レビュー
» 2009年11月18日 16時39分 UPDATE

写真で解説する「P-02B」

スピードセレクターを搭載したスライドタイプの「P-02B」は、高機能カメラの搭載に加え新サービスのオートGPSにも対応し、STYLEシリーズの中でもハイエンドなモデルに仕上がった。

[2106bpm(K-MAX),ITmedia]

 NTTドコモは2009年冬、2010年春商戦向けのラインアップとして合計10種類のSTYLE シリーズ端末を発表した。PRIMEシリーズは5機種、SMARTとPROシリーズはそれぞれ2機種と、圧倒的にSTYLEシリーズのバリエーションが多い。そんなSTYLEシリーズで、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製としては唯一となるモデルが「P-02B」だ。

 スライドボディを採用したP-02Bは、新サービスの「オートGPS」に対応しているほか、最大2.0MbpsのHSUPA対応、フルワイドVGA液晶や8Mカメラ搭載など、STYLEシリーズの中でも高機能なモデルとなる。同社製の端末では、どうしてもWオープンスタイルのモデルにスポットが当たりがちだが、2008年冬モデルの「P-02A」や2009年夏モデルの「P-08A」といった同社製のスライドモデルは、ポップな見た目に反してハイエンドな端末に仕上がっている。P-02Bはその最新モデルで、2010年2〜3月に発売する予定だ。

photophoto 本体のカラーバリエーションはピンク、グリーン、ブラック、ホワイトの4色展開で、メインカラーはピンク。ディスプレイ面の周囲には金属調のフレームが施されており、ポップな印象の中にもさりげない高級感を演出しているという
photo 端末の下部には、外部接続端子が搭載されており、その上に見える穴がマイクとなる
photo ダイヤルキーは押しやすさを意識したドーム形の形状を採用。ディスプレイの下にある円形のインタフェースが「スピードセレクター」で、ピンクの本体カラーのみ、中心の決定キーにハート型のイルミネーションがあしらわれている
photo 本体の右側面にはシャッター、メモ、マナーなどのサイドキーのほか、ワンセグ用のアンテナも搭載。左側面には、ストラップホール以外はなにもなく、すっきりとしている。厚みがあることに加え、サイドキーなどが配置されていないため、ワンセグを視聴する際など本体を横向きに立てて置く場合、非常に置きやすくなっている

 本体サイズは約112(高さ)×50(幅)×18.8(厚さ)ミリで、重さは約149グラム。約3.1インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)のTFT液晶は、発色数が26万2144色となる。ディスプレイ面はスピードセレクターのほかに、MENUキー、メールキー、カメラ/TVキー、iモード/iアプリキー、受話キー、終話キー、クリアキーが搭載されている。これらのキーは本体を閉じることでロック(誤動作防止)することが可能だ。また、ダイヤルキーはキーの中心部分が盛り上がった形状となっており、押しやすさに加え適度なクリック感がある。


photophoto 「スイングスライド」を採用しており、本体中心の湾曲したラインに沿ってスライドする(写真=左)。ワンセグ用のアンテナを伸ばしたところ(写真=右)

 本体の角部分やキーデザイン、カメラ周りのデザインなどは丸みを帯びており、角のない優しい印象を与えるデザインだが、全体的にはシンプルな長方形のフォルムとなっており、横向きに立てて置いた際には置きやすいだけでなく安定性が高い。

photophoto 本体の裏面はカメラ、LEDフラッシュ、スピーカー、赤外線ポート、FeliCaポートが搭載されている。側面側にBluetoothとmicroSDのプリントも目を引く(写真=左)。リアカバーを開けると電池パック、FOMAカードスロット、microSDカードスロットが搭載されている。電池パックは型番がP20、3.7V/800mAhのものが使用されていた(写真=右)
photo microSDカードスロットはリアカバーの内側に配置されているため、リアカバーを外して利用することになる

 本体の裏面からは、有効約810万画素のカメラに加え高輝度LEDフラッシュが顔をのぞかせる。外部メモリは16GバイトまでのmicroSD/microSDHCに対応した。

 前モデルP-08Aから進化したカメラモードは、今回新たにタッチパネルに対応した。各メニューの選択や決定をディスプレイに触れることで操作できるほか、撮影時はディスプレイにタッチした部分にピントが合わせられる。また、カメラの起動速度も向上しており、0.5〜0.6秒程度でカメラモードが起動する。これは前モデルのP-08Aと比較して「0.2〜0.3秒ほど速くなった」(説明員)のだという。

 また、“簡単・キレイに撮影”できる機能としてシーン自動判別機能「おまかせiA」が搭載されている。これはシーンモードを手動で切り替えずとも、カメラが自動的に撮影シーンを認識して設定を調節する機能だ。自動認識するのは「人物」「風景」「夜景」「夜景+人物」「接写」「標準」の6パターンとなり、認識したシーンモードに自動で切り替わる。撮影する際にはアイコンの表示でどの撮影シーンが有効になっているか確認できる。

photophoto 起動時の表示。「P-01B」のように強くアピールはしていないが、P-02Bも「VIERAケータイ」だ
photo カメラモードを起動し、横向き撮影での画面。今回から新たにタッチパネルに対応しており、タッチした場所にフォーカスがロックするようになっている
photophoto シーン自動判別機能「おまかせiA」を有効にすると、画面左上に「iA」のアイコン表示がされる(写真=左)。被写体に近付くと自動的に接写に切り替わった(画像=右)

 撮影した画像や、ダウンロードした画像はタッチパネルで操作する「タッチアルバム」で観賞できる。ディスプレイ上で指を左右になぞることで、画像がスクロールする。また、モーションセンサーによって、端末の向きに合わせて画像が縦表示・横表示に自動で切り替わる。

photophoto 「タッチアルバム」を選択した後、見たい画像ファイルの入ったフォルダを選択する(写真=左)。選択したフォルダ内の画像がサムネイルで表示される(写真=右)
photo 左右に指をなぞって画像を次々と表示させることが可能だ

 その他、スヌーピーのコンテンツを搭載している点もこの端末のセールスポイントだ。待受Flash、デコメピクチャ、電話発着信画像、メール送受信画像、マチキャラ、デコメ絵文字、電池・アンテナアイコン、デコメアニメ、デコメテンプレートと、多彩なスヌーピーコンテンツを用意した。待受Flashは歩数計と連動しており、歩数や消費カロリーが表示される。

photophotophoto 待受画像としてプリインストールされているスヌーピーコンテンツは2種類(写真=左)。1つは歩数計と連動した待受Flashで、歩数をカウントし表示する(写真=中央)。歩数だけでなくカロリー表示も可能だ(写真=右)。また、この待受Flashでは画面上をスヌーピーがさまざまなアクションを取って動き回る

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.