ニュース
» 2012年11月29日 21時30分 UPDATE

auの「iPad mini」「iPad Retina ディスプレイモデル」、16Gバイトは実質0円

KDDIは、11月30日に発売するau版「iPad mini」「iPad Retina ディスプレイモデル」の端末価格を公表した。ともに16Gバイトモデルの実質負担額は0円。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは、11月30日に発売するApple製タブレット「iPad mini」と「iPad Retina ディスプレイモデル」のWi-Fi+Cellular版について、販売価格を公表した。

photophoto 「iPad mini」と「iPad Retina ディスプレイモデル」

 分割頭金は、2機種とも0円。iPad miniの一括販売価格と24回払いの分割価格は、16Gバイトが3万9600円(1650円×24回)、32Gバイトは一括4万7760円(1990円×24回)、64Gバイトは5万5680円(2320円×24回)。それぞれ月1650円の毎月割が最大で24カ月間続くため、2年間の継続利用を前提とした割引後の実質負担額は、16Gバイトが0円、32Gバイトが月340円×24回(総額8160円)、64Gバイトが月670円×24回(総額1万6080円)になる。

 iPad Retina ディスプレイモデルの価格は、16Gバイトが一括販売価格が5万3760円で、24回払いの分割価格は月2240円。32Gバイトは6万1680円(月2570円×24回)、64Gバイトは6万9600円(月2900円×24回)。これから、16Gバイトでは月2240円の毎月割が最大で24カ月間続くため、実質負担額は0円。また32Gバイトは、月2170円の割り引きが適用され実質負担は月400円×24回(総額9600円)、64Gバイトは月2110円の割り引きで実質負担は月790円×24回(総額1万8960円)と設定されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.