ニュース
» 2013年07月09日 12時20分 UPDATE

フロントガラスにスマホのカーナビ情報を映す無線端末、Garminが発表

GPSメーカーのGarminが、カーナビアプリをインストールしたiPhoneやAndroid端末とBluetoothで接続し、車のフロントガラスに道案内画面を映写する端末を、今夏に129.99ドルで発売する。

[ITmedia]

 GPSサービスを手掛ける米Garminは7月8日(現地時間)、同社のスマートフォン向けカーナビアプリの情報を車のフロントガラスに映写するBluetooth端末を今夏に発売すると発表した。製品名は「Head-Up Display(HUD)」となっており、価格は129.99ドル。

 garmin 1

 有料のiPhoneアプリ「Garmin StreetPilot」あるいはiPhone、Android、Windows Phone 8アプリ「NAVIGON」(いずれも日本では未発売)をインストールしたモバイル端末とBluetoothで接続し、道案内情報、目的地への到着予定時間、時速などの情報をフロントガラスに表示する。明るさのレベルを自動調節するので、直射日光下や夜でも見やすく表示されるという。サイズは10.8×8.8×1.9センチで重さは277グラム。

 garmin 2

変更履歴:記事タイトルで社名のGarminがGerminになっておりました。お詫びして訂正します。[2013/7/9 18:30]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.