調査リポート
» 2013年10月25日 00時00分 UPDATE

デキる営業ほどスマホ使いこなす――営業担当者向けスマートフォン&名刺活用調査

Sansanは、営業担当者のスマートフォン活用と名刺に関する実態調査の結果を発表した。スマホを活用している営業担当者の方が、そうでない人より会社に貢献しているという意識が高かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Sansanは、営業担当者のスマートフォン活用と名刺に関する実態調査の結果を10月24日に発表した。

 本調査の対象は、スマートフォンを仕事で活用している営業担当者551名、活用していない営業担当者458名の計1009人。期間は9月30日から10月11日で、インターネット調査を実施した。

 「あなたはお勤め先の会社に対し、どの程度(売り上げなどの成果で)貢献していると感じていますか?」という質問に「貢献している」「どちらかというと貢献している」と回答した営業担当者のうち、7.2%が月に50枚以上名刺交換している。一方「貢献していない」「どちらかというと貢献していない」と回答した営業担当者のうち、月に一度も名刺を交換しないか10枚未満なのは7割に上った。

Photo 会社の貢献度による名刺交換枚数の比率
Photo 月に10枚以上名刺交換をする営業担当者の割合

 また、スマートフォンを活用している営業担当者の方が、「会社の売上げに貢献している」と感じる割合および10枚以上名刺交換をする割合が高い。このほか仕事にスマートフォンを使ってみて良かったと感じたことでは、1位が「目的地への行き方などを簡単に調べられる」、2位は「外出先でもメールチェックできる」、3位は「訪問先の会社情報などを移動中でも調べられる」となっている。この設問で「会社の売上げに貢献している」と回答した営業担当者ほど、外出先での資料チェックや名刺管理ツール、地図やメール確認にスマートフォンを活用していることが分かった。

Photo 営業担当者が仕事にスマートフォンを使ってみて良かったことランキング

 なお、本調査に先駆けて行ったスクリーニング調査では、個人のスマートフォン所有率52.7%に対し、会社支給のスマートフォン利用率は5.69%に留まった。

関連キーワード

スマートフォン | 調査 | 営業担当 | 名刺


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.