ニュース
» 2009年07月09日 19時16分 公開

「N-06A」「N-08A」「N-09A」のメールやバッテリーの持ちなどに不具合

ドコモはNEC製の「N-06A」「N-08A」「N-09A」に不具合があると告知。ソフトウェア更新で対応する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは7月9日、NEC製の「N-06A」「N-07A」「N-09A」の3機種に不具合があると発表。同日にソフトウェア更新を開始した。

photophotophoto 左から「N-06A」「N-08A」「N-09A」

 これらの機種で発生する恐れのある不具合は以下の2点。

  1. メール本文作成中に特定の文字を入力すると、電源が再起動する場合がある
  2. 使用状況によって、バッテリーの持ちが悪くなる場合がある

 1のケースでは、変換候補の最後に顔文字を含む文字を選択し、再度同じ(顔文字を含む)文字を入力した場合に、再起動することがあるという。

 新しいソフトウェアを自動でダウンロードし、あらかじめ設定した時間(初期設定では午前3時)に書き換えられる。待受時に「メニュー」→「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」から手動でも更新できる。

 ソフトウェア更新の所要時間は、N-06Aが約40分、N-08AとN-09Aが約34分。ソフトウェア更新にかかる情報料と通信料は無料。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう