ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エリア拡大」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エリア拡大」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、ケーブル近くに置くだけで通信エリアを作れるアンテナ開発 5G・6Gの課題に光明
NTTドコモが、電波を伝送するケーブルの近くに置くだけで周囲を通信エリア化できるアンテナを開発した。2022年上期中に同アンテナを使った5G通信エリア構築の検証を始める。(2022/1/17)

1回300円から:
約2km圏内でライドシェア――WILLERの「mobi」がKDDIとの合弁事業に移行 全国展開を目指す
WILLERが全国3カ所で展開しているライドシェアサービス「mobi(モビ)」が、2022年1月からKDDIとの合弁体制で提供されることになった。同年4月には、WILLERとKDDIが共同で設立する新会社にサービスを移管し、さらなるエリア拡大を目指すという。(2021/12/22)

ポスト5G/6Gの通信エリア拡大へ:
産総研ら、140GHz帯メタサーフェス反射板を開発
産業技術総合研究所(産総研)は、大阪大学と共同で、「140GHz帯メタサーフェス反射板」を開発した。ポスト5G/6Gと呼ばれる次世代の移動通信において、電力消費を抑えつつ通信エリアの拡大が可能となる。(2021/11/30)

NURO Wireless 5G:
ソニー、個人向けローカル5Gサービスを来春提供 容量制限なしで月額5000円前後を予定
ソニーワイヤレスコミュニケーションズが、ローカル5G事業に参入する。個人ユーザーの集合住宅向けインターネット接続サービス「NURO Wireless 5G」を、2022年春頃から提供する。専用のアンテナを設置することでエリア化して、エリア内の各住戸に5G通信サービスを提供する。(2021/11/29)

ドコモとエアバス、成層圏から地上への電波伝搬実験に成功 山間部や離島などのエリア化を目指す
NTTドコモとエアバスは、高高度無人機(HAPS)を用いた成層圏から地上の受信アンテナへの電波伝搬実験に成功。この結果をもとに、通信エリア化が難しい山間部や離島、海上などでの通信サービス提供を目指す。(2021/11/15)

石野純也のMobile Eye:
4キャリアの決算が出そろう 大赤字の楽天モバイルは“包囲網”をくぐり抜けて黒字化なるか
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアと、モバイル事業に新規参入して1年半が経過した楽天の決算が出そろった。政府主導で行われた料金値下げの影響を受ける形で、大手3社の通信事業は減益に見舞われている。対する楽天は、楽天モバイルのエリア拡大が途上ということもあり、1000億円を超える大幅な赤字を計上した。(2021/11/13)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天のパートナーが抱える「基地局用地」と「周波数」問題――スペースモバイル計画に対する「疑い」への答えとは
楽天モバイルのLTE(4G)サービスは、1.7GHz帯でのみ提供されている。基地局の不足はもちろんだが、他社とは異なり900MHz帯以下の「プラチナバンド」を保有していないことがエリア展開面で不利に働いている状況だ。その状況を打開しうるのが、宇宙からエリア化を行う「スペースモバイル計画」だが、実現を疑問視する声もある。果たして、計画通りに実証実験を進められるのだろうか……?(2021/10/23)

ホンダ、新車購入用のオンラインストア開設 FITなどの人気車種をサブスク形式で利用可能に
ホンダがスマートフォンなどで新車を購入できるようオンラインストア「Honda ON」を開設した。オンライン上で購入に向けた商談や見積もり、査定、契約ができるようになる。サービス開始時は都内在住者が主な対象ユーザーだが、順次対象エリアを拡大する。(2021/10/4)

「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
スマートフォンの普及や5G通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。携帯電話大手は主に高齢者を対象にしたスマホ教室などで、4Gや5Gに対応した機種への乗り換えを支援しており、20年前に携帯電話に革新をもたらした3Gの終焉(しゅうえん)が近づいている。(2021/9/22)

段階的に:
「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
スマートフォンの普及や第5世代(5G)移動通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。(2021/9/21)

ソフトバンクの5G人口カバー率は10月末で80%に 「パケ止まり」対策も
2022年春までに5Gエリアの人口カバー率が90%に達するようエリア拡大を進めている。2021年10月末までに人口カバー率80%、基地局数2万局を達成する予定だという。5Gエリアの拡張期に起きている「パケ止まり」対策も行う。(2021/9/14)

XRコンテンや厳選動画を視聴できる「au 5Gチャンネル」、10月から提供
KDDIは、XRコンテンツやざまなチャンネルの厳選動画を楽しめる「au 5Gチャンネル」アプリを10月から提供する。5Gエリアマップの表示や、事前登録した生活圏が5Gエリア化された際の通知なども行う。(2021/9/13)

