ニュース
» 2014年03月31日 14時03分 UPDATE

限定8000台:月額2980円でNexus 4が利用できる「イオンのスマートフォン」

日本通信とイオンは、月額2980円でNexus 4と200kbpsのパケット通信が使い放題になる「イオンのスマートフォン」を発表した。4月4日から全国のイオンで販売する。

[平賀洋一,ITmedia]

 日本通信とイオンは3月31日、通信料金と本体代金を合わせて月額2980円(税抜、以下同)で利用できる「イオンのスマートフォン」を発表した。

photo 「Nexus 4」

 日本通信のSIMサービス「b-mobile」と、LGエレクトロニクス製Androidスマートフォン「Nexus 4」を組み合わせた商品で、限定8000台を4月4日から全国の総合スーパー「イオン」など約170店舗で販売する。Nexus 4単体の販売は行わない。

photo

 月額料金の内訳は、通信サービスの月額基本料1560円(無料通話無し、通信速度200kbpsのパケット通信が使い放題)とNexus 4の端末代金1420円(合計3万4080円の24回分割払い)。通話は完全従量制で料金は30秒20円、追加料金を払うことで高速通信が可能になる「Turbo Charge」(300円/100Mバイト、1200円/500Mバイト)も利用できる。なお、Nexus 4がサポートする通信サービスは3G(HSPA+)のみで、LTEには対応しない。

 契約は新規契約のほかMNPによる転入も可能だ。ただし、MNPの場合はSIMが後送になるため、契約当日に使い始めることができない。通信サービスの契約期間は設けていないが、2年以内に解約した場合は端末代金の支払いは継続される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.