ニュース
» 2008年10月07日 15時00分 UPDATE

ドコモ好調、auのCDMA 1X契約が3000万を突破──9月契約数

電気通信事業者協会(TCA)は10月7日、2008年9月末時点での携帯・PHS契約数を発表した。「パケ・ホーダイ ダブル」導入発表や敬老の日需要などでドコモが大きく伸びる一方、ソフトバンクモバイルやイー・モバイルは8月ほどの勢いはなくなっている。

[園部修,ITmedia]
グループ名 2008年9月純増数 累計
NTTドコモ 12万9700
 2in1:3万3500
5393万7000(51.5%)
 2in1:45万4100
KDDI 7万4900 3045万1700(29.0%)
ソフトバンクモバイル 14万2800
 ダブルナンバー:1300
1963万3200(18.7%)
 ダブルナンバー:3800
イー・モバイル 5万9300 81万1700(0.8%)
携帯総計 40万6700 1億483万3600
(前月比増減率 0.3%)

 電気通信事業者協会(TCA)が10月7日、2008年9月末の携帯電話・PHS契約数を発表。携帯電話とPHSを合わせた移動電話の累計契約数は1億942万100となり、1億1000万契約が見えてきた。

 携帯電話の契約数は1億483万3600で、8月末から40万6700の純増となっている。キャリア別に見ると、NTTドコモが12万9700契約の純増で、8月の純増から大きく数字を伸ばした。この点は「パケ・ホーダイ ダブルの導入を発表したことが好感されており、純増に大きく寄与した」(ドコモ広報部)とのこと。解約率も過去最低で推移しているという。また敬老の日需要で、「らくらくホンV」などの最適なラインアップをそろえていたこともプラスの効果があったようだ。

 KDDIも7万4900の純増と、8月よりも多い純増を記録した。8月は2999万8000契約と、あと一歩及だったCDMA 1X契約が、今月ついに3000万契約を突破している。cdmaOne契約は37万4900契約で、同社の3Gへのマイグレーションはほぼ仕上げの時期に入っていると言えそうだ。

 一方、ソフトバンクモバイルは8月に続いて伸びが鈍化し、純増シェアは1位を維持したものの、純増数は14万2800とドコモに迫られている。すでに17カ月連続で純増1位を続けている同社だが、急激な追い上げを見せるドコモやKDDIと、秋冬モデルでどう戦って行くのかが注目される。イー・モバイルは5万9300の純増。8月に比べて増加のペースが鈍ったが、これは「Touch Diamondを発表したことで、音声端末の買い控えが起こったのではないかと分析している」と社長室広報部はコメントした。データ通信端末は、PCとのセット販売などが依然好調に推移しているという。

Graph 携帯電話純増数の推移
Graph 携帯電話純増シェアの推移

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −2万6100
au 5000
ソフトバンクモバイル 2万1000
イー・モバイル 100

  2008年9月純増 累計
・システム別
NTTドコモ(W-CDMA) 45万5500 4644万4300
NTTドコモ(PDC) −32万5800 749万2700
au(CDMA2000 1x) 7万8800 3007万6900
au(cdmaOne) −3900 37万4900
ソフトバンクモバイル(W-CDMA) 37万2300 1632万500
ソフトバンクモバイル(PDC) −22万9500 331万2700
イー・モバイル(W-CDMA) 5万9300 81万1700
・プリペイド契約
NTTドコモ −200 3万9000
KDDI −7300 48万0000
ソフトバンクモバイル −1万4900 110万6400
イー・モバイル 900 9800
合計 −2万1600 163万5200
・通信モジュール
NTTドコモ 2万2600 150万8800
KDDI(auモジュール系サービス用回線数) 1万5400 88万1600
ソフトバンクモバイル 0 3万2500
合計 3万8000 242万2900
・IP接続サービス
iモード(NTTドコモ) 3万3400 4806万8600
EZweb(KDDI) 5万3000 2583万4200
Yahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイル) 7万9400 1579万0000
EMnet(イー・モバイル) 1500 3万4700
合計 16万7300 8972万7500

ウィルコムは8月に続き1万2900の純減

グループ名 2008年9月純増 累計
ウィルコム −1万2900 458万6500
PHS総計 −1万2900 458万6500

 ウィルコムのPHS契約数は、8月に続いて1万2900の純減となった。累計契約数は458万6500。

 9月は携帯電話事業者各社が契約数を堅調に伸ばす一方で、ウィルコムは8月に続く純減を喫した。音声サービスやスマートフォン事業は好調ながら、特にデータ通信分野での競争が激化しているのが要因だ。同社の契約の多くを占めるAIR-EDGEの法人契約が、携帯電話事業者のデータ通信サービスに奪われており、解約が増えているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう