ニュース
» 2012年08月24日 14時25分 UPDATE

シネックスインフォテック、コンパクトに収納できるBluetoothポータブルスピーカーを発売

シネックスインフォテックは、香港のオーディオブランド「Soundfreaq」のBluetooth対応ポータブルスピーカー「Sound Kick」を発売する。演奏時には大きく伸びる構造を採用している。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo Bluetooth対応ポータブルスピーカー「Sound Kick」

 シネックスインフォテックは、香港のオーディオブランド「Soundfreaq」のポータブルスピーカー「Sound Kick」を8月下旬に発売する。店頭想定価格は約1万2800円。

 Sound Kickは、Bluetooth機能付きのスマートフォンやタブレット、PCとワイヤレスで接続できるスピーカーで、配線を気にせずモバイル端末などのオーディオ再生ができる。BluetoothのプロファイルはA2DPに対応した。

 持ち運び時はコンパクトにまとまり、使用時にはキャビネットの容積を大きくして豊かなサウンドを実現する「XKICKスピーカーチャンバー構造」を採用。ステレオ音場を大きく広げる「UQ3」音響効果や、豊かな低音のためのJ-portアコースティックダクトを備えるほか、iPhone/Android端末へ給電・充電可能なUSB電源ポートも装備している。容量2200mAhのバッテリーを内蔵し、約3時間の充電で最大7時間の連続再生が可能だ。

 折りたたみのサイズは267(幅)×106(高さ)×40(奥行き)ミリで、重量は750グラム。Bluetooth仕様は、Bluetooth 1.2/2.0/2.1+EDR(Class2)。3.5ミリのステレオミニジャックによる外部入力もできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.