ニュース
» 2012年08月01日 12時36分 UPDATE

料金は「プランD」:ウィルコム、「HONEY BEE」スマホとPHSをセット販売 学割も提供

ウィルコムは、京セラ製の「HONEY BEE」スマホと、PHSのHONEY BEE 4のセットを発表した。セットのHONEY BEEスマホは下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」が利用でき、さらに3Gの音声通話も行える。

[ITmedia]

 ウィルコムは8月1日、京セラ製のPHS端末「HONEY BEE 4」(WX350K)とAndroidスマートフォン「HONEY BEE WX06K」のセット商品「HONEY BEEスマホセット」を発表した。発売は8月23日で、1日から事前予約を受け付ける。

photo 「HONEY BEEスマホセット」

 HONEY BEE WX06Kは、ソフトバンクモバイルが販売している「HONEY BEE 101K」のウィルコム版。下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応し、3Gによる音声通話も行える。パケット通信は定額制だが、通話料金は発信先を問わず21円/30秒の従量制となり、「だれとでも定額」は適用されない。そのほか、ドメインが「@wcm.ne.jp」というキャリアメールを利用でき、MNPによる電話番号の移行も行える。カラーはホワイトの1色のみ。

 HONEY BEE 4は、フルーツをイメージしたストレート型の音声端末。メールの内容から相手の気持ちを読み取り、その内容を予測してハチのキャラクターが待受画面で教える「エモーションメッセージ」機能を新搭載。さらにFlash Liteや待受画面のガジェットなどに対応し、動画撮影機能なども備えた。セットでは、ピーチピンク、ラズベリーピンク、シトラスと3色のボディカラーを用意する。

 料金プランは、ウィルコムのPHSと3Gのデュアル端末向け「ウィルコム定額プランD」の契約が必須で、これ以外は選択できない。プランDは、月額基本使用料980円とWEB接続料315円、3Gパケット定額5460円からなり、当面はオプションのだれとでも定額(月額980円)を無料で提供する。このほか、3Gの通話料金が従量課金されるほか、ユニバーサル料金が1回線分かかる。

 ウィルコムストアでのセット価格は、W-VALUE SELECTを利用した一括購入の場合で3万8160円。24カ回の分割払いでは月1590円だが、月1290円のW-VALUE割引が最大24カ月間(3万960円)続くため、2年間使う場合の実質負担額は300円×24カ月(7200円)になる。

22歳以下と学生を対象にした「学割パック」も提供

 ウィルコムはHONEY BEEスマホセットの発売に合わせて、22歳以下または学生を対象にした「学割パック」も提供する。

 学割パックでは980円の月額基本使用料を無料とし、プランDをWEB接続料315円+3Gパケット定額料5460円から利用できる。また端末の一括購入価格は3万8160円で標準価格と変更はないが、分割すると36回払いとなり月々の支払い額を1036円に設定。さらにW-VALUE割引を1855円×最大36カ月間(6万6780円)へと増額することで、プランDと合わせて月4980円からHONEY BEEスマホセットが利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.