ニュース
» 2013年03月12日 14時38分 UPDATE

携帯各社、東京メトロ千代田線と半蔵門線でサービスエリアを拡大

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセスの4社は、3月14日に東京メトロ千代田線と半蔵門線の駅間部分で携帯電話サービスのエリア拡大を行う。

[ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯電話4社は3月14日、東京メトロ千代田線と半蔵門線の駅間トンネル部でサービスエリアを拡大する。

 同日正午から、千代田線湯島駅〜二重橋前駅間と半蔵門線の渋谷駅〜永田町駅間で携帯電話のサービスエリアを開始。走行中の地下鉄車内でもネット接続が可能になり、メールやブラウザが利用できる。

 東京メトロではすでに以下の路線が駅間部分もエリア化されている。また2012年度中に全線全区間が携帯電話サービスの利用に対応する予定だ(連絡線設置工事中の有楽町線・副都心線小竹向原駅〜千川駅間は2016年度中の予定)。

  • 銀座線(神田駅〜渋谷駅)
  • 丸ノ内線(池袋駅〜新宿御苑前駅、新中野駅〜荻窪駅、中野新橋駅〜方南町駅)
  • 日比谷線(全区間)
  • 東西線(全区間)
  • 千代田線(綾瀬駅〜湯島駅、二重橋前駅〜代々木上原駅)
  • 有楽町線(要町駅〜新木場駅)
  • 半蔵門線(永田町駅〜押上駅)
  • 南北線(市ケ谷駅〜赤羽岩淵駅)
  • 副都心線(千川駅〜渋谷駅)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.