ニュース
» 2012年12月04日 21時10分 UPDATE

「しゃべってコンシェル」を応用:ドコモ、パイオニアと共同で自動車向け音声技術を開発

NTTドコモとパイオニアは、音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」の技術を応用した自動車向け音声意図解釈技術を共同開発。カーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」で、目的地検索やカーナビ操作などを音声指示できる新機能を追加する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモが、パイオニアと共同で自動車向けの音声意図解釈技術を開発した。

 今回のサービスは、音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」と、パイオニアの自動車向けコンテンツ配信技術や運転操作・機能の利用動向データを組み合わせて独自に最適化したもの。これにより「どこに車を停めたらいい?」といった自然な言葉による音声操作が可になる。

PhotoPhoto 自動車向け音声意図解釈技術(写真=左)と、「ドコモ ドライブネット」(写真=右)の利用イメージ

 本技術を活用したサービスとして、同社はドコモスマートフォン/タブレット向けカーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」へ、12月5日より音声で目的地検索やカーナビ操作などを指示できる新機能を追加。今後も新たな自動車向けサービスや、パイオニアが開発する車載器向けのコンテンツ開発を共同で進めるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.