ニュース
» 2010年07月26日 16時58分 UPDATE

これからは「リアゲー」です――NHN Japan「Hangame ex 2010」で語られたこと

スマートフォン版「ハンゲーム」も7月26日から開始したNHN Japanは、本日「Hangame ex 2010」を開催。ハンゲームの新たな戦略となる「リアゲー」を発表した。

[ITmedia]

Android版「ハンゲーム」だけでなく、iPhone版もまもなくです

wk_100726nhn01.jpg 今日はスマートフォン版「ハンゲーム」の誕生日でもあり、加藤夏希さんの誕生日でもありました

 NHN Japanは7月26日、都内カンファレンス会場にて「Hangame ex 2010」を開催。ハンゲームにおいて現実とゲームを結び付ける「リアゲー」を展開することをはじめ、PC版やケータイ版「ハンゲ−ム」に続く、スマートフォン版の開設を発表した。この発表をもってハンゲームはオープンプラットフォームとし、コストダウンやAPIやオリジナルの開発ツールの提供を行い、独占タイトルについては高い利益配分をもって他メーカーの参入を呼び掛けた。

 「Hangame ex 2010」は、関係企業および報道関係者を対象とした発表会で、Extension(事業方向性共有)・Experience(体験)・Exhibition(新作展示)と、3つのエクス(EX)の意味を持つ発表会とアナウンスされていた。発表会では、NHN Japanが創業10周年を迎えるにあたり、今後の事業戦略、そしてそれに伴う新コンテンツの発表、プラットフォーム戦略などについて説明された。事前に開設されていた「Hangame ex 2010」特設サイトでは、Twitterと連動したコメント投稿機能を搭載し、発表会の模様がUstreamでライブ中継されていた。

 冒頭、NHN Japan代表取締役社長の森川亮氏は、NHN Japanが持つハンゲーム、ネイバージャパン、ライブドアについての事業内容を説明し、日本最大のクリエイター集団である強みを生かし、グループのシナジー効果でトップグループに食い込むべく、“リアルタイム”を重視するとの方針を発表した。ネイバージャパンに「トピック検索」があり、ライブドアには「ブログメディア」があるように、ハンゲームでは時間や場所、現象(天気)など“プレイヤーの今”を楽しさに変える「リアゲー」を展開すると明かした。

wk_100726nhn02.jpgwk_100726nhn03.jpgwk_100726nhn04.jpg

 例えば、ケータイでもPCでも楽しめる育成ゲーム「不思議な生き物 ねんどん」では、天気と連動しており、プレイヤーのいる地域で雨が降ると成長がしやすくなるなどゲームに“今”を反映した。こういった機能が入ることにより、自然に天気を気にするようになるし、もしかしたら天候を気にして場所を移動する人もいるかもしれないと森川氏は語る。これで「リアルベネフィット」を提供できるのではないかと考えたのだ。なお、「ねんどん」と天気との連動は本日7月26日から実施されている。

wk_100726nhn05.jpg 「不思議な生き物 ねんどん」は、粘土でできているので乾きに弱い。雨が降ると小躍りして喜ぶ姿が見られる

 また、新作「トライフルストーリー」(ケータイ及びパソコン版「ハンゲーム」と連動)は、場所(GPS)と時間に連動した機能を実装する予定のRPGだ(2010年9月リリース予定)。魔王軍(ケータイ)と勇者軍(PC)に分かれて戦う本作は、時間と場所と連動し、昼夜で軍勢が変わり、地域限定モンスターが出現する。

