ニュース
» 2014年06月05日 17時01分 UPDATE

音声案内にログ機能も ナビタイムがライダー向けナビアプリ「ツーリングサポーター」を提供開始

ナビタイムジャパンは、Android用のバイク向けナビアプリ「ツーリングサポーター」をリリースした。ルート案内だけでなく、走行ログやメンテナンスの記録なども行える。

[村上万純,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは6月5日、Android用のバイク向けナビゲーションアプリ「ツーリングサポーター」をリリースした。一部機能は無料で、月額400円(税込)のプレミアムコースでは全ての機能を利用できる。また、KDDIの「auスマートパス」における「アプリ取り放題」でも、「ツーリングサポーター for auスマートパス」を提供する。

photo 「ツーリングサポーター」

 本アプリは、必要な情報を分かりやすく表示する走行時のナビゲーションだけでなく、全国370以上のオススメ「ツーリングロード」の紹介や、走行ログやバイクのカスタム、メンテナンス履歴を記録する「バイオグラフィー」などの機能も搭載している。

 プレミアムコースに登録すると、音声案内や渋滞線の表示、現在地周辺のガソリンスタンドの検索、目的地までのルート検索(5種類のルートを利用する場合)といった機能が使える。なお、初回利用に限り31日間は無料で全機能を利用できる。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.