ニュース
» 2013年09月20日 00時00分 UPDATE

ソニー、“気になるお店”を自動でまとめる「スポット便利帳」をリリース

ソニーマーケティングは、電話の発信履歴やブラウザの履歴、Facebookのチェックインから、お店や行楽スポットの情報を自動抽出する、Android向けアプリ「スポット便利帳」を発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーマーケティングは9月19日、スマートフォンでチェックしたお店や行楽スポットの情報をまとめるAndroid向けアプリ「スポット便利帳」をリリースした。Google Playから無料でダウンロードできる。

PhotoPhotoPhoto Android向けアプリ「スポット便利帳」

 スポット便利帳は、自分や友達のFacebookチェックイン、発信した電話番号、ブラウザの履歴などから、各地のスポット情報を自動で抽出するアプリ。抽出結果から自分だけのスポット帳を作成できるだけでなく、近くのオススメポイントや目的地へのナビゲートも行える。

 収集するスポット情報は、「ぐるなび」「ぴあ」「るるぶトラベル」などのデータデースと連携。住所や電話番号をはじめとした基本情報だけでなく、写真/地図/クーポン/メディア紹介履歴などを含め150万件以上をリンクしている。

 このほか、あらかじめ登録しているスポットに近づくとアラートで知らせる機能も搭載。ソニーのタブレット同士であれば、アプリのスポット情報をクラウドで連携させることもできる。

 プライバシーやセキュリティ面にも考慮し、どのような方法でスポット情報を抽出するかや、スポット帳へリスト登録するか/しないかの判断、またおすすめする範囲や頻度は、ユーザーが設定する。スポット帳への登録は手動でも可能だ。

 対応機種は、OS 2.3以降のAndroidスマートフォン。なおタブレット版アプリはソニーのXperia TabletとSony Tablet Pシリーズを除いたSony Tablet Sシリーズでのみ動作する。今後はiPhone版の開発も検討しているという。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.