ニュース
» 2011年07月28日 15時42分 UPDATE

STYLEシリーズ:エレガント&フレンドリーデザインの「L-10C」、8月3日発売

NTTドコモは、エレガント&フレンドリーデザインを採用した韓LGエレクトロニクス製のSTYLEシリーズ端末「L-10C」を8月3日に発売する。ワンタッチキーやクリアボイス機能を搭載した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは7月28日、韓LGエレクトロニクス製のSTYLEシリーズ端末「L-10C」を8月3日に発売すると発表した。

 L-10Cは、アシンメトリー(左右非対称)デザインを採用した背面パネルが特徴のシンプルケータイ。背面はミラーパネル仕様になっており、サブディスプレイが浮かび上がるように表示される。ボディカラーはBlack、Magenta、Whiteの3色を用意した。

photo 「L-10C」

 ダイヤルキーは大きく押しやすいデザインを採用し、ディスプレイ上の表示を大きくする「拡大もじ」機能も備えた。また電話番号やメールアドレス、よく使う機能を登録できるワンタッチキーを4つ備えている。さらに相手の声が聞き取りやすくなるクリアボイス機能など、フレンドリーケータイとして、見やすく聞き取りやすい工夫が盛り込まれている。

 メインディスプレイは約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶を搭載し、カメラは有効約320万画素CMOS。おサイフケータイとiコンシェルに対応し、メニュー表示を日英韓の3カ国語に切り替えられるトリリンガル機能と、英語と韓国語の日常会話集なども収録した。通信機能ではFOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps/上り最大5.7Mbps)のほか、中国でも利用できるWORLD WING(3G+GSM)にも対応している。

「L-10C」の主な仕様
機種名 L-10C
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×106×15.5(最厚部17.4)ミリ
重さ 約115グラム
連続通話時間 W-CDMA:約220分、GSM:約180分
連続待受時間 3G:約420時間、GSM:約220時間
アウトカメラ 有効約320万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSDHC(別売/最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶 26万2144色
サブディスプレイ 約1.2インチ(128×96ピクセル)PMOLED(有機EL) 1色
ボディカラー Black、Magenta、White
主な機能 iコンシェル、おサイフケータイ、WORLD WING(3G+GSM)、HSDPA/HSUPA(下り最大7.2Mbps/上り最大5.7Mbps)、拡大もじ ほか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう