ニュース
» 2010年12月17日 17時01分 UPDATE

携帯販売ランキング(12月6日〜12月12日):Android端末「LYNX 3D」首位に――「iPhone 4」がトップ3から脱落 (1/5)

Android端末の投入により、携帯販売ランキングではスマートフォンの首位争いが激化している。2週連続でauの「IS03」が首位になったかと思えば、今回はドコモの「LYNX 3D」がトップに躍り出た。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年12月6日〜2010年12月12日
順位前回順位キャリアモデル
1位2NTTドコモLYNX 3D SH-03C
2位1auIS03
3位4NTTドコモGALAXY S
4位3ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
5位5ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
6位7NTTドコモP-07B
7位6NTTドコモF-01C
8位9aubeskey
9位12NTTドコモN-02C
10位8NTTドコモSH-01C

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「LYNX 3D SH-03C」

 キャリア総合ランキングでは、2週連続で首位を獲得したauのAndroid端末「IS03」が2位にランクダウン。首位を奪ったのは、前回2位だったNTTドコモのAndroid端末「LYNX 3D SH-03C」だ。

 シャープ製スマートフォンがワンツーフィニッシュを飾った今回のランキングだが、次週はドコモの富士通東芝製Android端末「REGZA Phone T-01C」が集計に加わり、上位をにぎわしてくれそうだ。都内量販店では売り切れている所もあるようだが、初登場で首位を飾るのだろうか。

 また、今回は前回4位の「GALAXY S」が3位に浮上したことで、トップ3をAndroid端末が占有する結果となっている。「iPhone 4」は4位、5位に収まっているが、次週以降も続々とAndroid端末が増える中、順位がどう変化していくか気になるところだ。

 Android端末のスタートダッシュが目立つ冬商戦、一方で下位5モデルを占めるフィーチャーフォンは、新旧端末が入り乱れた状態になっている。トップ10圏外からは、ドコモのスリム端末「N-02C」が9位にランクインした。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.