ニュース
» 2013年07月02日 11時12分 UPDATE

Android向けアプリの脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズが、セキュアコーディングガイドに準拠したAndroid向けアプリかを診断する脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」のオンライン販売を開始した。無料お試し版も提供している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズは、Android向けアプリの脆弱性検査ツール「Secure Coding Checker」のオンライン販売を7月1日より開始した。

Photo 「Secure Coding Checker」の利用イメージ

 Secure Coding Checkerは、Android向けアプリが一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)の「Android アプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」に準拠したものかを診断するツールだ。アプリのAPKファイルをスキャンすると脆弱性の有無に加え、違反箇所ごとにガイドへのリンクを表示するため、アプリケーションの迅速な修正と安全性の向上が図れるという。

 サービスプランは、個人向けおよび3種類の法人向けを用意している。個人向けは対象アプリ数が月1件で月額1000円、法人向けは月10件〜で年額50万円〜もしくは月額5万円〜。法人向けにはエビデンス出力機能も備わっている。なお、同社ではAndroidアプリの脆弱性簡易検査、簡易検査結果サマリの確認、簡易検査で検出した違反項目(一部)の確認が行える無料お試し版も提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.