ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「株主総会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「株主総会」に関する情報が集まったページです。

全株式取得で完全子会社化:
ルネサス、米ソフトウェア企業のAltiumを8800億円で買収へ
ルネサス エレクトロニクスは2024年2月15日、PCB(プリント基板)設計ツールなどを手掛ける米Altiumを買収すると発表した。買収額は、約91億豪ドル(約8879億円)。2024年下半期の買収完了を予定する。(2024/2/15)

製造マネジメントニュース:
ニデック新社長は車載事業本部長の岸田氏、後継者候補の副社長から昇格
ニデックは2024年4月1日付の社長人事を発表した。ニデック 副社長執行役員の岸田光哉氏が社長執行役員(CEO)に就任する。(2024/2/15)

楽天の株主優待、全株主へ音声+データプラン(30GB)の1年間無償提供へ変更
楽天グループは、第27期 株主優待制度を変更。保有株式数と保有期間に応じて楽天モバイルのデータ通信専用eSIM(30GB)を1年間無料提供としていたが、全ての株主を対象に音声+データプランへ変更する。(2024/2/14)

Chatworkが社名変更 「kubell」(クベル)に
Chatworkが社名変更を発表した。7月1日に社名を「kubell」(クベル)に変える予定。「火に薪を『くべる』」から取った名前という。3月27日に開催する株主総会での承認をもって決定する。(2024/2/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
神社参拝で幸福度向上 経営者やリーダー層が神社に参拝すべき理由とは
初詣や厄除け、厄払いなど、何かと神社に参拝する機会は多いもの。実はその神社参拝が、幸福度の向上や仕事の成功に結びついているのかも……。社会心理学者の八木龍平氏が、神社参拝で得られる“ご利益”について話す。(2024/1/23)

IT企業が企画:
保護者が会社訪問? イマドキ「親子就活」の実態は
「親子就活」が知られるようになって久しい。東京のIT企業は内定者の保護者を会社に招待しオフィス見学ツアーを開催した。今どきの親子就活の実態とは?(2024/1/22)

日立造船、カナデビアへ カタカナ・アルファベットへの社名変更が増加中
社名をカタカナやアルファベットに変える企業が増え続けている。実態とかけ離れた社名を変更し、新たな一歩を踏み出す。(2024/1/5)

カタカナ・アルファベットへの社名変更が増加中、理由は?
社名をカタカナやアルファベットに変える企業が増え続けている。海外展開の強化や事業内容との整合性が主な理由だ。(2023/12/31)

コンテンツが湧き出る会社に:
糸井重里が「ほぼ日の株主総会」で語ったこと 採用に1000人が“殺到”
ほぼ日では新たな採用戦略「ほぼ日の大開拓採用」を打ち出し、1000人単位の応募があったという。今回は、同社の株主総会で糸井重里社長が語った、ほぼ日の今後の展望をレポートする。(2023/12/27)

糸井重里が語る「ほぼ日手帳の海外売上33%増のワケ」 売上高は過去最高
ほぼ日の2023年8月期の決算は、売上高が68億1842万円で過去最高となった。純利益も4億1191万円で増収増益。主力商品『ほぼ日手帳』の海外販売の増加が好調な業績をけん引した。(2023/12/26)

製造マネジメントニュース:
テルモ新社長の鮫島光氏が会見「縦糸と横糸を細かく紡いで総合力を引き出す」
テルモが2024年4月1日付で新たな社長 CEOに就任する鮫島光氏の就任会見を行った。鮫島氏は、2017年から約7年間トップの任にあった代表取締役社長 CEOの佐藤慎次郎氏からバトンを引き継ぐことになる。(2023/12/20)

製造マネジメントニュース:
東芝が新経営体制を発表、トップを継続する島田氏は分社会社4社の社長も兼任
東芝は2023年12月22日開催予定の臨時株主総会に合わせて新たな経営体制に移行する方針を発表した。(2023/12/15)

社長就任は突然に 文明堂の婿経営者はいかにして老舗企業を変革したのか
老舗企業を「婿経営者」として承継し、複数社の経営統合やコロナ禍での売り上げ減という問題に立ち向かった文明堂東京の宮﨑社長が、内田洋行が開催したイベント「UCHIDA ビジネスITフェア2023」に登壇し、変革の舞台裏について語った。(2023/12/1)

「幸楽苑」が6年ぶりに正月営業する理由とは? 「“働く人の気持ち”は大事だが、雇用を守ることも大事」
2018年度の年末年始、売上を失ってでも「働く人の気持ち」を守ることが大切と新聞広告を打って以来、正月はお休みしていた。(2023/11/23)

生成AIスタートアップの挑戦:
声で指示すると企画書完成 “トンマナ”まで再現できる生成AIツールとは?
連載「生成AIスタートアップの挑戦」第9回は、メディア制作・運用を起点としたB2Bマーケティング支援を手掛けるスタジオユリグラフ(沖縄県名護市)を取り上げる。(2023/11/7)

生成AIスタートアップの挑戦:
急増するインバウンドに商機 100社以上に導入された「多言語対応AI」サービスとは?
コロナ禍が明け、インバウンド市場が再び拡大していくことが予想される。多言語DX事業やAIチャットボット事業を手掛けるObotAIはどんな勝算を描いているのか。ObotAIの北見好拡社長に聞いた。(2023/11/1)

生成AIスタートアップの挑戦:
問い合わせ0件→60件に 自社メディアの記事を“爆増”させた「ChatGPT研修」の実力
「生成AIスタートアップの挑戦」第7回は、生成AI教育のCynthialy。同社の生成AI活用研修を受講し、Webサイト流入を3倍、問い合わせを0件から60件に伸ばした企業もあるという。その研修の中身とは――。(2023/10/31)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
非公開化が決まった東芝は“One Toshiba”を目指す
紆余曲折あった東芝ですが、今回の非公開化を契機に一体感を持って前に進んでいってほしいところです。(2023/10/26)

Blu-rayディスクなどを生産:
パナソニックが津山工場を閉鎖へ
パナソニック コネクトは2023年10月2日、Blu-rayディスクなどの光ディスクを生産していた津山工場を閉鎖すると発表した。Blu-rayディスクの生産は2023年2月に終了していて、同工場は2024年3月末をめどに閉鎖する。同工場については、今後、社外での活用を検討していくという。(2023/10/3)

工場ニュース:
パナソニックコネクトがBlu-rayディスクの津山工場を閉鎖、今後は社外で活用検討
パナソニック コネクトはBlu-rayディスクなどの生産拠点だった岡山県の津山工場を2024年3月をめどに閉鎖すると発表した。(2023/10/3)

生成AIスタートアップの挑戦:
法律相談、人間よりAIの方がしやすい? リーガルアイが目指す司法の“創造的破壊”
法律相談は実際の人間には相談しにくい――。そんな問題意識から、生成AIを活用したAI法律相談サービスを提供しているリーガルアイ。同社が描く「AI司法」の形とは。(2023/9/29)

生成AIスタートアップの挑戦:
AIが「仕事の相棒」を生成 DX支援するAI insideの実力は?
第5回で取り上げるのは、AIエージェント「Heylix」を開発・提供するAI inside。Heylixは、生成AI・予測AI・画像認識AIなどのテクノロジーを掛け合わせて、ユーザのあらゆるタスクを自律的に支援してくれるAIの相棒「Buddy」を生成する。ユーザーはバディの支援により、あらゆる業務を自動化し高度なDXを実現できるという。(2023/9/28)

生成AIスタートアップの挑戦:
生成AIの業務導入が失敗するワケ 新興ABEJAが提案する活用プロセスとは
独自のAIを開発し、企業のDX支援などを手掛けるABEJA。従来のDX手法に生成AIを組み合わせることで、どのような効果を生み出すのか――。(2023/9/27)

生成AIスタートアップの挑戦:
生成AI、司法試験で「合格水準」 東大発リーガルテックの技術力
東大発のリーガルスケープは、米オープンAIが開発した大規模言語モデル「GPT-4」をベースに、リーガルリサーチに特化した対話AIを開発。日本の司法試験の短答式試験の一部領域で、例年の合格正答率(約60%)を上回る78.6%の正答率を記録するなど、大きな注目を集めている。(2023/9/26)

EXILE HIRO、LDH JAPANの代表取締役社長に復帰へ 「自分自身が先頭に立って推進していくために」
LDHの新たなパーパス「Circle of Dreams」を推進。(2023/9/25)

鳥貴族ホールディングスが社名変更 「エターナルホスピタリティグループ」に
2024年5月1日から変更の予定。(2023/9/22)

株主から78.65%の応募:
東芝TOBが成立、年内にも上場廃止へ
日本産業パートナーズ(JIP)をはじめとする国内連合による東芝のTOB(株式公開買い付け)が成立した。株主総会などの手続きを経て、2023年内にも上場廃止となる見通しだ。(2023/9/22)

生成AIスタートアップの挑戦:
生成AIの”真のポテンシャル”とは 新興Spiral.AIが目指す「業務改善」以外の使い方
新連載「生成AIスタートアップの挑戦」第2回は、大規模言語モデル(LLM)開発に取り組むSpiral.AIを紹介する。(2023/9/22)

日本テレビ、スタジオジブリ子会社化 背景に後継者問題
日本テレビは『となりのトトロ』などの製作元として知られるスタジオジブリを子会社化したと発表した。宮崎駿氏など創業メンバーの高齢化が進む中、スタジオジブリが日テレ傘下入りを決めた背景には後継者問題があるという。(2023/9/21)

人気作をリメイク:
新作「ペーパーマリオRPG」2024年に発売 7年目突入のSwitch需要喚起
(2023/9/14)

新連載「生成AIスタートアップの挑戦」:
ChatGPTで株主総会の想定問答を自動生成 エクサウィザーズの強みは?
新連載「生成AIスタートアップの挑戦」の第1回は、AIを利活用したサービス開発を手掛けるエクサウィザーズを取り上げる。株主総会や決算説明会における想定問答の作成を支援するexaBase IRアシスタント powered by ChatGPTなどを提供するスタートアップだ。(2023/9/14)

製造マネジメントニュース:
ウーブンバイトヨタのカフナー氏がCEO退任、今後はトヨタのシニアフェローに
トヨタ自動車は子会社であるウーブン・バイ・トヨタの役員体制の変更を発表した。(2023/9/8)

女性活躍は本当に進んでいる? 「経営」に関わる取締役が全然増えていない“悲しい実情”
(2023/9/1)

コロナ禍でも過去最高の売上を記録! 全米50州を1年掛けて行脚したアイコム 中岡社長が大切にするもの
新型コロナウイルスの5類感染症変更など、世の中の環境、経済状況や社会情勢が激変する昨今。続く円安や物価上昇の中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第7回はアイコムだ。(2023/8/29)

“東芝の念願”TOBが新たな苦難の始まりになる理由
日本産業パートナーズ(JIP)などによるTOBが始まり、上場廃止に向けて動き出した東芝。世間を震撼させた不正会計発覚から8年。上場廃止を選ばざるを得なくなった一連の経緯に加え、TOBの行方と今後の見通しを考察する。(2023/9/3)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
孫正義氏の「人生の汚点」 WeWorkに100億ドル投資の「判断ミス」はなぜ起きたか
世界各地でシェアオフィスを提供するWeWork。ソフトバンクグループの孫正義氏は計100億ドルほどを投じたが、相次ぐ不祥事と無謀なビジネスモデルによって、同社の経営は風前のともしび状態だ。孫氏自身も「人生の汚点」と語る判断ミスはなぜ起きたのか。(2023/8/21)

PayPal、シュルマンCEOの後任にIntuit幹部のアレックス・クリス氏を任命
PayPalは、2月に退任を表明したダン・シュルマン社長兼CEOの後任に、Intuitの幹部、アレックス・クリス氏を任命した。クリス氏は9月27日に就任する。(2023/8/15)

ユーザーの心理:
“Twitterキラー”スレッズ、関心はピークの50分の1 不満溢れる「X」が意外に順調なワケ
Twitter(X)ユーザーは突然の名称変更、ツイートの閲覧制限などイーロン・マスク氏に翻弄されてきた。米メタの対抗サービスThreadsに注目はあつまったものの、現在の関心は下火なようだ。「大移動」は起こらずいまだにXに残り続けるユーザーの心理は。(2023/8/3)

工場ニュース:
300mmシリコンウエハーの新工場を群馬県に建設、2025年7月に完成へ
半導体材料加工メーカーの三益半導体工業は300mmの最先端シリコンウエハーを製造する新工場を建設する。(2023/7/31)

JTは法務部門をどう変えたのか リーガルテック導入の先駆者が語る「攻めの法務」になる秘訣
規制の厳しいたばこ製品を世界各地で展開しているJT。同社の“要”といえるのが法務部門だろう。同社ではDX推進が叫ばれる何年も前からリーガルテックを導入し、業務効率化を図ってきた(2023/7/25)

素材/化学メルマガ 編集後記:
ペーパーレスの現在地について考える
ペーパーレスについてつらつら語っています。電子書籍などの販売数が増え、書店がなくなるのは悲しいと思う派です。(2023/7/24)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
北総鉄道、前年の“大幅値下げ”後に「赤字447億円」を完済 実現できた理由は?
北総線がピーク時の「赤字447億円」を完済。22年の10月に「通学定期を最大64.7%引き下げ」「普通運賃を最大100円引き下げ」という運賃改定に踏み切り、話題を呼んだ。なぜ今の今まで、劇的に運賃を下げられなかったのか。(2023/7/14)

NEWS Weekly Top10:
こんなに普及するとは 「空調服」誕生から約20年、香取慎吾デザインモデルも出た
7月に入り、都内の気温は30度を超える日が増え、空調服が活躍する季節になった。空調服は、長袖の服の背面に2つのファンを搭載し、服の中に風を送り込むことで体を冷やしてくれるもので、2004年に発売された。(2023/7/3)

任天堂社長、次世代機への移行に言及 ニンテンドーアカウント活用へ
任天堂の古川社長が次世代機への移行に言及。「ニンテンドーアカウントを活用しながらうまく移行していただけるように努めたい」と述べた。(2023/6/28)

任天堂の株主は18万人超 株式分割で約4倍に 優待は?
株式分割で任天堂の株主数が急増。23年3月末時点で約18万7000人と、前年同期の約4倍に。(2023/6/27)

任天堂、株式分割の方針を開示 株主総会では“スプラ質問”騒動
任天堂が投資単位の引き下げについて開示。23日の株主総会で、個人株主から「スプラトゥーン」シリーズへの熱い要望が長々と語られるなどし、賛否が起きていた。(2023/6/27)

ドコモショップでの“あなただけの特別価格”がオンラインショップと同額? NTT株主の疑問から考える
「あなただけの限定クーポンを適用したのに、オンラインショップの価格と変わらなかった」――NTT株主の質問の背景を考察してみる。(2023/6/22)

「改悪」の声多数:
PayPay「他社クレカ停止」、2025年1月に延期 「ユーザーを困惑させ反省」
PayPayが他社製クレジットカードを決済に利用できないようにする措置を見直すと発表。8月に予定していた期限を2025年1月に延期する。他社クレカ排除となったことで「改悪」など批判が集中していた。(2023/6/22)

PayPay、他社クレカ締め出し延期 25年1月から 「ユーザーを混乱させ反省」
PayPayは22日、他社クレジットカードによる決済を停止する期日を2025年1月に延期すると発表した。(2023/6/22)

Starlinkの衛星通信で「KDDIの仕事がなくなるのでは?」 株主総会で心配の声
KDDIが6月21日、第39期定時株主総会を開催。高橋社長は2022年7月の通信障害に関して改めて謝罪をして、通信基盤強化に向けた取り組みが予定通り完了していることを報告した。衛星通信のStarlinkとの取り組みも紹介したが、株主からは「KDDIの仕事がなくなるのでは?」と心配の声が挙がった。(2023/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。