ニュース
» 2011年01月06日 20時19分 UPDATE

ドコモ、「i Bodymo」のパケット通信料で誤請求、料金を返還

ドコモの健康応援サービス「i Bodymo」で、2010年5月18日から12月13日までパケット通信料の過課金が発生していた。該当ユーザーには料金を返還する。

[富永ジュン,ITmedia]

 NTTドコモは1月6日、健康応援サービス「i Bodymo」で課金誤りが発生していたことを明らかにした。該当ユーザーには料金を返還する。

 今回の誤請求は、2010年5月18日から12月13日までの間、i Bodymo非契約のユーザーに対して、本来無料であるはずの、i BodymoのiモードサイトTOPページのパケット通信料が課金されていたというもの。想定返還対象者数は1万2000人、想定返還金額は約68万円。

 2010年9月14日から12月13日までの期間は、保存されている利用記録に基づいて今回の誤請求の対象となるユーザーを特定できるが、利用記録が保存されていない5月18日から9月13日までの期間は、ユーザーからの申告に基づいて契約状況の確認を行い、対象の可能性があると確認できた場合にパケット通信料を返金する。

 返還方法は、2011年4月請求分(3月利用分)以降の請求料金から、対象となるパケット通信料相当を差し引き、請求書のお知らせ欄で案内を行う。なお、ドコモ携帯電話を解約したユーザーについては、個別に返還方法を案内する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう