ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Garmin」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Garmin」に関する情報が集まったページです。

ドキドキが視聴者に伝わるゲーム実況向け“ゲーミング腕時計” ガーミンが開発 実際に試してみた
ガーミンジャパンのeスポーツ向けGPSウォッチ「INSTINCT Esports Edition」をレビュー。心拍数などを視聴者に伝えられる「STR3AMUP!」などを、実際にゲーム実況に使ってみた。(2021/2/9)

d払い、au PAY、PayPay以外でも10〜20%還元 スマホ決済2月のキャンペーンまとめ
2021年2月はPayPayやdカードのキャンペーンが1月よりも少なくなる一方、三井住友カードやモバイルSuicaのキャンペーンも見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年2月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/2/9)

ガーミン、eスポーツ向けGPSウォッチを日本で発売 ゲーム中の心拍数やストレスを計測
ガーミンジャパンが、eスポーツ向け機能を搭載したGPSウォッチを2月4日に発売する。ゲーム中の心拍数やストレスを計測する機能を持つ。価格は3万3800円(税別)。(2021/1/21)

ガーミンが“スマート体重計”発売 アプリでデータ管理、スマートウォッチとも連携
スマートフォンアプリで計測データを管理する体重計をガーミンが発売する。Garminのスマートウォッチとも連携。体重に変化があったとき、該当する期間の運動量や消費カロリーを確認できる。(2021/1/21)

ジャパンネット銀行のデビット利用額が月間200億円突破 年間で40%増
ジャパンネット銀行は、2020年12月の同社デビットカード「JNB Visaデビット」の月間利用額が200億円を超えたと発表した。10年2月のサービス開始から、月間利用額として過去最高となる。(2021/1/7)

Garmin、スマートウォッチ「MARQ 2020 Holiday Limited Kit」を数量限定発売 21万円〜
ガーミンジャパンは、11月20日に「MARQ 2020 Holiday Limited Kit」を数量限定で発売。5種類のGPSウォッチ「MARQ」と新作カラーシリコンストラップなどをセットにし、各モデルを50セット提供する。(2020/11/20)

Garmin、健康管理やSuicaに対応したスマートウォッチ「VENU SQ/VENU SQ Music」発売
ガーミンジャパンは、12月3日に健康管理やSuica決済にも対応したGPSスマートウォッチ「VENU SQ」「VENU SQ Music」を発売。価格は2万4800円(税別)から。予約受付は11月26日に開始する。(2020/11/19)

Garminがヘルスケア事業に本格参入 2020年秋から「Garmin Health」を提供
ガーミンジャパンが、ヘルスケア事業に本格参入する。2020年秋からグローバルプロジェクト「Garmin Health」を提供し、ウェアラブルデバイスを活用した健康管理・健康増進をサポートする。(2020/11/18)

NTTドコモ、カメラやVR機器のレンタルサービスを提供へ 21年3月から
NTTドコモが、カメラやVR機器、プロジェクターといったデバイスのレンタルサービスを2021年3月に始めると発表。高精細映像の伝送に対応する5G通信の広がりに合わせ、映像デバイスの利用促進や普及につなげるという。(2020/11/5)

Garmin、Suica対応GPSランニングウォッチ「ForeAthlete 745」10月1日に発売
ガーミンジャパンが、Suicaの決済機能を搭載した新型GPSランニングウォッチを発売。9月24日から販売予約を受け付ける。発売を記念して、先着2500人にGarminロゴの入ったマスクをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/9/17)

音声アシスタント搭載デバイスの相互乗り入れが加速か “複数アシスタント搭載デバイス開発のためのガイド”をAmazonが公開
米Amazonは、同社が推進する「Voice Interoperability Initiative(VII)」に新たに38社が参加すると発表した。(2020/9/14)

「モバイルSuica」の会員数が1000万人突破 3900人にオリジナルエコバッグが当たるキャンペーン開催
JR東日本の「モバイルSuica」が、9月8日に会員数1000万人を突破。これを記念し、3900人にオリジナルエコバッグが当たる謝恩キャンペーン開催する。(2020/9/10)

世界のスマートウォッチ売上高、Appleが過半に──Counterpoint Research調べ
Counterpoint Reserachの2020年上半期のスマートウォッチ市場調査によると、売上高ベースでAppleが51.4%のシェアでトップだった。Germinが2位。2位を保っていたSamsungは4位に落ちた。(2020/8/21)

Garmin、マリンスポーツ向けGPSウォッチ「INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION」8月27日に発売
ガーミンジャパンは、8月27日にアウトドアGPSウォッチ「INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION」を発売。サーフィン、釣り、SUPなどのマリンスポーツに対応する。(2020/8/18)

ウェアラブルニュース:
2020年1〜3月期のウェアラブルデバイス出荷台数、前年同期比3割増の7258万台に
IDC Japanは、2020年第1四半期における、世界および日本のウェアラブルデバイス出荷台数を発表した。世界市場では、前年同期と比較して腕時計型デバイスの出荷台数が減少。一方で、耳装着型が大きく増加している。(2020/8/3)

米Garminのオンラインサービス障害、原因はランサムウェア 復号キー入手の報道も
GPS機器やスマートウォッチなどを販売する米Garminの一部オンラインサービスが、7月23日から使えない状態になっている。原因はランサムウェアによるサイバー攻撃で、影響を受けたサービスの多くが回復に向かっているという。(2020/7/28)

Garminにサイバー攻撃 システム暗号化されアプリやオンラインサービスで障害発生
Garminは、2020年7月23日から発生していたシステム障害の原因を発表した。システムに感染していたのは、比較的新しいランサムウェアである「WastedLocker」だったという。(2020/7/28)

Garmin、最新ゴルフテクノロジーを搭載した「MARQ Golfer」日本限定パッケージを販売 100セット限定
ガーミンジャパンが、8月6日にゴルファー向けGPSプロウォッチ「MARQ Golfer Japan Limited Kit」を100セット限定で発売する。それに先立ち、販売予約を7月22日から受け付けている。(2020/7/22)

Garmin、ソーラー充電機能を搭載したアウトドアGPSウォッチを発売
ガーミンジャパンは、7月16日にアウトドアGPSウォッチシリーズ「INSTINCT」からソーラー充電機能を新たに搭載した「INSTINCT DUAL POWER」を発売。交換用シリコンベルトをプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/7/9)

Suica決済に対応したGarminのスマートウォッチで買い物レビュー ついにApple Watch以外の選択肢が登場
Suica決済に対応したGarminのスマートウォッチをレビュー。Apple Watchなど他のスマートウォッチとも比較しつつ、Suica対応スマートウォッチとしての実力を見てみた。(2020/5/22)

Garminのスマートウォッチ、5月21日からSuicaに対応 Instagramキャンペーンも
ガーミンジャパンとJR東日本は、5月21日にGarminのスマートウォッチで「Suica」の発行やチャージなどが利用可能になったと発表。これを記念し、Garmin初のソーラー充電対応モデルのプレゼントキャンペーンを行う。(2020/5/21)

Garmin、GPSランニングウォッチの日本限定モデルを5月22日発売 4万4800円
ガーミンジャパンは、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズから日本限定モデル「ForeAthlete 245 Music JAPAN Limited Edition」を発売。国内3000本の数量限定で、シリアルナンバーが刻印される。(2020/5/8)

GarminのスマートウォッチでSuica決済が可能に Android/iOS対応
Garminブランドのスマートウォッチが交通系ICカード「Suica」に対応する。販売中の一部モデルで、5月下旬以降に利用できるようになる。(2020/4/15)

GarminのスマートウォッチでSuicaが利用可能に
ガーミンジャパンとJR東日本は4月15日、Garminのスマートウォッチで「Suica」の発行やチャージなどを行えるようにすると発表した。Suicaの利用にはソフトウェア更新が必要となり、5月下旬以降に対応する予定。(2020/4/15)

ガーミン、水中で心拍計測できるGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を1月30日に発売
ガーミンジャパンはがGPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発売する。その名の通り、スイミングに関するさまざまなな指標を計測・保存できる「スイミングモード」を搭載していることが特徴だ。(2020/1/16)

ガーミン、水泳用の新型スマートウォッチ「Garmin Swim 2」発売 泳ぐスピードなど計測可能 3万2780円
ガーミンジャパンが、スイミング用の新型スマートウォッチ「Garmin Swim 2」を発表。水泳を趣味とする人や水泳選手向けのモデル。クリティカルスイムスピード(全力で泳いだ場合の速度の平均値)の計測機能を備える。(2020/1/16)

CES2020:
中国発の超大画面インフォテインメント、アプリ開発者向けプラットフォームを公開
中国の電気自動車(EV)ベンチャーBYTONは2020年1月5日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のプレスカンファレンスにおいて、2020年から量産を開始するSUVタイプのEV「M-BYTE」を北米で初披露した。北米での販売価格は4万5000ドル(約486万円)を予定している。BYTONは日産自動車やBMWのOBが立ち上げた。(2020/1/7)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(11月編):Huaweiは「Google」を続けられるか?/“おトク”だけでスマホ決済は広がるのか?
5月に米商務省産業安全局の「エンティティリスト」に収載された中国Huawei(華為技術、ファーウェイ)とその関連企業。その影響で、新機種にGoogle関連アプリとシステムソフトウェアを搭載できない状態となっています。今後、この問題はどのように推移するのでしょうか……?(2019/12/30)

ガーミン初、ソーラー充電に対応したスポーツ向けGPSウォッチ発売 GPSや心拍計も搭載
ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売する。同社初のソーラー充電モデルだ。(2019/12/17)

ガーミン、ソーラー充電付きGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」12月19日発売 13万円〜
ガーミンジャパンは、12月19日にマルチスポーツGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売。同社初のソーラー充電機能を備え、スマートウォッチモードで合計約24時間分の充電が可能となる。(2019/12/12)

Mobile Weekly Top10:
新しいファーウェイスマホに「Google」は載せられるのか/料金だけが焦点ではない楽天モバイル
米商務省による制裁で、新しく開発されたスマートフォンにGoogleアプリをプリインストールできない状況にあるファーウェイ。今後、どうなるのでしょうか……。(2019/11/21)

ガーミン、タフネスGPSアウトドアウォッチ「Instinct Tide」「Instinct Tactical」を発売 11月13日から予約受付
ガーミンジャパンが、11月20日にGPSアウトドアウォッチ「Instinct」のラインアップを拡充する。予約受付は11月13日から行う。(2019/11/11)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

ヤフー、「ルートラボ」終了へ 地図ラボ「LatLongLab」10年間の歴史に幕
ヤフーは「LatLongLab」を2020年3月末に終了すると発表した。LatLongLabで提供してきた「ルートラボ」など6サービスは、3月末に閉鎖する。(2019/7/3)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1」に立ちはだかる「iPhone 8」/5Gスマホの“中身”は?
比較的好調な売れ行きを示す「Xperia 1」。しかし、販売上のディフェンディングチャンピオンである「iPhone 8」の牙城は崩せずにいます。(2019/7/2)

"腕”を取り合う競争の勝者は? 睡眠の質を測る腕時計がポラールから
各種センサーを備えた腕時計が、ウエアラブルデバイスの本命として盛り上がってきている。10万円を超える高級腕時計市場をめぐる争いがある一方、スポーツなど特定用途向けのGPSウオッチの進化も続く。フィンランドのポラールはスポーツウオッチに睡眠の質を計測する機能を盛り込んだ。(2019/6/26)

ついに日本でも展開:
GPSプロウォッチ「MARQ」コレクションで高級ウェアラブル市場に参入 ガーミン30周年目の挑戦
ガーミンジャパンがGARMINの創業30周年記念を記念して“GPSプロウォッチ”の「MARQ(マーク)」コレクション5モデルを発表、6月24日から発売する。価格は21万円〜33万円(税別)だ。(2019/6/25)

高級腕時計市場に挑むガーミン GPS技術で“プロ”訴求
自転車や登山、ランナー向けのGPSウォッチとして有名なガーミンが高級腕時計に参入。20万円を超える価格は果たして受け入れられるか。(2019/6/24)

前後2カメラで録画できるドライブレコーダー「Garmin Dash Cam 46Z」、6月20日に発売
ガーミンジャパンは、6月20日にドライブレコーダー2モデルを発売。前後を録画できるフロント/リアカメラのセット「Garmin Dash Cam 46Z」と、リアカメラのみの「Garmin Dash Cam Mini」を提供する。スマホアプリで撮影した映像をすぐに確認できる。(2019/6/6)

ガーミンジャパン、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete 245/245 Music/945」を発表
ガーミンジャパンは、5月16日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズから「ForeAthlete 245」と「ForeAthlete 245 Music」を発売。また、6月上旬に「ForeAthlete 945」も発売する予定。緊急時などに選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」も新搭載した。(2019/5/9)

製造IT導入事例:
作業者の安全性向上に貢献、IBMとウェアラブル各社が協業
IBMは、Garmin Health、Guardhat、ミツフジ、SmartConeと協力し、同社の「IBM Maximo Worker Insights」を活用した作業者の安全監視支援を実施すると発表した。各社のデバイスなどと組み合わせ、作業者の安全性管理基盤の強化を目指す。(2019/3/18)

Garmin、ハイエンドスマートウォッチシリーズ「MARQ」 1500ドル(約17万円)から
Garminが約17万円からのハイエンドスマートウォッチシリーズ「MARQ」を4〜6月期に発売する。筐体はチタン製でセラミックのベゼルインレー、ディスプレイはサファイアクリスタル。iOSおよびAndroid端末と連携する。(2019/3/15)

グローブ着用でタッチ操作もできるバイク専用ナビシステム「zumo 396」
ガーミンジャパンは、バイク運転向けに設計されたナビシステム「zumo 396」を発表した。(2019/1/10)

今日のリサーチ:
「FiNC」「からだメイト」他、ヘルスケア&フィットネス系アプリの利用実態――電通デジタルとフラーが調査
スマホユーザーの約3割がヘルスケアやフィットネス系のアプリを所持していることが分かりました。(2019/1/10)

ガーミン、MILスペック準拠のタフネスGPSアウトドアウォッチ「INSTINCT」11月15日に発売
ガーミンジャパンがGPSアウトドアウォッチを発売する。米国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性能を備え、スマートウォッチとしての機能も充実している。3色展開で、価格は3万2800円(税別)だ。(2018/11/1)

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売
GPSサービスのGarminが、耐久性重視のタフネススマートウォッチ「Instinct」を発売した。米国防総省MIL規格準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備え、価格は299.99ドル(約3万3600円)だ。(2018/10/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch Series 4」を試して分かった“iPhone以上の大進化”
「XS」「XS Max」「XR」といったiPhoneの新モデルに注目が集まっているが、実は最も進化し、今後われわれの生活を大きく変えていく可能性があるのは「Apple Watch」なのかもしれない。そう予感させる新モデル「Series 4」を発売前に試したレポートをお届けする。(2018/9/19)

IDC Japan:
ウェアラブルデバイスの世界出荷台数、2022年に1億9976万台
IDC Japanは、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。(2018/8/22)

ウェアラブルニュース:
2022年のウェアラブルデバイス出荷台数は、全世界で1億9976万台を予測
IDC Japanは、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。2018年の全世界の出荷数は前年比8.2%増の1億2489万台で、2022年には1億9976万台の出荷を予測する。(2018/8/6)

Garmin、シリーズ初の音楽機能を搭載したGPSウォッチ「vivoactive 3Music」7月26日発売
Garminは、7月26日にGPSウォッチ「vivoactive 3Music」を発売する。シリーズ初の音楽機能を搭載し、デバイス前面をカバーする特殊強化レンズを採用。非接触型決済「Garmin Pay」やマルチスポーツ機能、タッチスクリーン機能なども利用できる。(2018/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。