ニュース
» 2008年08月15日 13時46分 UPDATE

日本通信の第1四半期決算、減収減益――3Gサービスの遅れが影響

8月14日、日本通信が2009年3月期第1四半期の決算を発表。MVNOとして提供を予定していた3Gサービスの遅れが影響し、減収減益でこの四半期を終えた。

[ITmedia]

 日本通信が8月14日、2009年3月期第1四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比32.5%減の6億3900万円、営業利益は2億7000万の赤字で(前年同期は1億9400億円の赤字)、第1四半期を減収減益で終えた。

 売上高の減少について同社は、主力事業として展開するデータ通信サービスの遅れを理由に挙げている。他キャリアが3G網を利用したデータ通信サービスの導入を進める中、日本通信もドコモのFOMA網を利用したサービスの提供を予定していたが、相互接続の条件面で折り合わず、総務大臣に裁定を求めるなどの手続きが発生。6月13日のドコモとの最終合意を受けて8月6日に両社間で接続協定を締結し、8月7日から「b-mobile 3G」を開始したが、第1四半期中に3Gサービスを開始できなかったことや、3Gサービス待ちの買い控えが売り上げに影響を及ぼした。

 なお同社では、b-mobile 3Gの導入により、8月13日までに計上した第2四半期の売上がすでに第1四半期を上回るなど、成果が現れ始めたとしている。

関連キーワード

日本通信 | b-mobile | データ通信 | 赤字 | 決算 | FOMA


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう