ニュース
» 2011年10月28日 19時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(10月17日〜10月23日):au版iPhone、首位に浮上 (1/4)

携帯販売ランキングのキャリア総合では、前回に続きiPhone 4Sが上位を独占した。前回はソフトバンク版iPhone 4Sが首位を獲得したが、今回はau版の順位が上昇し、1位、2位、4位を獲得している。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2011年10月17日〜2011年10月23日
順位前回順位キャリアモデル
1位3auiPhone 4S(32Gバイト)
2位6auiPhone 4S(16Gバイト)
3位1ソフトバンクiPhone 4S(32Gバイト)
4位5auiPhone 4S(64Gバイト)
5位4ソフトバンクiPhone 4S(16Gバイト)
6位2ソフトバンクiPhone 4S(64Gバイト)
7位7NTTドコモXperia acro SO-02C
8位8NTTドコモGALAXY S II SC-02C
9位10auXperia acro IS11S
10位9ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo iPhone 4S

 携帯販売ランキングのキャリア総合トップ10は前回に続き上位6モデルが「iPhone 4S」という結果になった。前回はソフトバンク版iPhone 4Sが1位、2位、4位を獲得したが、今回はそのポジションがそっくりKDDIと入れ替わっている。首位は、KDDI版の32Gバイトモデルだ。

 KDDIは現在、iPhone販売店舗の整備を進めている最中で、10月末までにauショップ全店での販売を実現させる方針。店舗の増加に伴って人気も上がっていくだろう。一方のソフトバンクも、孫社長の決算会見でのコメントによれば“予約購入者に在庫を回すのが手一杯”なほどの人気ぶりという。両社の順位争い、つばぜり合いが続くのか、それともどちらかが優勢となるのか――今後のランキング結果にも注目だ。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.