ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ANA(全日本空輸)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ANA(全日本空輸)」に関する情報が集まったページです。

決済・チャージでマイルがたまる ANA、QRコード決済を年内スタート 200円で1マイル
ANAホールディングスが、年内にもQRコード決済サービス「ANA Pay」を始める。スマートフォンアプリでの決済・チャージで、マイルを付与する。(2020/11/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
生き残りをかけたANA「400人出向」 左遷でなく“将来有望”のチャンス?
ANAホールディングスが社員を他社に出向させるとして注目されている。出向というとネガティブなイメージだが、企業にとっても社員にとっても「成長」への布石となる側面もある。人は環境で変わるからだ。新しい雇用の形として、他の企業も前向きに取り組んでほしい。(2020/11/13)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
大規模コールセンターの刷新を18カ月で完遂、全日本空輸に学ぶDX成功のヒント
DXの遅れが指摘される日本でも、変革を成功させた企業は多くある。顧客の声を経営に最大限生かすべく、コンタクトセンターの刷新という大規模プロジェクトに取り組むこととなった全日本空輸の事例から、DX成功のヒントを探る。(2020/11/12)

コロナ禍が収まるまで:
家電量販店大手のノジマがANAグループ出向者を受け入れ 働く場所はコールセンター
家電量販店大手のノジマがANAグループの出向者を受け入れる。100人程度を予定している。コールセンターなどで働く。(2020/11/4)

副業の範囲も拡大:
成城石井やノジマなどに ANAの社員が出向
ANAホールディングスが27日に事業構造改革で示した社員のグループ外企業への出向には、新型コロナウイルス収束後を見据え、雇用を最大限維持する狙いがある。(2020/10/28)

大型機を大幅削減へ:
「ビジネス需要は戻らない」 5100億円赤字見通しのANAホールディングス、コスト削減と新需要獲得へ
ANAホールディングスが発表した2021年3月期の連結業績予想は、過去最大の5100億円の最終赤字となる見通しだ。危機を乗り切るための事業構造改革では、機材の削減などによる大幅なコスト削減を図る。「強靭な企業グループに生まれ変わる」ための施策を急ぐ。(2020/10/27)

ANAだけじゃない……各社が非航空事業に活路 ドローン物流に空飛ぶタクシー
新型コロナウイルス禍で事業が滞っている航空各社が、ドローンを使った物流システムや空飛ぶタクシーといった非航空事業を模索し始めている。本業を支えられるような事業が生み出せるか、各社の底力が問われそうだ。(2020/10/27)

機体をレストランに:
ANAだけじゃない 航空事業一本足からの脱却を目指して
ANAホールディングスが27日に発表する事業構造改革では、航空事業以外の収益力強化策を盛り込むが、航空事業一本足からの脱却を目指して新規事業を推進する航空会社は、ANAHDだけではない。新型コロナウイルス禍で本業の航空事業が滞る中、日本航空もドローンなど最新技術を活用する地域サービスを新たな収益源の柱に掲げる。(2020/10/26)

マイレージ情報活用:
ANAどうする? 「A380」3号機納入1年延期
ANAホールディングスが27日に発表する事業構造改革の全容が判明した。新型コロナウイルス禍の航空事業を補う新規事業として、約4千万人のマイレージ会員の情報を活用して旅行商品などを販売する新会社を立ち上げる。一方……。(2020/10/25)

好きなこと優先に:
ANAなど大手続々解禁で気になる、「副業の利点と欠点」
全日本空輸が2021年にも全従業員1万5000人を対象に副業範囲を拡大する方針を固めるなど、従業員の副業を認める企業が増えている。新しい働き方にどう対応すればよいのか。(2020/10/20)

全日空、佐賀空港で自動トランク積み込みロボット公開
全日本空輸が、佐賀空港で乗客のトランクを自動でカートに積み込むロボットを公開した。国内空港では初の実用化という。「地上業務は長年人海戦術だったので新型コロナの影響で従業員の接触を減らす意味でも必要性は増している」と説明した。(2020/10/7)

全日空、佐賀空港で自動トランク積み込みロボット公開
トランクを積んだカートを航空機まで運ぶ自動運転車の実験も進めるなど、新型コロナウイルス下で地上作業員間の接触を減らすことなどを目的として、省人化のための実験を進めている。(2020/10/6)

コロナの影響も:
学生が「インターンしたい」人気企業ランキング ANA・JALは転落、1位は……?
2022年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を楽天が発表。1位は……?(2020/9/25)

売上高が前年同期比75%減:
ANAホールディングスの1Q、最終赤字1088億円 コロナで旅客需要が大幅低迷
ANAホールディングスの2020年4〜6月の連結最終損益は1088億円の赤字(同114億円の黒字)だった。新型コロナの感染拡大に伴い、旅客需要が大幅に低迷したことが影響した。(2020/7/29)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「GoTo東京除外」でハシゴ外されたJAL、ANA 大手の破綻相次ぐ航空業界の悲鳴
世界で経営が行き詰まる航空会社が相次いでいる。欧州の「ルフトハンザ」や、「エールフランスKLM」はすでに政府が資本注入することで合意。「GoTo東京除外」でハシゴを外されたJAL、ANAは?(2020/7/22)

ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:
ANAが「リアルなサンドボックス」から発信する、5Gのオープンイノベーション
ANAは、羽田空港を再現する訓練施設として設置した拠点「ANA Blue Base」にローカル5Gのインフラを敷いた。同社の構想する「ハニカム構造のイノベーション」を支える、IT部門の取り組みを追った。(2020/7/15)

日本産へのこだわり医療用ガウン15万着、ANAも協力
新型コロナウイルスの感染拡大で医療物資が逼迫(ひっぱく)する中、奈良県上牧町の縫製会社「ヴァレイ」が国の要請を受け、不織布の医療用ガウン10万枚を急ピッチで生産している。(2020/6/2)

マスク着用「必ず」空港や機内で ANAが利用客に呼びかけ、状況によっては「搭乗拒否」も示唆
感染症予防対策の一環として実施されます。(2020/5/21)

ANAが物流用ドローン開発へ 市街地の目視外飛行ができる機体を物流インフラに
ANAホールディングスはエアロネクストと共同で、物流用ドローンの開発に向けた業務提携を結んだ。両社の知見と技術を組み合わせ、市街地の目視外飛行ができる機体を共同開発する。(2020/5/20)

ソニーとANA傘下のavatarin、遠隔操作ロボット開発で協力
ソニーAIとANA傘下のavatarin(アバターイン)は5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協力すると発表。技術開発と社会実装を進めていく。(2020/5/12)

ロボット開発ニュース:
ソニーとANAが遠隔操作ロボットで協業、人が物理的に作業できない場所で活用
ソニーグループのソニーAIとANAグループのavatarin(アバターイン)は2020年5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協業したことを発表した。(2020/5/12)

計3200人を募集していた:
ANAグループ、21年度入社の採用活動を一時中断 長距離移動需要の激減で
ANAホールディングスは、グループの2021年度入社の採用活動を一時中断すると発表。新型コロナウイルス感染拡大で移動需要が縮小しており、今後の事業計画を策定することが困難なため。計3200人程度を募集していた。(2020/5/8)

危機が迫る「経済の大動脈」:
新型コロナ危機、ANAと日産の融資申し込みはどうなる? 政府は大企業、中小企業支援で今何をするべきなのか
新型コロナの経済影響が長期化・深刻化している。このまま続けば、大企業の破綻によって連鎖倒産が引き起こされる可能性もありえる。筆者の大関暁夫氏は、特に航空業界と自動車業界が危険だと指摘する。(2020/5/1)

飛行機にダンボールが着席 ANA、マスクなどの医療物資輸送に座席を貨物スペースとして活用
貨物はシートベルトでしっかり固定、従来比1.4倍の貨物輸送を可能に。(2020/4/23)

ANAが医療用ガウンの縫製支援を正式発表 地上職員・乗務員らが「6月末までに10万枚」計画に協力へ
縫製支援は政府からの申し出であったことが正式に発表されました。(2020/4/17)

批判殺到の「CAに防護服の縫製を依頼」は本当なのか? 編集部取材にANAは「困惑している」
「女性差別」「縫製業の専門性を軽んじている」との批判がありました。(2020/4/10)

NEC、ANA総合トレーニングセンターにローカル5Gを導入
ANAとNECは、3月30日にANAグループの総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」へローカル5Gを導入。オペレーション品質の向上や、パートナー企業との共創による新たなサービスの開発を目指す。(2020/3/30)

ANAの人材トレーニング拠点にローカル5G導入 NEC
ANAグループの教育機能を一箇所に集約した総合トレーニングセンターでローカル5Gを導入し、これまで収集できなかったデータを活用した訓練のパーソナライズ化を目指す。(2020/3/30)

航空機の遅延、欠航後の運航ダイヤ修正を自動で――ANAと日立が共同でシステム実証
ANAと日立は、悪天候などで航空機の遅延や欠航が生じた際に、運航ダイヤの修正を自動立案するシステムの実証実験を進めている。日立のAI技術などを活用することで、熟練者と同等の速度、精度でダイヤを修正し、人には難しい複数同時立案も容易にできる見込みだという。(2020/3/6)

イノベーションのレシピ:
熟練者頼みの航空機の運航ダイヤ修正、ANAと日立が自動化に向け実証実験
全日本空輸(ANA)と日立製作所は、日立コンサルティングと共同して、航空機の運航ダイヤ修正を高速かつ最適に自動立案する技術の開発を進めていると発表。2020年3月末をめどに、ANAの過去の運行データを用いたPoC(概念実証)を行っており、ANAは2020年以降にPoCの結果を評価した上で実採用を判断する方針だ。(2020/3/6)

VRニュース:
東京の小学生がトヨタ自動車九州をバーチャル見学、「次はエジプトがいいな」
トヨタ自動車とANAホールディングスは2020年1月28日、港区のレクサスインターンショナルギャラリー青山において、84人の小学5年生向けに工場見学型デジタル授業を実施した。東京都内にいながら、福岡県宮若市にあるトヨタ自動車九州 宮田工場を見学するというものだ。現地の説明員とリアルタイムにやりとりしながら、クルマづくりを学んだ。(2020/1/29)

ANAが“国際線手ぶら旅行サービス”の実証実験へ 現地でレンタルすることで手荷物の準備や持ち運びを楽に
海外旅行がより気軽に行けるようになるかも。(2020/1/17)

“手ぶら旅行サービス”登場 服やカメラをネットで予約、宿泊先で利用・返却
ANAセールスが、服や一眼カメラなどを旅行宿泊先でレンタルできる「手ぶら旅行サービス」のモニター募集を開始。旅行者の手ぶら観光を後押しする。(2019/12/3)

ANA、分身ロボ「newme」普及に本腰 100体を東京・日本橋に設置へ 遠隔地からの買い物など実現
ANAHDが三井不動産と協業。遠隔操作に対応したコミュニケーションロボット「newme」を都市に配置する共同事業を行う。12月から東京・日本橋に、newmeを設置した特設ショップをオープンし、遠隔地から買い物ができるようにする。2020年からはオフィスなどへの設置も進め、エリア全体に計100体のnewmeを投入する予定。(2019/11/27)

そろそろ会議やめませんか:
航空会社のANAが「移動しないで瞬間移動」サービスを提供する理由
航空会社が抱える「6%の壁」を打ち破るべく、さまざまなチャレンジを行っている。ANAの場合はどうなのか。その“移動を軽減する”取り組みを見ていこう。(2019/11/12)

ヤフーのデータを企業や自治体で活用可能に「データソリューションサービス」が登場
ヤフーは、同社のビッグデータを活用して、企業や自治体の事業創造や成長、課題解決を支援する「データソリューションサービス」を開始。Webブラウザ上でユーザー自身が調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」と、企業や自治体の要望に応じてビッグデータの分析結果提供や活用支援のコンサルティングを行う「DS.ANALYSIS」を提供する。(2019/11/5)

人気の強制「修羅場」道場に密着【後編】:
ANA常務に聞く人材育成競争の“死角”とは――「ダイバーシティを目的化しない」
ANAで人事の責任者を務める常務の國分裕之氏に、社外の人材育成プログラムに参加した狙いを深堀りすると共に、現在の働き方改革をどのように捉え、ANAの人事や採用にどんな課題があるのか、いかにして乗り越えようとしているのかをインタビューした。(2019/10/30)

人気の強制「修羅場」道場に密着【前編】:
ANA社員が「女子高生バレーチーム」の監督に!? 謎の人材育成プログラム「文武両道場」に潜入
企業から派遣された受講生が2日間にわたってバレーボールチームを監督として率い、マネジメント能力を高める「文武両道場」という人材育成プログラムがある。全日本空輸(ANA)やそのグループ会社、横河レンタ・リース、日本財団、茨城県などの社員や職員が参加したこのプログラムに密着した。参加企業の狙いはどこにあるのか?(2019/10/24)

CEATEC2019会場レポート:
アバターで瞬間移動が可能に!?初出展のANA
ANAホールディングスは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に初出展し、同社が開発する普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」のデモンストレーションなどを行った。(2019/10/16)

CEATEC 2019:
幕張メッセで“釣りロボ”遠隔操作 大分県でタイを釣ってみた
大分県の釣り堀に設置されたロボットを遠隔操作し、タイを釣り上げられるブースを、ANAホールディングスが「CEATEC 2019」に出展。釣り竿風のコントローラーを操作すると、ロボットがその通りに竿を動かす。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
ANAが“分身ロボット”開発 遠隔操作でショッピングや観光 20年実用化
ANAホールディングスは、遠隔操作に対応したコミュニケーションロボット「newme」のサービスを2020年4月に始める。ディスプレイ、カメラやマイクなどを備え、遠く離れた場所の様子を見たり、ロボットを介してビデオ通話をしたりできる。(2019/10/14)

訪日客向けプロモーションにInstagram:
ANAの「インバウンド×インスタ」施策、海外では認知度の低い日本ブランドをどう訴求する?
日本では知らない人がいないナショナルブランドでも海外で同様の認知を獲得できているとは限らない。訪日需要をつかむためANAが展開するグローバルマーケティング施策について、担当者に話を聞いた。(2019/9/9)

コンサル企業が好調:
インターンで人気の企業ランキング ANAやJALを押さえて1位になったのは?
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が、2021年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を発表した。1位になったのは?(2019/7/29)

リモコンで航空機けん引、ANAが実用化 国内初
リモコンを使った遠隔操作による航空機のけん引を、ANAが国内で初めて、九州佐賀空港で始めた。運転席のないけん引車を、リモコン式のコントローラーを使って係員が操作する。(2019/7/5)

PHM Conference 2019 in JAPANレポート:
PR:コマツダイキン明電舎古野電気ANAが故障予測に活用した「PHM」とは
電通国際情報サービスが開催した「PHM Conference 2019 in JAPAN 〜 様々な取り組み事例に学ぶ 〜」では、コマツ、ダイキン工業、明電舎、古野電気、ANAの5社が登壇し、故障予測などに役立つ「PHM」の取り組み事例を紹介した。(2019/6/28)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

ANAの改革推進トップに聞く “変われなかった現場”でイノベーションが起きたわけ
国内外の厳しい競争にさらされている航空業界。勝ち残っていくためには、働き方にイノベーションを起こし、顧客本位のサービス開発ができる体制を整えることが不可欠だ。ANAの改革をけん引する野村氏はどうやって現場にイノベーションマインドを根付かせたのか。(2019/6/24)

JALの牙城だった「憧れのリゾート地」:
「ANAの巨大旅客機投入」でハワイに若者を呼び込めるか
ANAが一度に520人を運べる大型機「エアバスA380」を5月24日からハワイ路線に就航させるため、日本人観光客が増えることが予想される――。(2019/5/23)

ロボット開発ニュース:
自動追従の電動車いすが成田空港で検証、高齢者の乗り継ぎ不安を解消へ
全日本空輸(ANA)とパナソニックは2019年5月16日、前方の車いすに自動で追従する電動車いすの実証実験を成田空港で行った。航空便を乗り継ぐ高齢者など、移動に不安を持つ乗客の利便性向上と空港地上係員の負担軽減を狙う。(2019/5/17)

VRニュース:
客室乗務員向け機内訓練にVRを活用、緊急事態を体感
全日本空輸は、NECの「法人VRソリューション」による客室乗務員訓練を開始した。機内での火災や急減圧といった緊急事態、機内設備の安全確認作業をVRで再現し、訓練に活用する。(2019/4/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。