KDDI、山手線の車内で5G通信が可能に 全国主要80駅周辺の商業施設もエリア化
KDDIが札幌駅や名古屋駅など乗降者数が多い全国の主要80駅を5Gエリア化したと発表した。駅構内を含めた半径500m以内の商業施設までが対象。JR山手線と大阪環状線の車内、関東4路線の計47駅でも5G通信が使えるようになった。(2021/9/13)

au 5Gのエリアが拡大 鉄道沿線や商業地域など
KDDIが、au 5Gエリア拡大の取り組みを発表した。鉄道沿線(特にホーム)における5Gエリア化を進めた他、全国の80駅の半径500m以内の商業地域の5Gエリア化も推進したという。(2021/9/13)

狙った方向にミリ波を反射:
DNP、5G電波の到達エリアを広げる電波反射板を開発
大日本印刷(DNP)は、5G(第5世代移動通信)システムで用いられるミリ波帯(24GHz以上)の電波を、狙った方向に反射することで到達エリアを拡大できる「電波反射板(リフレクトアレイ)」を開発した。ビル陰など電波が届きにくい場所の通信環境を、低コストで改善することが可能となる。(2021/9/3)

森永の「ムーンライトクッキー」「チョコチップクッキー」をおうちで焼ける冷凍生地が登場 首都圏エリアで発売
SNSなどでの反響を受け、販売エリアを拡大。(2021/9/1)

5G電波を反射する板で通信エリア拡大、DNPが開発 景観に合わせデザインも変更可
DNPが5G電波を反射して、通信エリアを拡大できる反射板「リフレクトアレイ」を開発した。表面のデザインを変更でき、景観を崩さないという。2023年度の実用化を目指す。(2021/8/31)

“うなぎ蒲焼き味”の納豆、販売エリア拡大 ミツカン「金のつぶ」から
うなぎの蒲焼のような風味のタレがついた「金のつぶ」新製品の販売エリアが拡大。(2021/8/18)

ソフトバンクが6G開発に向けた計画を公開 空中含む「エリア100%」や量子コンピュータ対策も
ソフトバンクが7月14日、5Gの次世代通信を担う「6G」についての12の計画を公開した。社会インフラとして重要な役割を担うモバイル通信をさらに発展させ、山間部や海上などを含む地球全体を通信エリア化するという。2030年に実用化が予想されている量子コンピュータへの対策やCO2排出の「ネットゼロ」にも言及している。(2021/7/14)

石野純也のMobile Eye:
「鉄道路線5G化」で5Gエリアを急速に広げるKDDI “パケ止まり”対策でも先行
KDDIは東京の山手線全30駅および大阪の大阪環状線全19駅のホームに5Gの基地局を設置。同社は、利用者の導線に沿った5Gのエリア化を行っており、人口カバー率が90%に達する2021年度末までには、関東21路線、関西5路線に5Gを拡大していく予定だ。大手3社のエリア展開の方針を振り返りつつ、鉄道を中心に5Gのエリア化を進めるKDDIの狙いに迫る。(2021/7/3)

5Gのエリア整備の苦労は? KDDIが「鉄道路線5G化」に関する取り組みを説明
KDDIが、山手線と大阪環状線の駅ホームの「au 5G」エリア化を完了した。それに合わせて、同社は主に鉄道駅における5Gエリア整備に関する説明会を開催した。(2021/7/2)

海外用Wi-Fiルーターレンタル「グローバルWiFi」が5Gプランを提供開始
ビジョンは、海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」で容量無制限の5Gプランを提供開始。まずはハワイと米国本土でスタートし、順次韓国、中国などエリアを拡大していく。(2021/7/2)

KDDI、山手線&大阪環状線を5Gエリア化 「鉄道路線5G化」宣言も
KDDIは、JR東日本の山手線全30駅とJR西日本の大阪環状線全19駅の5Gエリア化を完了。鉄道路線を5Gエリア化する「鉄道路線5G化」宣言も行い、2021年度末までにJRと私鉄を含む関東21路線、関西5路線の5Gエリア化を目指す。(2021/6/30)

KDDI、山手線全駅のホームを5Gエリア化 今後は構内・車内も
KDDIが、JR山手線全30駅のホームを5Gエリア化。今後は2021年度末までにJR・私鉄を合わせた関東21路線のホームや駅構内・電車内のエリア化を目指す。(2021/6/30)

ソフトバンクが7月上旬から富士山頂で「SoftBank 5G」を提供 登山シーズン中
ソフトバンクは、7月上旬から富士山頂や山小屋における携帯電話のエリア化を行う。2021年は、富士山頂の一部エリアで「SoftBank 5G」を提供する。(2021/6/30)

