ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Garmin」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Garmin」に関する情報が集まったページです。

ガーミン、水中で心拍計測できるGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を1月30日に発売
ガーミンジャパンはがGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発売する。その名の通り、スイミングに関するさまざまなな指標を計測・保存できる「スイミングモード」を搭載していることが特徴だ。(2020/1/16)

ガーミン、水泳用の新型スマートウォッチ「Garmin Swim 2」発売 泳ぐスピードなど計測可能 3万2780円
ガーミンジャパンが、スイミング用の新型スマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発表。水泳を趣味とする人や水泳選手向けのモデル。クリティカルスイムスピード(全力で泳いだ場合の速度の平均値)の計測機能を備える。(2020/1/16)

CES2020:
中国発の超大画面インフォテインメント、アプリ開発者向けプラットフォームを公開
中国の電気自動車(EV)ベンチャーBYTONは2020年1月5日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のプレスカンファレンスにおいて、2020年から量産を開始するSUVタイプのEV「M-BYTE」を北米で初披露した。北米での販売価格は4万5000ドル(約486万円)を予定している。BYTONは日産自動車やBMWのOBが立ち上げた。(2020/1/7)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(11月編):Huaweiは「Google」を続けられるか?/“おトク”だけでスマホ決済は広がるのか?
5月に米商務省産業安全局の「エンティティリスト」に収載された中国Huawei(華為技術、ファーウェイ)とその関連企業。その影響で、新機種にGoogle関連アプリとシステムソフトウェアを搭載できない状態となっています。今後、この問題はどのように推移するのでしょうか……?(2019/12/30)

ガーミン初、ソーラー充電に対応したスポーツ向けGPSウォッチ発売 GPSや心拍計も搭載
ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売する。同社初のソーラー充電モデルだ。(2019/12/17)

ガーミン、ソーラー充電付きGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」12月19日発売 13万円〜
ガーミンジャパンは、12月19日にマルチスポーツGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売。同社初のソーラー充電機能を備え、スマートウォッチモードで合計約24時間分の充電が可能となる。(2019/12/12)

Mobile Weekly Top10:
新しいファーウェイスマホに「Google」は載せられるのか/料金だけが焦点ではない楽天モバイル
米商務省による制裁で、新しく開発されたスマートフォンにGoogleアプリをプリインストールできない状況にあるファーウェイ。今後、どうなるのでしょうか……。(2019/11/21)

ガーミン、タフネスGPSアウトドアウォッチ「Instinct Tide」「Instinct Tactical」を発売 11月13日から予約受付
ガーミンジャパンが、11月20日にGPSアウトドアウォッチ「Instinct」のラインアップを拡充する。予約受付は11月13日から行う。(2019/11/11)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

ヤフー、「ルートラボ」終了へ 地図ラボ「LatLongLab」10年間の歴史に幕
ヤフーは「LatLongLab」を2020年3月末に終了すると発表した。LatLongLabで提供してきた「ルートラボ」など6サービスは、3月末に閉鎖する。(2019/7/3)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1」に立ちはだかる「iPhone 8」/5Gスマホの“中身”は?
比較的好調な売れ行きを示す「Xperia 1」。しかし、販売上のディフェンディングチャンピオンである「iPhone 8」の牙城は崩せずにいます。(2019/7/2)

"腕”を取り合う競争の勝者は? 睡眠の質を測る腕時計がポラールから
各種センサーを備えた腕時計が、ウエアラブルデバイスの本命として盛り上がってきている。10万円を超える高級腕時計市場をめぐる争いがある一方、スポーツなど特定用途向けのGPSウオッチの進化も続く。フィンランドのポラールはスポーツウオッチに睡眠の質を計測する機能を盛り込んだ。(2019/6/26)

ついに日本でも展開:
GPSプロウォッチ「MARQ」コレクションで高級ウェアラブル市場に参入 ガーミン30周年目の挑戦
ガーミンジャパンがGARMINの創業30周年記念を記念して“GPSプロウォッチ”の「MARQ(マーク)」コレクション5モデルを発表、6月24日から発売する。価格は21万円〜33万円(税別)だ。(2019/6/25)

高級腕時計市場に挑むガーミン GPS技術で“プロ”訴求
自転車や登山、ランナー向けのGPSウォッチとして有名なガーミンが高級腕時計に参入。20万円を超える価格は果たして受け入れられるか。(2019/6/24)

前後2カメラで録画できるドライブレコーダー「Garmin Dash Cam 46Z」、6月20日に発売
ガーミンジャパンは、6月20日にドライブレコーダー2モデルを発売。前後を録画できるフロント/リアカメラのセット「Garmin Dash Cam 46Z」と、リアカメラのみの「Garmin Dash Cam Mini」を提供する。スマホアプリで撮影した映像をすぐに確認できる。(2019/6/6)

ガーミンジャパン、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete 245/245 Music/945」を発表
ガーミンジャパンは、5月16日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズから「ForeAthlete 245」と「ForeAthlete 245 Music」を発売。また、6月上旬に「ForeAthlete 945」も発売する予定。緊急時などに選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」も新搭載した。(2019/5/9)

製造IT導入事例:
作業者の安全性向上に貢献、IBMとウェアラブル各社が協業
IBMは、Garmin Health、Guardhat、ミツフジ、SmartConeと協力し、同社の「IBM Maximo Worker Insights」を活用した作業者の安全監視支援を実施すると発表した。各社のデバイスなどと組み合わせ、作業者の安全性管理基盤の強化を目指す。(2019/3/18)

Garmin、ハイエンドスマートウォッチシリーズ「MARQ」 1500ドル(約17万円)から
Garminが約17万円からのハイエンドスマートウォッチシリーズ「MARQ」を4〜6月期に発売する。筐体はチタン製でセラミックのベゼルインレー、ディスプレイはサファイアクリスタル。iOSおよびAndroid端末と連携する。(2019/3/15)

グローブ着用でタッチ操作もできるバイク専用ナビシステム「zumo 396」
ガーミンジャパンは、バイク運転向けに設計されたナビシステム「zumo 396」を発表した。(2019/1/10)

今日のリサーチ:
「FiNC」「からだメイト」他、ヘルスケア&フィットネス系アプリの利用実態――電通デジタルとフラーが調査
スマホユーザーの約3割がヘルスケアやフィットネス系のアプリを所持していることが分かりました。(2019/1/10)

ガーミン、MILスペック準拠のタフネスGPSアウトドアウォッチ「INSTINCT」11月15日に発売
ガーミンジャパンがGPSアウトドアウォッチを発売する。米国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性能を備え、スマートウォッチとしての機能も充実している。3色展開で、価格は3万2800円(税別)だ。(2018/11/1)

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売
GPSサービスのGarminが、耐久性重視のタフネススマートウォッチ「Instinct」を発売した。米国防総省MIL規格準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備え、価格は299.99ドル(約3万3600円)だ。(2018/10/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch Series 4」を試して分かった“iPhone以上の大進化”
「XS」「XS Max」「XR」といったiPhoneの新モデルに注目が集まっているが、実は最も進化し、今後われわれの生活を大きく変えていく可能性があるのは「Apple Watch」なのかもしれない。そう予感させる新モデル「Series 4」を発売前に試したレポートをお届けする。(2018/9/19)

IDC Japan:
ウェアラブルデバイスの世界出荷台数、2022年に1億9976万台
IDC Japanは、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。(2018/8/22)

ウェアラブルニュース:
2022年のウェアラブルデバイス出荷台数は、全世界で1億9976万台を予測
IDC Japanは、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。2018年の全世界の出荷数は前年比8.2%増の1億2489万台で、2022年には1億9976万台の出荷を予測する。(2018/8/6)

Garmin、シリーズ初の音楽機能を搭載したGPSウォッチ「vivoactive 3Music」7月26日発売
Garminは、7月26日にGPSウォッチ「vivoactive 3Music」を発売する。シリーズ初の音楽機能を搭載し、デバイス前面をカバーする特殊強化レンズを採用。非接触型決済「Garmin Pay」やマルチスポーツ機能、タッチスクリーン機能なども利用できる。(2018/7/12)

