レビュー
» 2009年01月16日 18時14分 UPDATE

「EXILIMケータイ W63CA」の“ここ”が知りたい:第3回 “ペンギン”はある?――「EXILIMケータイ W63CA」

「アデリーペンギン」や「カツオ」など、カシオ製端末はユーモラスなキャラクターをグラフィックに採用しているのが特徴だ。EXILIMケータイ W63CAはどんなキャラクターが入っているのだろうか。

[八百山ゆーすけ,ITmedia]
photophoto 「EXILIMケータイ W63CA」。本体カラーはチタニウムゴールド、シャインピンク、アイスホワイト、メタルグリーン

質問:プリセットしているキャラクターは

 カシオ計算機製端末がファンの支持を得ている理由の1つとして、グラフィックUI(ユーザーインタフェース)に親しみのあるキャラクターを採用していることが挙げられる。「A5512CA」の「顔いろいろ」や「W41CA」の「アデリーペンギン」に始まり、「W52CA」のカツオ「Bonite」、そして「G'zOne W62CA」の「EGO&ECOゴリラ」など、ユーモラスなキャラクターを次々と生み出してきた。

 「EXILIMケータイ W63CA」では新たに「ミジンコ」を採用し、プリセットしているケータイアレンジ「Journey」に設定すると現れる。風景写真の中で、小さなシルエットのミジンコがユーモラスに動き回る姿がかわいらしい。ミジンコはとても小さく見つけるのが難しいことも多いが、“探す楽しみ”もある。このほか、精細に画像を表示できるVisual WVGA有機ELをアピールする狙いもあるだろう。

photophoto
photophotophotophoto ケータイアレンジを「Journey」に設定したときのメニュー画面。画像パターンは表示するたびにランダムに切り替わる
photophoto
photophotophoto 待受画面上でミジンコがユーモラスに動き回る。写真とミジンコの組み合わせのギャップが面白い
photophoto
photophotophotophoto 待受画面には、旅行の“緊急事態に役に立つフレーズ”として、さまざまな英語のフレーズがミジンコとともに現れる。待受画面やメニューだけでなく、メール受信画面などにもミジンコが現れる(写真=右端)

質問:有機ELディスプレイは屋外でも見やすいか

 W63CAと「Woooケータイ W63H」はVisual WVGA有機ELを採用するのが特徴の1つ。液晶と違い、素子自体が発光して表示することで、高いコントラストと色再現性を実現する。一方で、日中の屋外など強い光の下では見えにくいという評価もある。

 W63CAとW63Hは、光センサーで外光に合わせて画面の明るさを自動調整し、強い光の下ではディスプレイが最も明るく発光する。この設定にした上で屋外で画面を見ると、全体的に暗い印象を受ける。また、画面の明るさに加えて、ディスプレイへの映り込みによっても見にくいように感じた。

photo 晴天の屋外で建物のヒサシの下で見た画面。画面が暗い印象もあるが、明るい屋外では映り込みが入りやすいので、このように、ヒサシや建物の影など暗い部分を写り込ませた方が見やすくなる

質問:メールの送信ボックスは振り分けができるか

 送受信したメールをあて先別に振り分けて整理できれば、後でスムーズに読み返せる。W63CAは、受信ボックスは「振分け登録」によって、メインフォルダ以外に最大9個のフォルダを設定できるが、送信ボックスは振り分け設定できない。

photophoto 受信ボックスには最大9個の振り分けフォルダを登録できるが、送信ボックスにその機能はない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.