ニュース
» 2014年01月07日 09時58分 UPDATE

2014 International CES:Samsung、12.2インチのGALAXYタブレット「NotePRO」と「TabPRO」発表

Samsungが12.2インチのSペン付きタブレットGALAXY NotePROと、8.4インチ、10.1インチ、12.2インチのGALAXY TabPROを発表した。

[ITmedia]

 韓国Samsung Elecronicsは1月6日(現地時間)、GALAXYシリーズの新モデル「NotePRO」と「TabPRO」を発表した。NotePROは12.2インチモデルのみで、TabPROは12.2インチ、10.1インチ、8.4インチの3モデル。12.2インチはSamsungとしては初めての大型サイズだ。

 galaxy 1

 NotePROとTabPROの主な違いはスタイラスの「Sペン」とその関連アプリが付属するかどうか。スペックやプリインストールされたサービスなどはほぼ同じだ。

 すべての新モデルの解像度は2560×1600(ちなみに米Appleの9.7インチのiPad Airの解像度は 2048×1535)。OSは米Googleの最新Android、Android 4.4(コードネーム:KitKat)を搭載し、LTEに対応する。プロセッサは3G版はSamsung製Exynos 5 Octa(1.9GHzクアッドコア+1.3GHzクアッドコア)、LTE版は米QualcommのSnapdragon 800(2.3GHzクアッドコア)。カメラは800万画素と200万画素の2台。RAMは12.2インチは3Gバイトで10.1インチと8.4インチは2Gバイト、ストレージは12.2インチは32Gバイトと64バイトの2モデル、10.1インチと8.4インチは16Gバイトと32Gバイトの2モデルが用意されている。すべてのモデルが64Gバイトまで利用可能なmicroSDスロットを備える。

 galaxy 2

 12.2インチモデルは特にプロダクティビティに重点が置かれている。大画面を生かし、最大4本までのアプリを同時に表示・利用できる(他のGALAXYシリーズは2本まで)。ソフトキーボードのデザインも大画面向けにゆとりをもたせ、実際のキーボードに近い体験を提供するという。

 重さはNotePROが750グラム、TabPROが732グラム(いずれもWi-Fiモデル)で、厚さはいずれも7.95ミリだ(iPad Airは重さ469グラムで厚さは7.5ミリ)。

 プリインストールアプリも充実しており、米Cisco Systemsのビデオ会議アプリWebEx Meetings、LinkedIn、Evernote、Dropbox、Hancom Office、Remote PC、Sketchbook Proなどのプロダクティビティアプリが揃っている。

 価格や販売地域はまだ発表されていないが、1〜3月にグローバルに発売するという。約700ドルになる見込み。

 各モデルのサイズと重さ、バッテリー容量は以下の通り。

モデル名 NotePRO(12.2) TabPRO(12.2) TabPRO(10.1) TabPRO(8.4)
サイズ 295.6×204×7.95ミリ 同左 243.1×171.4×7.3ミリ 128.5×219×7.2ミリ
重さ(Wi-Fiモデル) 750グラム 732グラム 469グラム 331グラム
重さ(LTE/3Gモデル) 753グラム 740グラム 477グラム 336グラム
バッテリー 9500mAh 同左 8220mAh 4800mAh

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.