KDDI、富士山頂を5G/4G LTEエリア化 7月上旬〜8月下旬
KDDIは、7月上旬〜8月下旬に富士山頂の5G/4G LTEのエリア化を実施。ワイヤ・アンド・ワイヤレス は、7月〜9月上旬に無料のWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を富士山の山小屋を含む47カ所で提供する。(2021/6/24)

新型バックスキャッタリングを考案:
東京工大、電源不要のミリ波帯5G無線機を開発
東京工業大学は、無線電力伝送で生成される電力で動作させることができる、「ミリ波帯5G中継無線機」を開発した。電源が不要となるため基地局の設置も容易となり、ミリ波帯5Gのサービスエリア拡大につながるとみられている。(2021/6/22)

人口カバー率99.9%以上を目指す 矢澤俊介副社長に聞く、楽天モバイルのエリア戦略
夏には4Gの人口カバー率96%を達成する見込みの楽天モバイル。人口カバー率96%達成後もエリア拡大は続け、99%超を目指していくという。4Gだけでなく、5Gのエリアも徐々に拡大する方針だ。そんな楽天モバイルのエリア戦略を、矢澤俊介副社長に聞いた。(2021/4/22)

新幹線の「列車公衆電話サービス」が6月30日終了 利用者減少と携帯電話エリア拡大を受けて
JR旅客鉄道5社が新幹線の車内で提供してきた公衆電話サービスが、6月30日をもって終了する。ただし、サービス終了に伴い設定変更が必要となるため、6月7日から順次サービスを利用できない列車(編成)が発生する。(2021/3/18)

JR東など5社、新幹線での公衆電話サービスを終了 全区間の通信エリア化受け
JR東日本など5社が、新幹線車内での公衆電話サービスを終了すると発表。各社が管轄する全ての新幹線路線で携帯電話を使った通話が可能になったためとしている。(2021/3/18)

ドコモとスカパー、39GHz/2GHz帯を利用した上空エリア化の実証実験
NTTドコモとスカパーJSATは、5G evolution/6Gでの上空エリア化実現に向けた電波伝搬測定の実証実験を実施。高速通信の提供が難しかったへき地、空、海上などへの通信エリアの拡大を目的としている。(2021/3/11)

ソフトバンク、4G周波数帯を転用した5Gサービス開始 東京・愛知でエリア拡大
ソフトバンクが、4G周波数帯の700MHz、1.7GHz、3.4GHz帯を転用した5Gサービスを東京都と愛知県の一部で始めた。(2021/2/15)

石野純也のMobile Eye:
5Gのエリア拡大とともに広がるミッドレンジスマホ ソフトバンクとauの戦略を解説
5Gのエリアが広がるとともに、端末のバリエーションも広がり始めている。当初はフラグシップモデルが中心だったが、2020年の秋冬ごろから徐々に5万円を下回るエントリーモデルが増えてきた。ソフトバンクとKDDIが、春商戦向けの安価な5Gスマートフォンを発表。両社の戦略を中心に解説する。(2021/2/15)

ソフトバンク、基地局の施工期間を6日→2時間に エリア拡大を高速化
ソフトバンクが、5Gアンテナの設置に掛かる時間を6日から2時間に短縮する施工方法を開発した。既存のアンテナ支柱を再利用し、コストを抑えながら5Gのエリア展開を迅速化する。(2021/1/22)

ソフトバンク、5G基地局のアンテナ増設を約2時間に短縮 「ポリマテリアル」の使用で
ソフトバンクとNEXTWAYは、基地局の支持柱の内部へ高強度の複合素材「ポリマテリアル」を用いた施工方法の開発に成功。早期のエリア拡大で課題となっていた既設の支持柱の強度不足の解消に繋がるとしている。(2021/1/22)

LINE、恋愛マッチングアプリ「HOP」全国展開 「友達の友達」とつながる
LINEと婚活サービスを手掛けるDiverseの合弁会社HOPが、恋愛マッチングアプリ「HOP」の提供を全国で始めた。これまでは東京都などで試験的に提供していたが、エリアを拡大した。(2020/12/24)

「Uber Taxi」、都内の提供エリア拡大 文京・台東など4区
(2020/12/16)

山形新幹線6トンネルで携帯電話が利用可能に 全国の新幹線でエリア化が完了
総務省は、山形新幹線の最後の工事区間である計6トンネルで携帯電話用基地局の設置工事を完了。12月15日から携帯電話サービスの利用が可能となり、これにより全国の新幹線の携帯電話エリア化が完了した。(2020/11/27)

