ニュース
» 2012年09月04日 14時54分 UPDATE

KDDI、「MOTOROLA RAZR IS12M」のソフトウェア更新を開始

モトローラ・モビリティ製のauスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」のソフトウェア更新が開始された。microSDXCカード(非対応)を取り付けた際に、microSDXC内のデータが破損する事象などが改善される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「MOTOROLA RAZR IS12M」

 KDDIが、モトローラ・モビリティ製のスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」のソフトウェアアップデートを9月4日から順次開始した。

 アップデート内容は以下のとおり。

  • microSDXCカード(非対応)を取り付けると、microSDXC内のデータが破損する事象を改善。
  • 移動中に通話が途切れる場合がある事象を改善。
  • Webtop接続状態でアプリを起動したときに表示される文言を変更。

 アップデートは3GかWi-Fi経由で行えるが、Wi-Fi経由が推奨される。更新ファイルサイズは約40.7Mバイト。更新時間は約16分。なお、今回のアップデートはAndroid 4.0へアップデートしたIS12Mが対象となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう