レビュー
» 2009年04月17日 16時29分 UPDATE

最新ケータイ徹底比較(au 2009年春モデル編):第6回 キーの反応速度はさくさく? もっさり?――「NS01」「NS02」「K001」

「NS01」「NS02」「K001」は、キーレスポンスの速さでは定評のある旧プラットフォーム「KCP」を採用したモデルだ。この3機種も快適に操作できるのだろうか。動画でチェックしていこう。

[田中聡,ITmedia]
photo 左から「ベルトのついたケータイ NS01」「ベルトのついたケータイ NS01」「安心ジュニアケータイ K001」

 au端末はプラットフォームに「KCP+」を採用してから動作が“もっさりする”というイメージが定着してしまったが、旧プラットフォームのKCP時代は、むしろキビキビした動きに定評があった。2009年春モデルでは、「ベルトのついたケータイ NS01」「ケースのようなケータイ NS02」「安心ジュニアケータイ K001」がKCPを採用する。

 これら3機種のキーレスポンスはどうか。第5回に掲載したKCP+端末と同じく、メインメニューから「設定」→「画面表示」→「ディスプレイ」→「待受画面」を呼び出す操作と、メールの新規作成から「お世話になっております」と入力する操作を試した。

 キー操作の反応速度への感覚は個人差があるとはいえ、やはりKCP対応の3機種はKCP+端末と比べ明らかに速く、快適だ。約1年間「Cyber-shotケータイ W61S」を使い続けている筆者にとっては「速すぎる」と感じたほどだった。3機種ともキーを押した瞬間に反応するので、ストレスは皆無。逆にこの速度に慣れてしまうと、ほかの一般的なキーレスポンスの機種でも遅いと感じてしまうかもしれない。

 KCP+も、KCP並みに成熟して「速すぎる」ほどのキーレスポンスを実現することを期待したい。

「NS01」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「NS02」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

「K001」のキーレスポンス

(ムービーはこちらからでも参照できます)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.