ニュース
» 2013年06月21日 14時19分 UPDATE

ソフトバンク、イー・アクセス/ウィルコムとの通話も無料に 株主総会で孫氏が「やりましょう」

ソフトバンクの株主総会で孫正義氏は、現在ソフトバンクモバイルで提供している同社間の無料通話について、イー・アクセスやウィルコムの回線にも広げる考えを示した。

[平賀洋一,ITmedia]
photo ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏(5月7日撮影)

 ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は6月21日、同社の株主総会において、ソフトバンクモバイルとイー・アクセス、ウィルコムの3社間で無料通話を提供する考えを示した。

 株主から「グループ3社のシナジー効果を高めるため、3社間の無料通話を提供してはどうか。この場で“やりましょう”と言っていただきたい」という質問に対し、やや間を置いて「やりましょう」と回答。「今のでかなりお金がかかったなぁ……」と続けて会場の笑いを誘った。提供時期や方法などは未定。

 次世代の高速通信規格「LTE-Advanced」への取り組みについては、「LTE-Advancedは当然準備中。非常に優れた技術の進展が控えている」としたが、提供時期などは明らかにしなかった。関連して設備投資が2012年度と2013年度がピークになる点については、「設備投資で一番お金がかかるのは自前で鉄塔を建てること。これが来年度の半ばでほぼ作り終わる。あとはネットワーク機器の積み増し・入れ替えになるが、金額的にはそれほどではない。技術的には進化していくが、プラチナバンドや数多い基地局を使って、世界で最も進んだネットワークを作っていきたい」と説明した。

photo

 そのほか、「他社乗り換えサービス(MNP)の獲得数はKDDIがずっと1位だが、巻き返し策はあるのか」という指摘に対しては、「MNPは重要な項目の1つだが、それだけではない。MNPをしてもらうために価格競争をしているが、これをどこまでやればいいのか。乗り換え以外のユーザーや既存客も多くいるので、MNPだけの極端なサービスはアンフェアになる。その程度を見極めながら、我々なりにやっていきたい。特定の時期だけに突出したサービスを行って、バランスを崩すのはいかがなものかと思う」と述べた。

米Sprint買収は大詰め

 株主総会では2012年10月に表明した米Sprint Nextelの買収計画についても時間が割かれた。孫氏は「多くの株主から寄せられた質問の1つ」として、米国に進出する理由を改めて説明した。

 「米国市場は人口が日本の2.5倍、GDPは2.6倍、ケータイのユーザー数も2.5倍ある。世界で最もリッチで、進んでいる国が米国だ。その国で挑戦したい。進出の背景には、米国と日本では一番売れている端末がiPhoneとAndroidで共通していることや、通信方式がLTEで共通化した点も挙げられる。かつては日本だけが独自技術を使っていたが、現在はまったく同じ技術を使っている」(孫氏)

 そのSprint買収には、米国当局の認可が4つ(証券取引委員会、対米外国投資員会、司法省、米連邦通信委員(FCC))必要だが、「現在は3つまで許可が下り、あとはFCCの審査を待つだけ。今後も粛々と進める」(孫氏)と順調に進んでいると報告。

 また米衛星放送会社のDISH NetworkもSprint買収に名乗りを上げていたが、DISHは18日にSprintへの新しい買収案の提案を断念。一時はDISHの買収を支持していたSprint傘下のClearwireも20日に方針を撤回してソフトバンク支持に切り替えており、孫氏は「これで形勢は逆転した。順調に進めば7月上旬に買収は完了する」と語った。

 なお孫氏は、Sprint買収に失敗した場合に備え「プランBとして全米シェア4位のT-Mobile US買収も相当真剣に検討していた」と明かし、一部で報道されていた内容を認めた。

気になるSprint買収後 米国事業は成功するのか

 株主からは米国での事業は成功するのか? という質問もあり、孫氏は「ボーダフォンジャパンを買収した時よりは楽。だと思う」と回答した。

 その理由として、「(買収した2005年当時)ボーダフォンは契約数が完全に横ばいで、ユーザーごとの売り上げも真っ逆さまに落ちている状態だった。あと数年そのままなら、赤字に陥っていたと思う。しかしSprintはユーザーが増加傾向で、これを伸ばすのは楽かもしれない。またボーダフォンの業績は底だったが、Sprintはすでに底を打って反転している。リバウンド直後はさまざまな手を打ちやすい」と説明。

 さらに、「ボーダフォンの当時の端末は分厚くてアマガエルみたいだった。また日本でプラチナバンドを手にするまで6年かかった。しかしSprintは、iPhoneやGALAXY、HTC、Motorolaとすばらしい、魅力的な端末をすでに売っている。そして850MHz帯というプラチナバンドも持っていて、これも7月からサービスを始められる」と当時を振り返り、日本で培ったノウハウが生かせると自信をみせた。

 ソフトバンクがSprintの買収に成功すれば、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスと合計してグループの契約者数は9710万回線となり、全世界で第3位の携帯電話通信事業者になる。そのスケールメリットを生かし、コストの削減と設備投資の効率化も行えると補足した。

 「Sprintはユーザー数が(米国シェア1位と2位の)Verizon WirelessとAT&Tに比べて約半分。そのままでは端末の調達力も弱いまま。しかしソフトバンクが買収して日米3位になれば端末購入の購買力が上がる。また設備投資額は世界2位になり、インフラメーカーとの交渉力もアップする。最先端の設備を安く、速く仕入れられる。インフラ、ITコスト、解約率の削減、顧客サービスなど、営業費用も削減でき、その合計は年間で2〜3000億円になるだろう。これらはそのまま利益になる」(孫氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.