新幹線全線が圏内に トンネル内含め全区間を通信エリア化
総務省は11月25日、現在営業している新幹線の全区間の通信エリア化が完了し、12月15日から全線で携帯電話サービスを利用できるようにする。(2020/11/26)

石野純也のMobile Eye:
「エリア拡大」「ZERO宣言」でユーザー増も、課題山積の楽天モバイル 有料化までに解消できるか
楽天モバイルの申し込み件数が160万を突破し、徐々にユーザー数が拡大している。自社回線エリアの拡大と各種手数料を無料化した「ZERO宣言」がじわじわと効いている印象だ。エリアについても前倒しで進めているが、不安がゼロになったわけではない。(2020/11/14)

JR東、「タッチでGo!新幹線」のエリア拡大 新青森や秋田も対象に
JR東日本が「タッチでGo!新幹線」の対応エリアを2021年春以降に拡大する。秋田や新青森でも利用できるようになる。(2020/11/12)

「Uber Taxi」、都内の提供エリアを2倍に拡大 「Go To トラベル」での利用見込む
Uber Japanが、タクシー配車サービス「Uber Taxi」の提供エリアを拡大。目黒区、品川区などでもサービスを展開する。「Go To トラベル」による旅行者や通勤シーンでの利用を見込む。(2020/11/9)

セブン-イレブンがアンカー製スマホアクセサリーを販売 年内に全国で
セブン-イレブン・ジャパンが、Anker製のスマートフォン用アクセサリーを全国のセブン-イレブンで販売すると発表。まずは都内で販売を始め、段階的にエリアを拡大する。(2020/10/19)

auは「iPhone 12」でどう攻めるのか? 既存周波数を5Gに使う意義は? 高橋誠社長インタビュー
KDDIは、iPhone 12シリーズに導入されるAPIを使い、5Gエリアでかつデータ容量無制限のプランに入っている場合のみ、動画などが高画質化・低遅延化される仕組みを導入する。同時にKDDIは、4Gからの周波数転用を活用して、5Gのエリア拡大のペースを上げていく方針だ。iPhone 12や5Gに対する意気込みを、高橋誠社長に聞いた。(2020/10/19)

多様な働き方:
ZHD、グループ会社社員に本社開放 「グループ間でオフィスの有効活用を」
Zホールディングスは、東京都千代田区にある本社オフィスの一部を全グループ会社に順次開放すると発表した。第1弾として、ZHD傘下のヤフーが運営するオープンコラボレーションスペース「LODGE」を開放する。今後は執務スペースなど利用できるエリアの拡大も検討する。(2020/10/1)

次期iPhoneはどうなる?:
3キャリアの社長も期待する“5G対応iPhone” 契約者+エリア拡大の起爆剤へ
次期iPhoneは5Gに対応する可能性が濃厚。Qualcommのモデムチップ「Snapdragon X55」を搭載すると予想され、ミリ波をサポートする可能性もある。5G対応iPhoneに合わせて、3キャリアの契約者やエリアの拡大を進むことも期待される。(2020/9/15)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが「なんちゃって5G」を優良誤認になると牽制――新周波数帯だけで「5Gエリア競争」に勝てるのか
NTTドコモが「5Gネットワーク展開戦略」をテーマにした記者説明会を開催した。他キャリアが熱心なLTE用周波数用の転用こそ否定しないものの、あくまでも5G用の帯域でのエリア化を重視する姿勢を示した。これで思い出すのが、LTEへの移行を急がなかった結果出遅れたドコモの姿だ。(2020/9/4)

太陽光:
実質100%再エネで生活可能に、オール電化向け太陽光×電力供給プラン登場
みんな電力と長州産業が、オール電化住宅を対象に、自宅で利用する電力を100%再生可能エネルギー由来にできる電力供給・太陽光発電の導入プランを共同開発。まずは東京エリアで提供を開始し、順次販売エリアを拡大していく方針だという。(2020/7/20)

7月10日から東海〜中国地方に拡大:
USJ、集客エリアを徐々に拡大 7月20日以降、全国から入場が可能に
ユー・エス・ジェイは、関西2府4県に限定していた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の集客対象エリアを拡大する。7月10日から関西に隣接する地方からの入場が可能となり、20日からは全国に拡大する。(2020/7/1)

携帯3社、東北新幹線・上越新幹線の全トンネルをエリア化
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは、7月23日から東北新幹線の新青森駅(手前)〜新青森駅間と上越新幹線の浦佐駅(手前)〜浦佐駅間のトンネル内で携帯電話サービスを開始。東北新幹線・上越新幹線の全区間のトンネル内でサービスが利用可能となる。(2020/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。