コラム
» 2009年07月07日 21時50分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:最も電磁波が低いケータイはどれ?

ケータイなどの無線機器が発する電磁波の吸収率を示す「SAR値」をご存じだろうか。この数値、機種によって微妙に異なる。SAR値が最も低い機種は?

[田中聡,ITmedia]

 我々が普段使っている携帯電話は、微弱ながら電磁波を発している。普段あまり意識することは少ないだろうが、電磁波を発する機器を常時携帯することに、少なからず不安を感じる人も多いのではないだろうか。

 携帯電話の電磁波の安全性を確認する1つの基準として、「SAR値」という数値がある。「SAR(Specific Absorption Rate)」は「電波の比吸収率」を意味し、無線機器の電波を一定時間で人体がどれほど吸収するのかを示すもの。このSARの許容値は「2W/kg」に規定されており、携帯電話などの無線機器はSAR値が2W/kgを超えないよう義務づけられている。

 各携帯事業者はユーザーに安心してケータイを使ってもらうよう、端末ごとのSAR値をWebサイトで公開している(ウィルコムは各機種のスペックにSAR値を設けている)。このSAR値は機種ごとにどれほどの差があるのだろうか。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの2009年夏モデルとウィルコム4機種を含む32機種のSAR値を調べてみた。

 その結果、ウィルコム4機種がトップ4を独占し、SAR値はいずれも0.1W/kg台だった。ウィルコム端末の特徴の1つである「低電磁波」は、SAR値が証明しているといえる。また、この中では最もSAR値が低い「nicoハート」は、“THINKキッズPROJECT”の一環として低電磁波を訴求するモデル。“あんしん”にこだわった同機種の面目躍如といえる。

 ほかの機種については、「N-07A」(0.244W/kg)、「SH-06A」(0.337W/kg)、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」(0.382W/kg)、「misora」(0.386W/kg)も比較的SAR値が低い。一方、「Sportio water beat」「HT-03A」「F-08A」のSAR値は1W/kgを超えている。

現行機種のSAR値(低い順に掲載)
機種 キャリア SAR値(W/Kg)
nicoハート ウィルコム 0.115
HONEY BEE 2 ウィルコム 0.154
BAUM ウィルコム 0.171
WX340K ウィルコム 0.193
N-07A NTTドコモ 0.244
SH-06A NTTドコモ 0.337
Mobile Hi-Vision CAM Wooo au 0.382
misora au 0.386
G'zOne CA002 au 0.436
K002 au 0.44
P-08A NTTドコモ 0.472
SOLAR PHONE SH002 au 0.473
G9 au 0.522
T-01A NTTドコモ 0.523
N-08A NTTドコモ 0.541
N-09A NTTドコモ 0.541
930N ソフトバンクモバイル 0.541
N-06A NTTドコモ 0.558
933SH ソフトバンクモバイル 0.574
F-09A NTTドコモ 0.583
P-09A NTTドコモ 0.625
934SH ソフトバンクモバイル 0.638
P-10A NTTドコモ 0.659
SH-05A NTTドコモ 0.68
935SH ソフトバンクモバイル 0.688
931SC ソフトバンクモバイル 0.784
P-07A NTTドコモ 0.918
931P ソフトバンクモバイル 0.92
SH-07A NTTドコモ 0.939
Sportio water beat au 1.13
HT-03A NTTドコモ 1.21
F-08A NTTドコモ 1.44

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.