衛星や防衛産業を狙う中国のサイバースパイ、運用妨害狙う痕跡も
中国を拠点に攻撃を仕掛けている集団は、正規の管理ツールを使って狙ったシステムに侵入し、衛星などの運用妨害を狙った痕跡もあるという。(2018/6/21)

Garmin、音楽、決済、地図機能を搭載したGPSウォッチ「fenix 5 Plus Series」発売
Garminは、6月28日にプレミアムGPSウォッチ「fenix 5 Plus Series」3モデルを発売。音楽機能や非接触型決済ソリューション「Garmin Pay」を搭載し、日本全域の地形図や道路地図をあらかじめ収録している。チタンの採用で前モデルより最大16%の軽量化も実現した。(2018/6/19)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜNFC決済を導入? マクドナルドがモバイル戦略で目指すもの
読者の皆さんで、これまでマクドナルドを利用したことがないという人は少ないのではないか。そんなマクドナルドが、Type-A/B方式のNFCを活用した決済サービスを導入した。その狙いは? マクドナルドのモバイル戦略を聞いた。(2018/6/12)

脱「スマホのコンパニオン」 変わり続けるスマートウォッチが目指すもの
スマートウォッチの2大プラットフォーム、Android WearとwatchOSの進化はこれからどこへ向かうのか。そしてスマートホームの中で、スマートウォッチが担うべき役割とは?(2018/3/9)

ウェアラブルニュース:
2017年第3四半期のウェアラブルデバイス出荷台数は2626万台、トップ5の動向は?
IDC Japanは、2017年第3四半期のウェアラブルデバイスの世界出荷台数が前年同期比7.3%増の2626万台となったことを発表した。「トップ5カンパニー」では、XiaomiとFitbitがともに360万台でトップだった。(2018/2/5)

ウェアラブルデバイス市場をけん引する5社の動向とは:
XiaomiとFitbitがシェア1位――IDC Japan、2017年第3四半期 世界ウェアラブルデバイス市場規模を発表
IDC Japanは、2017年第3四半期(7〜9月)のウェアラブルデバイスの世界市場規模を発表した。ウェアラブルデバイスの出荷台数は、2016年同期比から7.3%増の2626万台。腕時計型デバイスの売上は、アプリがインストール可能なタイプに移行し、XiaomiとFitbitの2社がトップシェアを獲った。(2018/1/16)

水分とカフェイン量をリアルタイムで計測 スマートタンブラー「Ozmo」が国内での先行予約販売を開始
水分補給を見直して体質改善へ。(2017/8/27)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年5月版】:
「ドイツからの黒船」はHUD一般化の引き金になるか
コンテンツランキングTOP10、2017年5月は独メーカーによる「デミオ」などへのHUD供給や予断を許さない東芝の状況分析、マイコンメーカーによるLinux推しの理由など、バラエティ豊かな記事が人気を集めました。(2017/6/15)

サン電子 AceReal:
産業機械のアフターサービス支援をARで、サン電子が安川電機と協力
ARを用いた業務効率化システム「AceReal」を手掛けるサン電子が安川電機と協力し、産業用機械メーカー向けのアフターサービス支援プラットフォームを提供する。(2017/4/13)

組み込み開発視点で見る「IoTの影」(6):
組み込み開発者のための「IoT製品 セキュリティ実装ガイド」
「コンシューマー向けIoT製品」を開発する際、どのようなセキュリティを実装すべきか。筆者も執筆監修に携わったJNSAのガイドブックより、機器とサービスの仕様から「どのようにセキュリティ対策を想定し、優先順位を決定するべきなのか」を例示していきたい。(2017/2/13)

IDC 世界AR/VRヘッドセット市場規模:
「ゲンバ」がAR普及を加速させる、2018年から急加速
VRとならぶ次世代の成長ドライバーと目されるAR(Augmented Reality)。GoogleやMicrosoftなどが取り組みを進める中、ARの活用を促進するユースケースとして有望視されているのが「ゲンバ」だ。(2017/1/11)

VRニュース:
VRヘッドセットは2020年に6000万台市場へ、それでも「ARの方が重要性増す」
IDCジャパンは、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)ヘッドセットの市場予測を発表。世界全体の市場規模(出荷台数)は、2016年がVRヘッドセットを中心に急伸し年間1000万台に達する勢い。2020年にはARヘッドセットの成長も始まり、合計で年間7500万台を超えるとしている。(2016/12/22)

「2016年、いまだ黎明期」のスマートウォッチ市場 Apple Watchのキラーアプリは
(2016/12/17)

Apple Watch、J.D.Powerの米顧客満足度調査で1位に(2位はSamsung)
米コンサルティング企業のJ.D.Power and Associatesのスマートウォッチに関する顧客満足度調査の結果、Appleが1位を獲得した。装着感、スタイル、使いやすさの評価が特に高かった。2位はSamsungだった。(2016/7/13)

気になるアレの販売ランキング:
新発売のあのモデルは売れてる? スマートウォッチの売れ筋を知る
Apple Watchが発売されて約1年がたち、この市場は今、Android Wearやその他独自のプラットフォームも含め、百花繚乱(りょうらん)といった状態です。売れ筋はどんな製品なのか、GfKのデータからひも解いてみます。(2016/4/26)

アウトドア・フィットネス分野でシェア拡大を目指すGarmin 「fenix3J Sapphire Titanium」と「vivofit 3」を発表
Garminが、日本国内では初めてとなる製品発表会を開催した。そこで発表されたのは、アウトドア向けのハイエンドGPSウォッチ「fenix3J Sapphire Titanium」と、活動量計のエントリーモデル「vivofit 3」だ。(2016/4/12)

「Levi's」が世界とつながる日
予想の斜め上を行く「ウェアラブルデバイス」登場、Apple Watchはどうなる?
ウェアラブルと聞いてまず思い浮かぶのはスマートウォッチかもしれないが、これからは頭からつま先まで全身にテクノロジーをまとうことになる。(2016/3/3)

調査レポート:
2015年の世界ウェアラブル端末出荷は7810万台でトップ3はFitbit、Xiaomi、Apple
IDCの世界ウェアラブル端末調査によると、2015年通年のメーカー別ランキングはトップは不動のFitbit、2位は中国で躍進するXiaomi、3位に2015年4月に「Apple Watch」を発売したAppleがランクインした。(2016/2/24)

汎用SIMを後で事業者SIMに遠隔設定:
米シスコが14億ドルで買収、JasperのIoTサービスプラットフォームとは
米シスコシステムズは2016年2月3日(米国時間)、IoTサービスプラットフォームのSaaSを展開する米Jasper Technologiesを買収すると発表した。Jasperのサービスは、世界中のモバイル通信事業者との連携で、モバイル通信を利用したIoTサービスのライフサイクルを管理するものだ。(2016/2/4)

自転車乗り用のヘッドマウントディスプレイ「Varia Vision」登場 視界に走行データなど表示
安全性も高まります。(2016/1/7)

IFA 2015リポート:
モーターショー化していないIFAでも感じるクルマの存在感
ドイツのベルリンで開催された世界最大級の家電見本市「IFA」。毎年1月に米国で開催される「International CES」が、自動車メーカーが展示を行うなどモーターショー化している一方で、家電ショーであることを強く意識するIFAはまだそうなっていない。とはいえ、そこかしこで家電との連携が重視されつつあるクルマの存在感は感じられた。(2015/9/25)

ウェアラブルのランキングで早くも2位:
Apple Watchの出荷台数、2015年Q2は360万台か
IDCのリポートによると、2015年第2四半期(4〜6月)における「Apple Watch」の出荷台数は360万台だという。ウェアラブル端末のランキングではFitbitに次いで、早くも2位についた。(2015/8/28)

調査リポート:
「Apple Watch」の4〜6月期の出荷台数は360万台──IDC調べ
米調査会社IDCによると、第2四半期(4〜6月)の世界ウェアラブル端末の総出荷台数は1810万台で、シェアトップはFitbit(440万台)、2位に4月に「Apple Watch」を発売したApple(360万台)が初登場した。(2015/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。