ニュース
» 2009年03月16日 13時32分 UPDATE

バウムクーヘンがモチーフのおサイフケータイ「BAUM」、3月19日発売

バウムクーヘンをモチーフにしたという、ウィルコムのおサイフケータイ第2弾、「BAUM」の販売が3月19日から始まる。

[園部修,ITmedia]

 ウィルコムは3月16日、3月下旬に発売を予定していたストレート型のおサイフケータイ対応PHS端末「BAUM」を3月19日に発売すると発表した。

 BAUMは京セラ製のストレート端末で、お菓子のバウムクーヘンをイメージしたポップなデザインを採用した点が特徴。音声通話やメールでのコミュニケーションに機能を絞った人気のストレート端末「HONEY BEE2」の上位モデルに当たる端末で、「ウィルコムICサービス」に対応する。カラーバリエーションはホワイト、ピンク、パープル、ブラックの4色を用意した。

PhotoPhoto カラーはホワイト、ピンク、パープル、ブラック

 価格は「W-VALUE SELECT」で一括購入する場合のウィルコムプラザ・ウィルコムストアでの購入価格が5万2560円。分割払いの場合は2190円の24回払いとなる。さらにW-VALUE割引として1790円が24カ月間割引されるため、2年間利用した場合のユーザーの実質負担額は9600円だ。

BAUMの価格
新規契約・
機種変更の場合
ウィルコムプラザ・
ウィルコムストアでの購入価格
「W-VALUE」割引 実質負担額
「W-VALUE SELECT」
で一括購入の場合
5万2560円 1790円×24回
(4万2960円)
9600円
「W-VALUE SELECT」
で分割購入の場合
2190円×24回
(5万2560円)

 ウィルコムICサービスは、すでに提供中の「Edy」「QUICPay」、ANAの「スキップサービス」と「ケータイ de Edy マイル」、JALの「JALタッチ&ゴーサービス」と「JAL IC利用クーポン」、ヨドバシカメラの「ゴールドポイントカード」に加えて、3月19日から「ビックポイント機能付ケータイ」サービスもスタートする。

 ディスプレイは2.4インチのワイドQVGA(240×400ピクセル)表示に対応した液晶パネルを採用。2MピクセルのCMOSカメラを備え、外部メモリに最大2GバイトのmicroSDが利用できる。Flash Lite 3.1を搭載しており、待受画面やメインメニューは動きのあるFlashで描かれたものを搭載した。日本語入力システムには「iWnn(あいうんぬ)」を採用する。ウィルコムガジェットも利用可能だ。

BAUMの主な仕様
機種名 BAUM(WX341K)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約45×127×11.4ミリ
重さ 約90グラム
連続通話時間 約6時間
連続待受時間 約560時間
アウトカメラ 有効197万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)
メインディスプレイ 2.4インチ ワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応液晶
サブディスプレイ
その他機能 赤外線通信、Java、Flash Lite 3.1、デコラティブメール、Webブラウザ(NetFront)、POP3/SMTPメール送受信、iWnn、通話中着信表示、長電話お知らせ機能、しっかリンク、お気に入りメニュー
ボディカラー ホワイト、ピンク、パープル、ブラック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう