ニュース
» 2009年05月04日 12時32分 UPDATE

2008年携帯販売ランキング:2008年、最も売れたケータイは?――キャリア総合編 (1/2)

割賦販売制度の導入で買い換えサイクルが長期化したといわれる昨今のモバイル端末。その中でシェア争いを繰り広げる各キャリアの勢力図が、ランキングの結果から見えてくる。2008年、最も売れたケータイは? 各キャリアのランキング獲得数は?

[山田祐介,ITmedia]
キャリア総合ランキング(2008年1月〜12月)
順位 キャリア 製品名
1 NTTドコモ P906i
2 au Woooケータイ W53H
3 NTTドコモ P905i
4 au W61CA
5 au AQUOSケータイ W61SH
6 NTTドコモ N906iμ
7 NTTドコモ SH906i
8 NTTドコモ SH905i
9 ソフトバンクモバイル 812SH
10 NTTドコモ らくらくホンIV
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

 2008年のキャリア総合ランキングではNTTドコモの端末が6モデル、auの端末が3モデル、ソフトバンクモバイルの端末が1モデル、ランクインした。見事1位を獲得したのは、2008年6月に発売したドコモの「P906i」だ。同モデルは発売後たった1日の集計でドコモのランキングでトップを飾るという、センセーショナルなデビューを飾った。

 P906iは、キャリア総合ランキングでも、ソフトバンクの「iPhone 3G」にトップの座を奪われることもあったが、ドコモの冬モデルが上位を独占した11月中旬ごろまで、“最も売れているケータイ”として首位を獲得し続けた。発売当初の量販店での価格は、ベーシックコースの新規契約で4万2000円だった。

 P906iは“VIERAケータイ”として高性能なAV機能がウリの1つだったが、2位を獲得したauの「Woooケータイ W53H」も映像の表現力を訴求したモデルだった。同モデルは、日立製作所の携帯として初めて“Wooo”の名を冠したワンセグケータイで、ワイドQVGAの2.8インチ有機ELディスプレイを搭載。1月から7月中旬頃まで、auのトップ10の上位には常にW53Hの名があった。

 そして3位の「P905i」は、P906iの先代モデルであり、パナソニック モバイルコミュニケーションズが初めて世に出した“VIERAケータイ”だ。ディスプレイが横に開く「Wオープンスタイル」を採用したのも、同社の端末としてはこのモデルが初めてだった。

 さらに5位には「AQUOSケータイ W61SH」がランクインし、4位の「W61CA」を除き、テレビブランドの名を冠したモデルが上位を占めた。

 2008年は北京オリンピックが開催されたが、オリンピックの年はテレビの買い換え需要が拡大する傾向にある。携帯の販売においても、そうした“特需”があったのかもしれない――そう思ったのだが、「オリンピックのためにワンセグ対応端末に機種変更した人は1%」という調査結果がでており、あまり関係性はなさそうだ。やはり、ワンセグだけでなく、テレビブランドケータイが誇る多機能・高性能さがユーザーの心をつかんだのだろう。

 7位には「SH906i」、8位には「SH905i」とシャープ製のハイスペックモデルがランクイン。9位は“PANTONEケータイ”「812SH」が獲得した。年間を通して安定した販売を見せる「らくらくホン」シリーズからは「らくらくホンIV」が10位に入った。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.