末初のGSM国際ローミング対応機種。ボディにジュラルミン素材を採用し、海外渡航時向け外国語会話集ソフトや英文予測入力機能「POBox Pro E」などを搭載する。


photophoto 「Cyber-Shotケータイ W61S」。5メガCMOS、光学3倍ズーム、顔認識AF、スマイルシャッターに加え、ワンセグとBluetoothを搭載する

photophotophoto GSM国際ローミングに対応したWIN端末W62S。2008年4月現在、欧州、アジア、北米、中南米、オセアニアなど約180の国や地域で利用できる

 KDDIデザイニングスタジオにて行われたキャンペーン発表会には、プロモーションキャラクターを務める俳優の小栗旬さんが登場した。小栗さんの起用について、同社常務取締役 営業本部長の石塚宏一氏は、「小栗さんの洗練された美しさ、ひたむきな情熱が当社のイメージとマッチしたため」と説明した。

 現在放映されているW62SのテレビCMに続き、Cyber-shotケータイ W61SのテレビCMも近日公開予定。W61SのCMは、「新しい写真生活へ」をコンセプトとした、小栗さんの写真への想いを表現したものに仕上がったという。

 強行スケジュールで行われたCM撮影は、「厳しかったです」と小栗さん。しかし「自分というものをとても格好よく表現してくれたのでうれしい」とほほえむ。CM完成度の高さには満足の様子だった。

 Cyber-shotケータイ W61S購入者は、先着限定でフォトブック「旬撮」がもらえる特典がある。「旬撮」には、小栗さんのドラマ撮影やCM撮影現場での様子、小栗さん本人がCyber-shotケータイ W61Sで撮影した風景写真など合計61枚とその写真にまつわるロングインタビューが収録されるようで、ファンには見逃せないレアアイテムとなるかもしれない。小栗さんは「ケータイでこんなにキレイな写真が撮れるのかと驚きました」と感想を述べた。

 小栗さんは現在、プライベートでW62Sを使用しているという。会場では、実際に自分のW62Sを披露する場面もあった。

 GSM国際ローミング対応のW62Sを世界のどこで使いたいかという問いには、「野球が好きなので、海外にメジャーリーグを見に行って『今メジャーリーグ見てるぜ』と日本の友達に電話をかけてみたいです」とのこと。Cyber-shotケータイ W61Sと同様に、W62Sにも小栗さんプロデュースのオリジナルパスポートケースがもらえる購入者特典を用意する。

photophoto ソニー・エリクソン常務取締役営業本部長の石塚宏一氏

photophoto 大勢集まった報道陣をCyber-shotケータイ W61Sのカメラ機能を使って撮影するシーンも

photophotophoto 「父が『オレもW62Sにしたい』と言ってました(笑)」(小栗さん)

photophotophoto この笑顔に世の女性は悩殺されるのです……


 なお、本日4月10日からCyber-shotケータイ W61Sのスペシャルサイト「旬撮.com」がオープン。小栗さんのロングインタービュー動画やフォトギャラリー、テレビCM、CMメイキングシーンなどを公開する。

 また発表会会場となった、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオでも、2008年4月10日〜4月25日まで、「旬撮」の写真展『小栗旬フォトギャラリー』の一般公開展示と新機種のタッチ&トライコーナーが設けられる。ソニー・エリクソン製の新機種、そして小栗旬さんが気になる人は、この機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

photophoto 「小栗旬フォトギャラリー」KDDIデザイニングスタジオで開催(4月10日〜4月25日まで)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.