ニュース
» 2012年09月27日 16時29分 UPDATE

ドコモ、「GALAXY S III」「AQUOS PHONE ZETA」のソフト更新を開始

ドコモは、Androidスマートフォンの「GALAXY S III SC-06D」と「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」、USB接続のデータ端末「L-02A」のソフト更新を開始した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは9月27日、Samsung電子製「GALAXY S III SC-06D」と、シャープ製「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」のAndroidスマートフォン2機種と、LGエレクトロニクス製のUSB接続型データ通信端末「L-02A」のソフト更新を開始した。

 GALAXY S IIIのソフト更新では、動画撮影時に手振れ補正をオンにしても、手振れ補正が正常に動作しないという不具合を解消する。自動更新には対応していないので、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と選択して更新する。所要時間は約5分。また専用ソフトのSamsung Kiesを使い、PCに接続して更新することもできる。その場合の所要時間は約13分。

 AQUOS PHONE ZETA向けの更新では、画面ロック解除後に時計・インフォメーションウィジェットの時間がずれる場合や、電話帳機能利用時にまれに端末本体がフリーズする不具合を解消する。更新ソフトは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2時〜午前5時)に書き換えを行う。手動操作で即時更新することも可能だ。所要時間は約11分。

 L-02A向けのソフト更新では、海外の一部地域でまれに正常に通信できないという不具合を解消する。更新はPCに接続して行う、所要時間は約14分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.