レビュー
» 2014年05月15日 11時57分 UPDATE

写真で解説する「AQUOS ZETA SH-04F」 (1/2)

ドコモの「AQUOS ZETA SH-04F」は、3辺狭額縁設計の「EDGEST」が特徴の5.4型IGZOスマホ。ボディは端末側面に角度を付けたスタイリッシュなデザインに変わった。

[村上万純,ITmedia]

 シャープのドコモスマートフォン「AQUOS ZETA SH-04F」は、Android 4.4.2、2.3GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、容量の3300mAhのバッテリーの搭載、4K動画撮影の対応など、ドコモの2013-2014年冬春モデル「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」から全体的にスペックがアップしている。

photophoto 「AQUOS ZETA SH-04F」。カラーバリエーションは、Orange、Black、Whiteの3色

 SH-04Fは、最近のシャープ端末ではおなじみとなりつつある3辺狭額縁技術「EDGEST」を採用し、5.4型フルHD(1080×1920ピクセル)ディスプレイは約81%の画面占有率を実現。デザインはSH-01Fの丸みを帯びたラウンドフォルムから、端末側面に角度を付けた「ヘキサグリップシェイプ」と呼ばれる形状になった。これにより、持ちやすく滑りにくいという実用性と、シャープでスタイリッシュな見た目を両立させた。

photophoto 左から「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」とSH-04F。画面占有率が異なるのが分かる(写真=左)。ボディ背面もラウンドフォルムから角張ったデザインに変わった(写真=右)

 SH-01Fで正面下部のタッチパネル上に配置されていたボリュームキーは、押しやすい物理キーに変更し、右側面に移動した。端末底部にあった充電端子は左側面にレイアウトされている。画面が大型化し、バッテリー容量が増えた分、重さは139グラムから154グラムに増量。SH-01Fはスリムで軽いイメージだったが、SH-04Fは重厚感があり洗練されたハイスペックスマホという印象だ。

photophoto 端末上部にキャップレス仕様のイヤフォンジャックとワンセグ・フルセグ用アンテナ、カードスロットを備えるのは変わらない。下がSH-04F(写真=左)。SH-01Fは底部に充電端子があったが、SH-04Fの底部はスッキリとしたデザインだ(写真=右)
photo SH-04Fは、端末右側面に電源キーだけでなくボリュームキーも配置した
photo SH-04Fは左側面に充電端子を備える

 省電力設計の「IGZO」ディスプレイは、バックライトが新開発の「PureLED」に進化した。従来は黄色でカバーしていた蛍光体を緑色と赤色で表現することにより、より赤色を鮮明に発色させている。説明員は「より実物に近い赤色に近づき、朱色っぽく表現された色も鮮明な赤色となった。緑色もよりきれいに発色する」と話す。

photophoto 3辺狭額縁技術「EDGEST」(写真=左)赤色をより鮮明に発色させる新開発のバックライト「PureLED」(写真=右)

 メインカメラは有効画素数こそSH-01Fの約1630万から約1310万に下がっているが、さまざまな機能が追加された。3840×2160ピクセルの4Kサイズ動画の撮影や上下左右360度のパノラマ撮影ができる「全天球撮影」、カメラでかざした文字を指でなぞって検索する「検索ファインダー」、かざした英語を日本語に翻訳する「翻訳ファインダー」、撮影シーンに合わせて適切なアドバイスを表示する「フレーミングアドバイザー」などがそれに当たる。人物はフォトライトオン、背景はフォトライトオフで撮影して画像を合成する「NightCatch II」やフォトライトの輝度アップ、リアルタイムHDRへの対応など基本性能も向上している。

photophoto 有効約約1310万画素のメインカメラ(写真=左)。カメラの撮影画面(写真=右)
photophoto 「フレーミングアドバイザー」で、食べ物を撮影する際にアドバイスが表示された(写真=左)。「検索ファインダー」を使うと、なぞった文字に関する検索結果が表示される(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.