 発表会ではほかにも、場所・天気・時間と連動した機能を搭載した新プラットフォーム「イマコレ」を紹介。ゲームを通じてプレイヤーが獲得するカードが、実際に使用できるクーポンとして配布され、企業プロモーションとして活用できる事例を報告した。PIZZA-LAとのコラボではトッピングのコレクションカードを集めることで割引クーポンを獲得でき、限定アバターや抽選でエビマヨうきわが当たるキャンペーンなども実施される。こちらも本日から開始している。

wk_100726nhn06.jpgwk_100726nhn07.jpgwk_100726nhn08.jpg リアゲーを標榜するゲームタイトルは今後続々登場することになる

wk_100726nhn12.jpgwk_100726nhn13.jpg 左が「ワールドトラベラーズ」、右が「トライフルストーリー」のスクリーンショット

wk_100726nhn09.jpgwk_100726nhn10.jpgwk_100726nhn11.jpg 今回「イマコレ」とコラボすることになったPIZZA-LAとのキャンペーンの説明中には、実際に配達してもらう演出も

wk_100726nhn14.jpg

 前述したとおり、これまでサービスを展開してきたPC版「ハンゲ−ム」、ケータイ版「ハンゲ.jp」に続く、新たなサービスとして、スマートフォン版「ハンゲーム」のオープンを発表した。また、「ハンゲ.jp」のサービス名称を「ハンゲーム」に変更し、すべてのサービスを「ハンゲーム」という共通ブランドに統合することも公開した。なお、スマートフォン版「ハンゲーム」は、Android OS版が本日午後1時30分より開設しており、iPhone版についても近日オープン予定とのこと。


wk_100726nhn20.jpg すでにAndroid版のハンゲームはサービスを開始している

 さらに、PC・ケータイ・スマートフォン、すべてのハンゲームプラットフォームの外部開放も発表され、NHN Japanグループの総力をあげた圧倒的集客力と整備された開発環境、インフラ環境の提供など、参画企業がハンゲームにおいてコンテンツサービス展開を行う際に、積極的なサポートを行うプラットフォーム戦略を打ち出した。なお、パートナー登録の詳細などについては、本日オープンしたNHN Partners Centerに詳しい。

 1つのIDでPC、ケータイ、スマートフォンのすべてを利用できるあらゆるプラットフォームは世界初の試み。気になるコンテンツの誘致については、ライブドアとの協業によりインフラサービスを低価格で提供(初月無料+月額1万円)したり、運営ノウハウが集約されたAPIの公開、オリジナル開発ツール「GameOVEN」の提供、ハンゲームの独占に限り売上の80%をシェアする利益配分やその他支援など、手厚いゲーム開発環境支援を表明している。発表会の段階では戦略的に協力関係にあるパートナーが、70社に及ぶと明かされている。NHN Japanの取るべき道は“共存共栄”であるとしている。今後は未定ながら今までのローカライズの実績を活かしたグローバル展開も視野に入っていると発表会を締めた。

wk_100726nhn15.jpgwk_100726nhn16.jpgwk_100726nhn17.jpg

 発表会中盤には、スクウェア・エニックスのエグゼクティブプロデューサー三宅有氏とプロデューサー渡辺範明氏が登壇し、先日公開されたNHN Japanとの共同コンテンツWebブラウザゲーム「地球オークション」を紹介した。現在クローズドβテスト中の「地球オークション」は、近日オープンβテスト予定だ。

 発表会では加藤夏希さんをゲストに迎え、実際に「イマコレ」を体験。普段、ハンゲームも遊ぶことがある加藤さんは、「『リアゲー』ってだけを聞くとなんだか分からないけど、説明を聞くとなるほどと思いました」とコメント。アバターなどはコスプレみたいなもの。ゲームを現実に投影するのがコスプレであるならば、現実をゲームに投影するのがリアゲーなんじゃないかと(納得した)と発言した。なお、今日が誕生日の加藤さんのためにサプライズでハッピーバースデーのカードを表示するサプライズも。バースデーケーキでお祝いする場面もあった。

wk_100726nhn19.jpgwk_100726nhn18.jpg 「新しいサービスが開始される日に立ち会えたのがうれしい。今度は「イマコレ」でカードを集めてみたい」と加藤夏希さん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう