ニュース
» 2013年04月25日 08時09分 UPDATE

Nokia、QWERTYキーボード搭載のSeries 40端末「Asha 210」を発表

Nokiaが、QWERTYキーボードとソーシャルサービスボタンを搭載したSeries 40端末「Asha 210」を4〜6月に発売する。予想販売価格は72ドル。

[ITmedia]

 フィンランドNokiaは4月24日(現地時間)、予告していたQWERTYキーボード搭載端末「Asha 210」を発表した。プラットフォームとして「Series 40」を採用したフィーチャーフォンだ。

 asha 1

 予想販売価格は72ドルで、第2四半期(4〜6月)に発売する。具体的な発売地域については発表されていないが、製品紹介ページの各国ページへのリンクは主にアフリカ、欧州、中近東になっており、日本は含まれていない。

 asha 2 Asha 210のボタン/キーボード部分

 QWERTYキーボードには、Wi-Fiのオン/オフ、SIM切り替え(デュアルSIMモデル用)に割り当てられたキーもある。SIM切り替えは、NokiaのEasy Swap技術により、電源を落とさずにボタン1つでSIMを切り替えられる。

 キーボードの上には、ソーシャルサービスWhatsAppに1タップで投稿できるボタンも設置されており、ソーシャル機能に重点が置かれている。

 Asha 210の主な仕様は以下の通り。

「Asha 210」の主な仕様
機種名 Asha 210
OS Symbian 40
ディスプレイ 2.4インチ(320×240、169ppi)
CPU (不明)
RAM 32Mバイト
ストレージ 64Mバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
メインカメラ 200万画素
インカメラ なし
サイズ 111.5×60×11.8ミリ
重さ 99.5グラム
バッテリー容量 1200mAh(脱着可能、無線充電非対応)
ネットワーク Wi-Fi、GSM
黄、青、黒、赤、白

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.